JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。二人目妊娠中の9ヵ月で37週に入り次第帝王切開予定です。 今回の妊娠は切迫早産や上の子の世話や動

解決済みの質問:

はじめまして。二人目妊娠中の9ヵ月で37週に入り次第帝王切開予定です。
今回の妊娠は切迫早産や上の子の世話や動けないからだへの不安を抱えての生活で、7ヵ月の時に限界になり心療内科に駆け込みソラナックスを就寝前と不安時に飲むようになりました。
そして、落ちついて来たのですが出産が近づくに連れて不安が増し出産入院で飛び降りたり逃げたりするのでは無いかと毎日考える様になってしまい不安です。
心療内科の先生は薬は増やせないと言いました。
毎晩、怖いのです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。
ご指名ありがとうございます。

①今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

②「出産入院で飛び降りたり逃げたりするのでは無いかと毎日考える」というのは、相談者様ご自身に自殺の危険性があるということですか? そのことは心療内科主治医には伝えられていますか?

③大学病院でご出産のご予定ということですが、その大学病院には精神科・心療内科は無いのですか?

④産科主治医には本件について相談されていますか? 現在妊娠37週であれば、薬物が胎児に与える影響は少なく、ご記載になられているような相談者様の状態を鑑みれば、向精神薬の増量が望ましいと思いますが、そのようなコミュニケーションは産科主治医と心療内科主治医との間でとられているでしょうか? 産科主治医も向精神薬の増量に反対していますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

お早い回答ありがとうございます。

自殺願望かも分からないのです。ただ、恐怖の気持ちでいっぱいです。

今月の診察はまだなので伝えてはいません。前回の診察で不安が増しているので飲む回数を増やして欲しいとお願いしてもダメでした。

大学病院で出産予定で今は、34週です。大学病院は精神科は有りますが夜間対応がなく待ち時間と設備の古さと勤務医が変わりやすいなどで別の所に行くようにと紹介状出して頂いただけです。

産科医と心療内科医は、診察経過のやり取りはしているみたいですがわかりません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

このような不安感・恐怖感は初めてですか?

それとも、何らかの精神疾患の既往歴がおありなのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

妊娠出産では、初めてです。

ただ、前回緊急帝王切開になり今回は予定帝王切開で手術日が決まってから増した気が致します。

前に、ノロウイルスになり過敏性大腸症候群になりパニック障害と診断され服薬をして減薬で薬無しで二年になりました。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

当然のことですが、実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為も治療行為も行えません。
よって今この場で、相談者様の不安感・恐怖感を払拭する手段をお示しすることは不可能です。

現実的には、ソラナックスの増量や、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の追加といったパニック障害に準じた治療の強化が必要でしょう。

産科主治医に現状と、服薬に伴うデメリットは受け入れることを伝えた上で、心療内科主治医に「現在の精神状態では出産前に事故が起こるリスクがある。向精神薬増量・追加のメリットがデメリットを上回ると考えられるので、心療内科的に十分量・内容の薬物療法を行ってほしい」と連絡してくれるようお願いして下さい。

恐らくそれが、現状を打破する唯一の方法です。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問