JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして宜しくお願い致します 71歳の男性で15年間パーキンソン病を患い飲みつずけた お薬の薬害でレビー小体型

質問者の質問

はじめまして宜しくお願い致します 71歳の男性で15年間パーキンソン病を患い飲みつずけた
お薬の薬害でレビー小体型認知症を発祥し3年程経過しています気分の起伏が激しく幻視や、睡眠時の
異状行動があり妻の浮気に対する猜疑心が激しく問い詰めて暴力を振るいます。現在は介護
施設に入っていますが難色を話初め、いつ追い出されるか心配でなりません。レビー小体型認知症
とパーキンソン病を両立して診察・治療して頂ける精神科をご紹介して頂きたくご連絡致しました
どうぞ宜しくご指導の程お願い致します。   ホンタニ チカコ
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

パーキンソン病とレビー小体型認知症が合併することはありません。

「お薬の薬害でレビー小体型認知症を発症」という解釈は正しくないと思います。
15年間もパーキンソン病の治療を続ければ、パーキンソン病治療薬の副作用で、多かれ少なかれ幻覚や妄想が現れます。それをレビー小体型認知症とは呼びません。

現在、患者様はどれくらいの規模の医療機関の何科で治療を受けられているのでしょう?
「お薬の薬害でレビー小体型認知症を発症」とというのは主治医の見解ですか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

大阪市立大学付属病院老年神経科で15年間パーキンソンの治療を受け

幻視や猜疑心が頻繁にでだし医師に相談しますと全ては今までの薬の

性だと言われました。市大より紹介された阪南病院の精神科に入院しましたが3か月で症状は改善されないまま強制退院となり介護施設にはいり

京都四条病院久野貞子先生の診断をうけています。脳のMRIをとりました

レビーと言われました。住まいは大阪です

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

京都四条病院久野貞子先生はビッグネームだとは思いますが、久野先生の診断がパーキンソン病+レビー小体型認知症なのですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

久野先生の判断です。 脳の萎縮が少なく普通の認知症ではないと診断

されました。久野先生が今まで千人以上のパーキンソンの患者を見たうちの20パーセント

はレビーになるそうで その20パーセントの中でもこんなに酷い患者は診た事がないと毎回診察で言われます。少しでも改善され残りの人生を穏やかに

過ごさせてやりたいのが家族の願いです。良き病院をご紹介ください。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
それは、特殊な説だと思いますが……

久野先生は病院を紹介して下さらないのですか? 顔はお広いと思いますが。

「少しでも改善され残りの人生を穏やかに過ごさせてやりたい」ということは、神経内科ではなく、精神科の病院への入院をご希望でしょうか?

病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、大多数の専門家は特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の全ての病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません(ですから、実際にご主人を診ている久野先生が入院先を紹介するのが筋です)。

医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、 こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレーム を受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
JustAnswerは病院紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです。

ただし、特定の病院ではなく、専門医療機関や専門医のリスト、医療機関の探し方はお示しできる場合がございます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

レビー小体型認知症ではないとお思いですか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
私は違うと思います。

レビー小体型認知症とは、パーキンソン病とアルツハイマー型認知症が合わさったような疾患ですが、一般的には認知症の症状が先に出ます。
パーキンソン症状が先に現れた場合でも、15年間も先行することはありません。

「症状の時間的経過(パーキンソニズムが存在する場合)パーキンソニズム発症前あるいは同時に認知症が生じている場合,DLB(レビー小体型認知症)と診断する.認知症を伴うParkinson病(PDD)という用語は,確固たるPDDの経過中に認知症を生じた場合に用いられる.実用的には,臨床的に最も適切な用語が用いられるべきであり,Lewy小体病のような包括的用語がしばしば有用である.DLBとPDD間の鑑別が必要な研究では,認知症の発症がパーキンソニズムの発症後の1年以内の場合をDLBとする1年ルールを用いることが推奨される.それ以外の期間を採用した場合,データの蓄積や比較に混乱を生じることが予想される」
http://www.neurology-jp.org/guidelinem/degl/sinkei_degl_2010_08.pdf より

上記引用元は日本神経学会の認知症治療ガイドラインですので専門的な表現が用いられていますが、つまりは、パーキンソン病が発症し、15年後にレビー小体型認知症が起こることはないということです(起こるとしたら1年以内)。

「パーキンソンの患者を見たうちの20パーセントはレビーになる」というのは、久野先生だけが唱えている私説であって、学問的に受け入れられているものではありません。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
私は違うと思います。

レビー小体型認知症とは、パーキンソン病とアルツハイマー型認知症が合わさったような疾患ですが、一般的には認知症の症状が先に出ます。
パーキンソン症状が先に現れた場合でも、15年間も先行することはありません。

「症 状の時間的経過(パーキンソニズムが存在する場合)パーキンソニズム発症前あるいは同時に認知症が生じている場合,DLB(レビー小体型認知症)と診断す る.認知症を伴うParkinson病(PDD)という用語は,確固たるPDDの経過中に認知症を生じた場合に用いられる.実用的には,臨床的に最も適切 な用語が用いられるべきであり,Lewy小体病のような包括的用語がしばしば有用である.DLBとPDD間の鑑別が必要な研究では,認知症の発症がパーキ ンソニズムの発症後の1年以内の場合をDLBとする1年ルールを用いることが推奨される.それ以外の期間を採用した場合,データの蓄積や比較に混乱を生じ ることが予想される」
http://www.neurology-jp.org/guidelinem/degl/sinkei_degl_2010_08.pdf より

上記引用元は日本神経学会の認知症治療ガイドラインですので専門的な表現が用いられていますが、つまりは、パーキンソン病が発症し、15年後にレビー小体型認知症が起こることはないということです(起こるとしたら1年以内)。

「パーキンソンの患者を見たうちの20パーセントはレビーになる」というのは、久野先生だけが唱えている私説であって、学問的に受け入れられているものではありません。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
私は違うと思います。

レビー小体型認知症とは、パーキンソン病とアルツハイマー型認知症が合わさったような疾患ですが、一般的には認知症の症状が先に出ます。
パーキンソン症状が先に現れた場合でも、15年間も先行することはありません。

「症 状の時間的経過(パーキンソニズムが存在する場合)パーキンソニズム発症前あるいは同時に認知症が生じている場合,DLB(レビー小体型認知症)と診断す る.認知症を伴うParkinson病(PDD)という用語は,確固たるPDDの経過中に認知症を生じた場合に用いられる.実用的には,臨床的に最も適切 な用語が用いられるべきであり,Lewy小体病のような包括的用語がしばしば有用である.DLBとPDD間の鑑別が必要な研究では,認知症の発症がパーキ ンソニズムの発症後の1年以内の場合をDLBとする1年ルールを用いることが推奨される.それ以外の期間を採用した場合,データの蓄積や比較に混乱を生じ ることが予想される」
http://www.neurology-jp.org/guidelinem/degl/sinkei_degl_2010_08.pdf より

上記引用元は日本神経学会の認知症治療ガイドラインですので専門的な表現が用いられていますが、つまりは、パーキンソン病が発症し、15年後にレビー小体型認知症が起こることはないということです(起こるとしたら1年以内)。

「パーキンソンの患者を見たうちの20パーセントはレビーになる」というのは、久野先生だけが唱えている私説であって、学問的に受け入れられているものではありません。

精神科 についての関連する質問