JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

初めまして。祖母が境界性パーソナリティー障害ではないかと疑っているものです。 祖母は基本的に見捨てられることにすご

解決済みの質問:

初めまして。祖母が境界性パーソナリティー障害ではないかと疑っているものです。
祖母は基本的に見捨てられることにすごく恐怖を感じています。私たちがいくら見捨てないよと言っても全く信じないのです。
また、すごく攻撃的でもあります。最近はそう頻繁ではなくなりましたが、かれこれ17年前、わたしが中学生の頃は家庭崩壊が起こるほど私と祖母がほぼ毎日ケンカをしていました。そのせいで私は解離性健忘になり、約20年近くの記憶が一切ありません。また昔から私にはきつく当たりましたが、妹には溺愛でした。そのせいで妹の自立が遅れてしまうほどだったそうです。
最近では、おしっこが出ないとイライラすることが多いのですが、不思議と私と母親で祖母に説教をすると安心からかおしっこが必ずといっていいほど出ます。何とかしてらくにしてあげたいのですが、何なのかがわからないために対策がありません。境界線パーソナリティー障害にあたるのか教えてください、
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
おはようございます。Nと申します。
日本の医師法には「無診察治療の禁止」というものがあり、患者を直接診察することなく治療・措置を講ずることは、危険性も高く、患者の身体・生命に思わぬ被害を及ぼすことから、医師は、直接患者を診察せずに臨床診断を下し、投薬などの措置をしてはならない。これは、医師法にも定められている。(無診察診療の禁止)
電話・ラジオ・テレビ・インターネット・手紙・新聞・雑誌などを介して相談を受けた場合に、具体的な診断を下し、さらに治療方法まで指示するようなことはしてはならない。相談内容から必要性があると判断したときは、医師の診察を受けることを勧めるべきである、と記載されております。
これに基づき、境界線パーソナリティー障害にあたるのか教えてください、というご質問にはお答えできませんし、実際にお祖母様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
ただ、診断基準のいくつかには当てはまっていると考えます。
以上、ご参考になれば幸いです。
現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)における境界性パーソナリティ障害の診断基準を以下にお示ししておきます。
本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。
【境界性パーソナリティ障害】
以下9項目のうち5つ以上を満たすこと
1. 現実に、または想像の中で見捨てられることを避けようとする気も狂わんばかりの努力(注:5.の自殺行為または自傷行為は含めないこと )
2. 理想化と脱価値化との両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる不安定で激しい対人関係様式
3. 同一性障害:著明で持続的な不安定な自己像や 自己観
4. 自己を傷つける可能性のある衝動性で、少なくとも2つの領域にわたるもの(例:浪費、性行為、物質濫用、無謀な運転、むちゃ食い)
5. 自殺の行為、そぶり、脅し、または自傷行為のくり返し
6. 顕著な気分反応性による感情不安定性(例:通常は2 - 3時間持続し、2 - 3日以上持続することはまれな強い気分変調、いらいら、または不安)
7. 慢性的な空虚感
8.不適切で激しい怒り、または怒りの制御の困難(例:しばしばかんしゃくを起こす、いつも怒っている、取っ組み合いのけんかをくり返す)
9.一過性のストレス関連性の妄想様観念、または重篤な解離性症状
Nyarlathotepをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問