JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。羽柴と申します。 今日は娘婿の件で相談させて下さい。 長女は28歳、婿と約5年前に結婚、4歳2

質問者の質問

はじめまして。羽柴と申します。
今日は娘婿の件で相談させて下さい。
長女は28歳、婿と約5年前に結婚、4歳2歳の2女が有り、現在、長女は妊娠8ヶ月になります。
結婚当初はとてもおだやかでどちらかといえば、優しい人柄だった婿が様子が変化して来たのは、2年ほど前、彼らの次女が生まれたあたりから、少しずつ娘とギクシャクする様な事が増えて来ました。
同じ頃、会社の上司と揉め事を起こして、何とか解雇されることはなかったのですが、その辺りから、家庭内での感情の上下が極端に激しくなり、長女が行動監視の様に頻繁なメールとTELが有り、長女も追い詰められてクレームをすると、首を吊ったが死ねなかった。などと言い出したりするが、事実、その様な事があった様子はない。
その折、念のためメンタルクリニックに行かせたが、何も心配な所見は無いと言われた。
その後、婿の長女に対する暴言、物に対して壊す、あたるなどの暴力行為や、長女の行動監視。頻繁すぎる脅迫的なメールや感情表現の極端さなどから、自己愛生人格障害では無いかと思い、どう対処したら良いか、眠れない日々が続いています。
良いアドバイスがあればありがたく存じます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。
ご指名ありがとうございます。

自己愛生人格障害だとすれば、それはもともとの性格ですので、そういう方だと思って今後のことを考える他ありません。

ただ一方で、「もともとの性格」なわけですから、成人してから自己愛生人格障害を「発症」することもありません。
人生の途中で人柄が変わってしまったのであれば、それは人格障害ではなく何らかの精神疾患、もしくは環境の変化に応じた心理的な変化であって、どちらも治療の余地があります。

娘婿様のもともとの人柄について、「結婚当初はとてもおだやかでどちらかといえば、優しい人柄だった」とのことですが、ご結婚以前はどうだったのでしょう?
先方のご両親とは本件で話し合いをされているでしょうか。思春期から成人前後の娘婿様のお人柄は、現在の様子とはかけ離れた、やはり「おだやかでどちらかといえば、優しい人柄」だったのでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
自殺未遂の話が出た時は、さすがに心配になり、先方の両親に事情お伝えしましたが、母親は、かわいそうにの一点張り、父親は何も言えない極端な無口の人柄。
聞いている話では、とても体裁を気にする家族で、外では穏やかな常識人で居るが、家庭内のバランスは、母親と、婿の姉が怒鳴り散らしたり、支配する様な家庭環境にあった様です。
生い立ちの様子はよく把握出来ませんが、結婚当初から、一貫して感じていたのは、会話の中で、捉え方が極端にずれて理解する事、また、必ず自分を高い位置において、人や周りを見下すような表現が多い事、人が言った発言が自分発言にスレ変わってしまう事など、コミュニケーションに違和感があった状況です。
生い立ちの中では、何かを成し遂げたことは無く、一貫して感じられていたのは、自信ない自分で問題解決出来ず、絶えず、周りに質問系の言葉かけで責任を他者に預ける姿勢です。
質問者: 返答済み 2 年 前.
自殺未遂の話が出た時は、さすがに心配になり、先方の両親に事情お伝えしましたが、母親は、かわいそうにの一点張り、父親は何も言えない極端な無口の人柄。
聞いている話では、とても体裁を気にする家族で、外では穏やかな常識人で居るが、家庭内のバランスは、母親と、婿の姉が怒鳴り散らしたり、支配する様な家庭環境にあった様です。
生い立ちの様子はよく把握出来ませんが、結婚当初から、一貫して感じていたのは、会話の中で、捉え方が極端にずれて理解する事、また、必ず自分を高い位置において、人や周りを見下すような表現が多い事、人が言った発言が自分発言にスレ変わってしまう事など、コミュニケーションに違和感があった状況です。
生い立ちの中では、何かを成し遂げたことは無く、一貫して感じられていたのは、自信ない自分で問題解決出来ず、絶えず、周りに質問系の言葉かけで責任を他者に預ける姿勢です。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
それでは、以下、娘婿様が自己愛性人格障害者であるという前提で回答いたします。
娘婿様は、ご自身の言動に問題があることを自覚しておられ、専門の精神科医療機関にかかられて治療を受けるという、「病識」と「治療意欲」はおありのようでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
本人は、自分が正常で、長女と私達が異常で自分が長女の問題を解決しようとしていると言っているほどなので、全く自分に非が有るとは考えておりません。従って、治療を受けるつもりは無いと思います。
長女も私どもも、離婚を考えています。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
そういうことであるならば、私も離婚をお勧めいたします。
以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

そういうことであるならば、私も離婚をお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

そういうことであるならば、私も離婚をお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

そういうことであるならば、私も離婚をお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

精神科 についての関連する質問