JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

不安神経症を早く克服したいのですがどうしたらいいでしょう? 10年ほど前に急にのどの違和感を感じそのときは冬だった

解決済みの質問:

不安神経症を早く克服したいのですがどうしたらいいでしょう?
10年ほど前に急にのどの違和感を感じそのときは冬だったので風邪かな?としか思いませんでした。
そのうち、電車で職場の人と出かけることになり乗っているとすごく家に帰りたい気持ちになりました。
それから、電車で遠出するのが嫌になっていきました。そのうち、仕事(看護婦)中に動悸がし恐怖心が強くなり仕事ができなくなり一時的に実家に帰りましたがよくなるはずもなく逆に帰りの新幹線で気分が悪くなりその後乗れなくなりました。そのころには飛行機に乗るのも恐怖でいまだに新幹線や飛行機などでの遠出はしていません。8年前まで一人暮らしをしていましたが、あまりにも症状がひどく引きこもりみたいになり実家に帰ってきました。以前は、心療内科に通い薬など内服していましたが、実家に帰ってから飲んでいた薬全部やめました。それから、2年ほどしてやっと地元の病院で働き出しました。今のところ普通に仕事しています。夜勤もしていますが、慣れるまでは動機や胃腸障害などとてもつらかったです。ですが、いまだに、乗り物での遠出がつらく休みの日もほとんど家より出ません。(家が安心なので)でも、それでは、最近いけないと思っています。親もだんだん年をとるしだんだん頼れなくなります。自分がしっかりしないと頼られる立場になります。そのとき、今の状態だと私は恐怖心だけで何もできません。何とか、外食や遠出や旅行が苦痛なくできるようになりたいし友達も作りたいです。(今は、誘われたりするのが嫌で職場の人ともあまり親しくしていません)どうにか克服する方法ないですか?今は、心療内科など通っていません。自己判断で、インターネットで調べた漢方薬(半夏厚朴湯)内服しています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
医療機関を受診せずに「不安神経症」を治す方法が無いか、というご質問なのでしょうか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

はい、病院にはいかず克服したいと思っています。

以前の心療内科では薬の処方だけでぜんぜんよくならなかったので

あまり、病院にいきたいとは思っていません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

日本の精神科医=心療内科医の9割はヤブですので、「あまり、病院にいきたいとは思っていません」と仰られる相談者様の心情は理解できます。

まず、診断に「不安神経症」という死語が用いられている段階で、相談者様の元主治医が腕の良い精神科医ではなかったことが推察されます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、「広場恐怖」の診断基準を満たしている可能性が高いと思われます。
この場合の広場とは、広い場所、という意味ではなく、「何かが起きてもすぐには逃げ出せない、助けを求められない場所」という程度の意味です。飛行機などは典型ですし、電車、バス、地下鉄、人ごみなどもこれに当てはまります。

まず、この広場恐怖の治療の一般論を述べます。

<---一般論---ココカラ--->
治療は薬物療法が先行しますが、それだけでは広場恐怖が治りきらないことがほとんどです。

薬物療法で恐怖感を一定以上までコントロールした後に、「行動療法」を用いて行動範囲を広げていく必要があります。

広場恐怖の薬物療法の定石は、まずSSRIと呼ばれるカテゴリーの薬剤と安定剤を適切に用いて発作をコントロールすることです。安定剤だけでは駄目です。

薬物療法が一定の効果を現わせてきたあたりで、認知行動療法(もしくは単に行動療法)を並行して行います。

ここでは、もっとも多く見られ、説明もしやすいので、「1人で電車に乗れるようになる」ことを目標とした例をあげますが、これを患者様ごとにアレンジしたものが行われます。

具体的には、以下のように行います。

安定剤を飲んだ30分後に空いている時間帯に各駅停車に1駅分、誰かと一緒に乗る。
⇒これで恐怖感が起こらなければ、同じ条件で2駅分乗る
⇒やはり恐怖感が起こらなければ、安定剤を飲んだ30分後に各駅停車に2駅分、1人で乗る
⇒安定剤は飲まず、しかし持参して(水なしでも安定剤を飲めるようにしておくと便利です。できなければペットボトル持参)、恐怖感の予兆があったら服用することにして各駅停車に2駅分、1人で乗る
……というふうにステップアップしていきます。

元も子のない、というか、ある意味わかりやすいアプローチではないでしょうか。

これを行動療法的アプローチといいます。行動療法で大切なのは「成功し続けること」です。

電車に乗って恐怖感が起こると、次に乗るときも「また恐怖感が起きるのではないか?」と無意識に思ってしまうでしょう。

これを「予期不安」といいます。

予期不安は恐怖感の呼び水となり、発作を起こしやすくします。そのような状態で電車に乗れば、また恐怖感が起きてしまいます。
すると、「やはり電車に乗ると恐怖感が起きるんだ」という確信が深まってしまい、その次に電車に乗る時の予期不安をより強いものにし、より発作が起こりやすくなります。
このようにして条件反射の悪循環が生じ、電車に乗るのが怖くなってしまうのです。

行動療法はこの循環を逆に回し、電車に乗っても恐怖感が起きない経験を積むことで予期不安を小さくしていきます。
<---一般論---ココマデ--->

日本では、SSRIを広場恐怖の治療用に適切に使える精神科医は少数派で、行動療法となると、行われている施設すら限られますが、インターネットなどで検索し て、この標準治療を行える医療機関を受診されることは検討されてもよろしいかとは思います(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介は行っていません)。

「病院にはいかず克服したい」ということですと、不安障害に対する患者様向けのマニュアルが多く出版されていますので、これらを読み、認知行動療法について独習されるのがよいでしょう。
相談者様はお仕事にも行かれていますから軽症例であって、薬物療法の必要性は希薄です。むしろ行動療法的アプローチが必要・有用ですので、こちらの方法の方が相談者様の状態に即しているかもしれません。
例:http://amzn.to/1qtdYbo

以上、ご参考になれば幸いです。

=================================
現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)における広場恐怖の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

A. 逃げるに逃げられない(または逃げたら恥をかく)ような場所や状況、またはパニック発作やパニック様症状が予期しないで、または状況に誘発されて起きた時に、助けが得られない場所や状況にいることについての不安。広場恐怖が生じやすい典型的な状況には、家の外に一人でいること、混雑の中にいること、または列に並んでいること、橋の上にいること、バス、汽車、または自動車で移動していることなどがある。

B. その状況が回避されている(例:旅行が制限されている)か、またはそうしなくても、パニック発作またはパニック様症状が起こることを非常に強い苦痛または不安を伴いながら耐え忍んでいるか、または同伴者を伴う必要がある。

C. その不安または恐怖症性の回避は、以下のような他の精神疾患ではうまく説明されない。たとえば、社会恐怖(例:恥ずかしい思いをすることに対する恐怖のために社会的状況のみを避ける)、特定の恐怖症(例:エレベーターのような単一の状況だけを避ける)、強迫性障害(例:汚染に対する強迫観念のある人が、ごみや汚物を避ける)、外傷後ストレス障害(例:強いストレス刺激と関連した刺激を避ける)、または分離不安障害(例:家を離れること、または家族から離れることを避ける)。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

返答が遅くなりすいません。 


忙しく、今日やっとメール見ました。


ありがとうございました。


がんばってみます。

精神科 についての関連する質問