JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在高1の息子です。中高一貫に通っていますが中3後半くらいから成績が落ち始めそれについて叱咤激励してきました。高校に

解決済みの質問:

現在高1の息子です。中高一貫に通っていますが中3後半くらいから成績が落ち始めそれについて叱咤激励してきました。高校に進学する際にはこのままではだめではと思い他の学校を受験することを進めたのですが、本人が行くと言った事もありそのまま進学することにしましたが、結果は散々たるもので、いままでやっていた、課題でさえやらなくなりました。それでも学校にはどうにか通っていたのですが、3学期が始まり受けなくてはいけない試験をウソをついて受けていませんでした。
そのことで我慢していた怒りが爆発、子供を突き放してしまいました。
それから不登校が始まりました。食事以外は部屋から出てこずにスマホばかりいじりだしてもう2週間になります。
今まで事あるごとにうるさく言っていた私にたいしては話どころか顔さえ見ようとしません。
だいたいが人とのコミュニケーションがとれず自己表現ができない子供でしたので、相談相手になってもらえたらと家庭教師をお願いしたり、カウンセリングにも連れて行ったこともあります。
でも自分から心を開こうとしないのですべて不発に終わっています。
今は息子とどう対応したらいいのか全く分かりませんし、息子と同じ家にいるということさえ不安と苦痛を感じるようになりました。
どうしたらいいのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

本サイト、実臨床を問わず、お子様との接し方・対応の仕方をご質問になられる親御さんがしばしば医療カテゴリー、医療機関の門を叩かれますが、我々は医師であって育児カウンセラーではありませんので、疾患に関与しない親子関係については物を申し上げられる立場にはありません。

JustAnswerで申し上げれば「暮らし・子育て・教育カテゴリー」がございますので、そちらにご質問を投稿されるのも一法かと存じます。

現実世界にも、ご子息のような事例に関して相談する公的な窓口はございます。このような場合、一般的には児童相談所を利用されてみることをお勧めします。

最近は児童虐待の通報先のイメージが先行していますが、実は児童相談所は子供に関することならばおよそ全てに渡って相談に乗ってくれる公的機関です。

病的な状態かそうでないかの鑑別も資格をもった相談司や心理司が行ってくれますし、病的なものでない場合もしかるべき対応をしてくれます。
医療機関の受診が必要だと判断した場合の紹介もしてもらえます。

管轄の児童相談所に連絡をとられてみることをお勧めします。

以下、児童相談所の業務内容です。ご参考まで。
******************************************
児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に以下のような業務内容を行っている(児童福祉法11条の2)。

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査又は判定に基づいて必要な指導を行なうこと。
児童の一時保護を行う。
******************************************

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

本 サイト、実臨床を問わず、お子様との接し方・対応の仕方をご質問になられる親御さんがしばしば医療カテゴリー、医療機関の門を叩かれますが、我々は医師で あって育児カウンセラーではありませんので、疾患に関与しない親子関係については物を申し上げられる立場にはありません。

JustAnswerで申し上げれば「暮らし・子育て・教育カテゴリー」がございますので、そちらにご質問を投稿されるのも一法かと存じます。

現実世界にも、ご子息のような事例に関して相談する公的な窓口はございます。このような場合、一般的には児童相談所を利用されてみることをお勧めします。

最近は児童虐待の通報先のイメージが先行していますが、実は児童相談所は子供に関することならばおよそ全てに渡って相談に乗ってくれる公的機関です。

病的な状態かそうでないかの鑑別も資格をもった相談司や心理司が行ってくれますし、病的なものでない場合もしかるべき対応をしてくれます。
医療機関の受診が必要だと判断した場合の紹介もしてもらえます。

管轄の児童相談所に連絡をとられてみることをお勧めします。

以下、児童相談所の業務内容です。ご参考まで。
******************************************
児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に以下のような業務内容を行っている(児童福祉法11条の2)。

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査又は判定に基づいて必要な指導を行なうこと。
児童の一時保護を行う。
******************************************

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問