JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 739
経験:  鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
76003100
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

早朝覚醒とうつのために、リフレックスとレンドルミン各1錠を9月中旬から飲み始め、休職しています。うつは改善していますが、夜10時就寝、朝10時起床と過眠です。レンドルミンを12月か

解決済みの質問:

早朝覚醒とうつのために、リフレックスとレンドルミン各1錠を9月中旬から飲み始め、休職しています。うつは改善していますが、夜10時就寝、朝10時起床と過眠です。レンドルミンを12月から徐々に減らし、今は1/8錠にしています。できれば朝8時には起床したいのですが、できません。レンドルミンを飲むのをやめたほうがよいか、リフレックスを減らしたほうがよいか、悩んでいます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Dr.morino 返答済み 2 年 前.
Dr.morino :

初めまして。精神科の森野と申します。

Dr.morino :

レンドルミンを減量し、8分の1錠の服用でも朝が起きれないとなると、過眠の原因は、「リフレックス」にあると思われます。

Dr.morino :

レンドルミンは、短時間作用型の睡眠導入剤ですので、もともと、効果持続時間としては、6~8時間程度です。

Dr.morino :

ですが、リフレックスの効果持続時間は、1日以上で、抗うつ薬の中でも、鎮静作用が強く、特に女性の方が服用すると過眠を引き起こす傾向が認められます。

Dr.morino :

うつは改善しているということですから、うつの改善に合わせ、リフレックスを減量するほうがよいかと思います。

Dr.morino :

9月からの服用ですので、4か月の服用期間がありますので、急激に減量すると、離脱症状が出るかと思いますので、

Dr.morino :

まずは、4分の1減らして、4分の3錠服用する。

Dr.morino :

これを2週間継続し、特に、頭痛やめまい、うつ症状の再発などなければ、次の2週間は、2分の1錠服用にするという形で、まずは、現在の1錠から2分の1錠までリフレックスを減量するのが良いかと思います。

Dr.morinoをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問