JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして。この土曜日からパニック障害で悩んでいます。海外在住のため、病院にもいきづらく、とりあえず、薬局で処方して

質問者の質問

初めまして。この土曜日からパニック障害で悩んでいます。海外在住のため、病院にもいきづらく、とりあえず、薬局で処方してもらおうかと思い、今、ザナックスについて調べていました...

(補足説明)土曜日、後藤健二さんの事件を知ってから泣きました。その夜(土)、昨夜(日)と二晩連続で、パニック発作(動悸、息が出きない感じ、とにかく何もかもが不安)で夜半に目が覚めました。北米在住、40台後半、生理はまだありますがこの1年は不規則(更年期症状と思っています)で土曜日はちょうど生理明けでした。自営業(自宅で)特に冬は寒さが厳しいためほとんどうちに閉じこもりの生活をしており、特に冬はうつ気味ですし、近頃はホームシックも強いです(3年帰っていません)。パニック発作は2ヵ月前に1度、発生してびっくりしましたが、それ1回きりで消えていました。このまま症状が定着する前に何とか手段を取りたい(抗不安薬?の処方)と思い、質問します。よろしくお願いいたします。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

従いまして、相談者様、専門家双方が納得できる回答をお示しするためには、初めの段階で質問を具体的にしていただく必要がございます。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
☆★☆我々専門家が受け取る報酬は、相談者様が支払われている質問料金の50%です。ご参考まで。☆★☆
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速のご返信、ありがとうございます(涙)。

ちょうど入れ違いで質問に(補足説明)を加筆しました。お手数をおかけしますが、ご確認ください。

さらに付け加えますと、土曜はたまたまコーヒーを3杯(ふだんは1日1杯)、また日曜の晩も久しぶりにワインを1グラス飲みました。(ネットで調べた結果、カフェインがパニック障害を誘発、と見ました。これからはコーヒーもアルコールも避けることにします)

また、土日、と二晩続けて夜半に発作が起きたため、今は夜(暗くなると)が不安です。でもまだ「発作」というほどひどくはなく、コントロールできています。

症状が深刻になる前に、家族や仕事に影響の出ないうち、初動段階で手を打ちたいと考えています。やはり、ザナックス、になるのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ザナックス(成分名:アルプラゾラム)は、ベンゾジアゼピン系抗不安薬で、パニック発作の対症的治療薬としては非常に有効です。
まだ、発作は軽いようですから、暗くなる前にあらかじめ服用する、発作が起きてすぐに服用するという方法で発作を抑えられる可能性は高いと考えます。

パニック障害の標準的治療は、まず薬物療法でパニック発作を抑制し、平素は発作が起きなくなったら次第に薬を減らしながら行動範囲を広げていき、最終的には薬を飲まずに元通りの生活が送れるようになることを目指します。

薬物療法はSSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)と呼ばれる抗うつ薬/抗不安薬とザナックスのような抗不安薬の併用で開始し、SSRIを増量しつつ、次第に抗不安薬を頓服薬にするなどして減らしていきます。
SSRIは、具体的な薬剤名としては、ルボックス(デプルメール)、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロのことです。
脳内のセロトニンという物質を増やすことで、不安を消褪させると考えられています。

SSRI は服用を開始して十分量に増やしてから有効性が現れるまでに数週間かかります。今日飲んだら明日効くというタイプのお薬ではないのです。
一方で抗不安薬は、飲めばその時その時でパニック発作に効きます。一方で定時服用を数週間以上続けたら依存が生じます。
この2つのタイプの薬の特性をうまく利用し、SSRIが効くまでは抗不安薬で繋ぎ、SSRIが効いてきたら依存が生じる前に抗不安薬を減量していくわけです。

SSRIを速やかに増量して、改善後は速やかに減量するのがパニック障害の治療における薬物療法の良手です。
厚生省の研究班がまとめた治療ガイドラインにも、「抗うつ薬は十分な効果が見られたら、その量を6ヶ月~1年間維持し、症状の再燃がなければ、さらに6ヶ月~1年間かけて漸減中止する」と明記されています。
http://hikumano.umin.ac.jp/PD_guideline.pdf
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

調子が悪い状態が長引くと二次的・三次的に種々の問題が生じてきますので、早期治療が大切です。
「初動段階で手を打ちたい」というのは正しい方針であると言えるでしょう。

現時点であれば抗不安薬のみで対応可能である可能性が高いですから、病院受診が難しく、ザナックスがドラッグストアで購入可能ということであるならば、まずその服用を試されるのがよいでしょう。
用量は1日1~2回、1回につき0.5mgが一般的には適量です。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

返信が遅れてすみません。

昨夜、先生のご回答を参考に、薬局に行きました。

予期はしていましたが、ザナックスはやはり医者の処方箋がないと

買えず、とりあえず睡眠薬が処方されました。

今は何でもすべてが不安ですので、睡眠薬には懐疑的だったのですが、効きました。

夜半に目を覚ますこともなく、発作もありませんでした。

発作3晩連続を食い止めることができて、今はちょっと安心しています。

(まだ油断はできませんが)

ご教示のガイドラインも今、目を通しました。

「発作で死ぬことはない(保証)」「不安恐怖は避けていてはいつまでたっても

克服できない」など、勇気づけられました。参考になります。

今は睡眠薬を服用しながら様子を見つつ、ファミリードクターにアポを

入れて、パニック発作のこと、また更年期のホルモン治療等(今回の発作の根本要因の一と考えています)についても相談しようと思っています。

昨夜はわらにもすがるような気持ちでした。

猫山先生の迅速なご回答に救われました。

改めてありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問