JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

現在72歳の母が統合失調症の治療のため入院中の娘です。20年前に通院した病院で薬を変更した際、母の様態が悪くなり通院

解決済みの質問:

現在72歳の母が統合失調症の治療のため入院中の娘です。20年前に通院した病院で薬を変更した際、母の様態が悪くなり通院・治療をやめてしまいました。その後も妄想や頭痛・不眠はありましたが、最近徘徊や物忘れもひどくなってきたため、遠方に住みバラバラの家族が改めて一眼となり神経内科で認知症検査⇒CT,テスト共に異常なし、心療内科を薦められ診断⇒本人が妄想と現実の違いの自覚なしのため通院拒否、よって医療保護入院必要と診断、本年4月1日より入院に至りました。私は遠方に住んでいるため、入院中の母とその後面会していませんが、先生との電話による経過報告を週1ペースでしています。病院の近くに住む父は毎日母に面会して、入院前より様態が悪くなった(体力が低下、面会時間も歩くよう薦めるが目を閉じてぐったりしてくる)ため退院させたいと、母と2人で大分県の精神福祉センターに退院請求をし、5/19に審査会を控えております。しかし、病院側からの報告では、母は入院時より落ち着き、周囲の人とも上手くやっており、作業療法には大変積極的に参加している。一方で妄想は引続き続いており、20年放置したため、妄想を治すのは難しいかもと言われています。また父と先生(または看護婦)双方から電話報告で聞いた、お風呂で洗い残しがあったり、洗い方も雑で1人では入れない状態というのが、錐体外路症状と呼ばれる日常の動作障害(ネットにて調べました)に相当するのでは?と疑いを持ち始め、今日主治医にその旨をやんわりと質問した所、心外だと不快な反応で終わってしまいました。審査会を控えた今、今後の方針(入院続行or転院、本人や父の希望の治療放棄)に迷いを覚え相談させてください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
今後の方針は無いと思います。
もうお母さんを治療に乗せることは出来ない可能性が限りなく高いでしょう。
20年間ご家族が放置し、未治療だった患者さんを受け入れてくれた病院はかなり懐が深いと言えます。
ご家族に電話による経過報告を週1ペースで医師がしてくれるというのも今時ありえないくらい行き届いたサービスです。個人情報保護法があるため、昨今はこれをしてくれる病院はほぼ無いのです。
そこまでしてくれている病院について、精神医療審査会に異議申し立て(待遇改善要求や退院請求)をすることは常軌を逸しているようにさえ私には思います。
お父さんに問題があるように思いますが、既婚成人の医療保護入院は配偶者の同意が無ければ成立しませんので、お父さんが同意を取り消すのであれば入院は成立しないでしょう。
病院側も、ではどうぞ退院して下さい、という態度に傾く可能性が大でしょう。
そもそもお母さんは入院を受けてもらえないタイプの患者さんです。
今の病院では二度と入院を引き受けてくれないでしょう。
精神医療審査会にかかるとなると大事ですし、狭い業界ですから他の病院にも情報は行き渡ります。他院でもお母さんを入院させてくれることは無いと思います。
何とか外来で治療を続けられるよう、ご家族が一丸になって頑張られるしか無いと思います。
ご参考になれば幸いです。
Nyarlathotepをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速のご返答有り難うございました。やはり、今受け入れてくれたこの病院

との関係を大事にしていかなければならないとヒシヒシと痛感しました。審査会当日は手土産をたくさん持参していこうと考えています。

「既婚成人の医療保護入院は配偶者の同意が無ければ成立しませんので、お父さんが同意を取り消すのであれば入院は成立しないでしょう。」を調べたところ、H26年4月に法改正され、医療保護入院における保護者の同意要件を外し、家族等(*)のうちのいずれかの者の同意を要件とする。 *配偶者、親権者、扶養義務者、後見人又は保佐人。該当者がいない場合等は、市町村長が同意の判断を行う。

とのことなので、審査会が認めてくれれば、私達子供の同意で今後も入院を継続できるようです。

ただし、退院となった場合は、治療は難しいかもと肝にめいじておきます。

精神科 についての関連する質問