JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

母の食欲不振の件でアドバイスをお願いします。母は92才で認知症も患っています。昨年10月に介護型老人ホームに入居しま

解決済みの質問:

母の食欲不振の件でアドバイスをお願いします。母は92才で認知症も患っています。昨年10月に介護型老人ホームに入居しました。妹の家にいて孫娘が良く食事の世話をした時は、良く食べていたのですが、ホームに入ると食欲が無くなり体重がかなり減っています。以前転倒して大腿部にヒビが入り、手術はせずにすんだのですが、リハビリ病院に3ヶ月入った時も食が進まず、キザミ食にしても余り食べなかった事も有ります。家に帰ると割にすぐ元に戻ったのですが。今回ホームに入ると食が進まず、元気なく、また表情も無くなり、言葉も非常に少なくなりました。そして今年4月末に誤嚥性肺炎を起こし、約1ヶ月入院し、その間たまたま看護師見習いの人が付き(実習生なのでほぼ母一人に付きっきりになってくれたようです。)、会話や食事に寄り添ってくれたところかなり、食事も食べられるようになり、退院してホームに戻りましたが、今度もすぐに食事が食べられなくなり、体重、体力が落ち、困っています。おそらく精神的な作用が大きく影響していると思われ、鬱状態ではないかと思われますが、精神的に安心させ、食欲を増進させる薬等は無いでしょうか。ホーム以前の状態に戻すのがベストと思いますが、それが出来ない状態になったのでホームに入ってもらったので、何か良い手立てがあれば教えて頂きたいのです。よろしく回答をお願いします。追加の情報ですが、今私が行ってもあまり話がスムースにはいきません。ただ肺炎治療の病院ではある程度看護師見習いの人と会話したようで、面会に行った妹に隣のベッドの人が、母のことを全く喋らない人だと思っていたら、結構お話しますね。と話したそうです。ホームに帰ってからは、私や妹がほぼ毎日昼間面会に行っていますが、食欲は改善しません。)
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.

こんばんは。Nと申します。

老年期の精神疾患(うつ病、認知症、その他)は、「老化」を抜きに考えることはできません。
第一に、脳の器質的な変化による心身の機能低下は、ストレスに対する耐性の低下につながり、小さな変化や刺激でバランスを崩しやすくなります。
第二に、社会生活の面では「喪失」を余儀なくされる年代にあたり、退職、重要なポスト(役職)からの引退、収入減少、配偶者や友人の死など、失うもの の多さ、大きさに愕然となることが多くなります。
一方、治療する側からみれば、老化の程度は人によってさまざまだということが診断や治療を難しくしています。
こうした患者様では、症状の現れ方も多様なものとなり、薬物療法、精神療法も個々のケースごとに異なる対応が求められます。
身体機能の低下に伴う副作用の現れやすさも、高齢者の治療を難しくする要素の一つです。

こうした側面があるために、一般の精神科・心療内科では、一定以上の年齢の患者様には十分な対処ができない場合が少なくありません。
老年精神医学の専門医療機関を受診されることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本老年精神医学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設】
http://184.73.219.23/rounen/H_sisetsu/r-H.htm

以上、ご参考になれば幸いです。

Nyarlathotepをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問