JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

双極性障害と診断されたのですが、この病気は治るのでしょうか?仕事のストレスからどうも発症したようです。以前は自殺や自

質問者の質問

双極性障害と診断されたのですが、この病気は治るのでしょうか?仕事のストレスからどうも発症したようです。以前は自殺や自傷行為を考えましたが、そのうち多弁になり高額な品物や宝くじを大量に購入したりしてましたが、今は、そのどちらでもなく安定しています。もともと神経質な性格でした。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

双極性障害(躁うつ病)は、生涯の服薬治療が必要な疾患です。
「安定期になっても、再発予防のために薬を服用し続けます。どのくらいの間服用すべきかという点は、その人によってちがいますから、主治医とよく相談することが大切ですが、双極I型で数回躁、うつを繰り返した場合は、予防治療をずっと続けるのが普通です」
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/pdf/bd_kaisetsu_chapter3.pdf

双極性障害の適切な治療法や、専門医の探し方については、双極性障害治療の現状を憂慮して日本うつ病学会が作成した以下のマニュアルをご覧になってみて下さい (上記の文章はこの第3章「双極性障害とつきあうために:患者さんご自身が心がけること」からの引用デデス)。

【日本うつ病学会:双極性障害(躁うつ病)とつきあうために】
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

双極性障害(躁うつ病)は、生涯の服薬治療が必要な疾患です。
「安定期になっても、再発予防のために薬を服用し続けます。どのくらいの間服用すべきかという点は、その人によってちがいますから、主治医とよく相談することが大切ですが、双極I型で数回躁、うつを繰り返した場合は、予防治療をずっと続けるのが普通です」
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/pdf/bd_kaisetsu_chapter3.pdf

双極性障害の適切な治療法や、専門医の探し方については、双極性障害治療の現状を憂慮して日本うつ病学会が作成した以下のマニュアルをご覧になってみて下さい (上記の文章はこの第3章「双極性障害とつきあうために:患者さんご自身が心がけること」からの引用デデス)。

【日本うつ病学会:双極性障害(躁うつ病)とつきあうために】
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

双極性障害(躁うつ病)は、生涯の服薬治療が必要な疾患です。
「安定期になっても、再発予防のために薬を服用し続けます。どのくらいの間服用すべきかという点は、その人によってちがいますから、主治医とよく相談することが大切ですが、双極I型で数回躁、うつを繰り返した場合は、予防治療をずっと続けるのが普通です」
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/pdf/bd_kaisetsu_chapter3.pdf

双極性障害の適切な治療法や、専門医の探し方については、双極性障害治療の現状を憂慮して日本うつ病学会が作成した以下のマニュアルをご覧になってみて下さい (上記の文章はこの第3章「双極性障害とつきあうために:患者さんご自身が心がけること」からの引用デデス)。

【日本うつ病学会:双極性障害(躁うつ病)とつきあうために】
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/

以上、ご参考になれば幸いです。

精神科 についての関連する質問