JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは 私は上司のパワハラで適応障害になり 休職中です。復職してもおそらく同じで、異動は無理。 ちょうどそ

解決済みの質問:

こんにちは 私は上司のパワハラで適応障害になり
休職中です。復職してもおそらく同じで、異動は無理。
ちょうどその時にタイミング良く、別の会社でオファーをいただけそうなので転職しようと思っていますが、適応障害が大丈夫なのかを悩んでいます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
ご指名ありがとうございます。

JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

従いまして、相談者様、専門家双方が納得できる回答をお示しするためには、初めの段階で質問を具体的にしていただく必要がございます。

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?
「?」で終わり、それに答えらればプラス評価をしていただける質問文形式の文章をご記載下さい、という意味です。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
数年前からその課長に仕事で関わると動悸・息切れがしました。
3/16ぐらいまではその上の部長に相談していましたが、退職されました。
また、同僚も辞めて仕事の負荷が大量にかかったことと、部長退職のためな問題の課長になったことから、動悸・息切れがひどくなりました。
循環器精密検査しても異常なし。心療内科から適応障害と
診断されて休職しています。3/25からです。
今は会社のことさえ考えなければ、元気です。
薬はリフレックス・ロラゼパムをだされています。
以前から転職活動をしていたこともあり、ある会社からオファーを
いただいたのがあるので、この際会社を辞めようかと思っています。
専門家から考えて私の選択はどのように思われますか?
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

悪くない選択のように思われますが……

①転職に当たって懸念されていることを教えていただけますか?

②主治医はこの件についてどのような見解をお持ちでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
① 適応障害の状態で新しい職場や新しい仕事をするときに
同様のことが起きないか?
主治医の診察は5/8なので意見はまだ聞けません。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

一般論しか申し上げられませんが、適応障害がいくら環境の問題だと言っても、患者様の側の要因というものもあるのです。

それは脳の体質のようなものかもしれませんし、性格上の問題かもしれません。
ストレスがかかっても耐えきれる方もいれあば、適応障害を発症する方もいます。
適応障害を起こす前に退職を選ぶ方もおられます。

何をどの程度ストレスフルに感じるかも個人差があります。
恐らく日本でもっとも有名な適応障害患者である、あの女性は、外務省キャリアとしての激務には問題無く耐えられていたにも関わらず、やんごとなき身分の方のもとに嫁ぐことのストレスには耐えられず、折れてしまいました。

こういった複合的な要因がございますので、確定的なことは何も申し上げられません。
しかしいちど適応障害を起こした相談者様は、何某かのストレスに直面した場合に再び適応障害を起こす可能性が、これまで適応障害を起こしたことがない方よりは高いとは言えるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問