JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

H24.1にパニック障害と診断をうけ1年6か月投薬(ジェイドロフト25㎎→50㎎→75㎎→100㎎→75㎎→50㎎→

解決済みの質問:

H24.1にパニック障害と診断をうけ1年6か月投薬(ジェイドロフト25㎎→50㎎→75㎎→100㎎→75㎎→50㎎→25㎎)を行い、その後はエチゾラムを貰い不安なときだけ飲むように言われていました。ただほとんど飲むことはなかったのですが、今年の8月に電車に乗っている際、軽い発作を起こしエチゾラムを服用、30分ほど休んで収まりそのまま会社へ行きました。ただ、また再発なのかと不安になり病院に行ったところ、再度エチゾラム0.5㎎を処方されました。こちらの病院は通院している際も診察はほとんどなく、事務的に薬を処方という感じで「なんでそんなにネガティブなの?」と言われたこともあり他の先生の話も聞いてみたく別の病院へ行きました。話はよく聞いて頂いたのですが、その日にジェイドロフト25㎎(朝服用)とメデポリン錠0.4(夜服用)を処方されました。現在はまだ2日目ですが、ジェイドロフトと朝夕の通勤時にエチゾラムを使用しています。
今後は前回と同様にジェイドロフトを増量・減量していくのだと思いますが、前回と同様の治療となり、また再発等し完治できないのではないかと不安です。
これで良いのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
猫山です。
新規のご投稿ありがとうございます。

相談者様はこれまで、薬物療法しか受けられてこなかったのでしょうか?
認知行動療法(あるいは単に行動療法)という言葉を治療者の口から聞かれたことはありませんか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※本日、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

前回は質問の仕方が間違っていたようで失礼いたしました。

依然は投薬しながらですが通常の生活(1人で電車での通勤・新幹線に乗っての旅行・美容院・歯医者など)をし、報告すると「ほらできたでしょ。自信持って」などと言われていましたが、これらのようなことを認知行動療法としてよいでしょうか?

会社は、最初の発作が起きて投薬をするまで原因がわからず2日休みましたが、それ以降は通常通り出勤しています。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

パニック障害は多分に体質的な要素がありますので、再発が起こりうる疾患です。
特に女性では再発率が高いとする報告もあります。
http://www.fuanclinic.com/owl/vol_23e.htm
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

相談者様も今回、再発していますので、前回とは異なる努力をしなければ、2度目、3度目の再発が起こることは十分に考えられます。

再発率を下げる方策として確かめられているのは、
1. SSRIによる2年間以上の維持療法
2. 認知行動療法の併用
です。

パニック障害に対する認知行動療法の具体的な技法は以下のようなものです。
http://www.e-heartclinic.com/kokoro/senmon/panic09.html

「ほらできたでしょ。自信持って」等と支持するのは「認知行動療法的アプローチ」ではありますが、認知行動療法そのものではありません。
時間も手間も人手もかかる治療法ですので、どこの精神科医療機関でもこの治療を行っているというわけではありません。

再発率を下げることを企図されるのであれば、認知行動療法を行っている病院・クリニックを探されるのも一法かと存じます。

患者様がこの治療法を独習するためのテキストなども出版されていますので、こうした書籍で症状の付き合い方を学ばれるのもひとつの方法でしょう。
例:http://amzn.to/1qtdYbo

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問