JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14256
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

家内(68)が5-6年前に発病双極性障害と診断され今は3度目の長期(2.5ヵ月)入院中。今まで4人の先生に診てもらい

解決済みの質問:

家内(68)が5-6年前に発病双極性障害と診断され今は3度目の長期(2.5ヵ月)入院中。今まで4人の先生に診てもらい今の病院に行き着きました。前の院長はカナダで勉強された事もあってメンタルケアも大事にしていましたが、ご事情あって退院され今は若い先生がやっています。ちょっと気になるのは最近患者や家族にたいして何か事務的になり、また薬を中心で新薬を色々試されているようです。先日鬱のなか父の死去(大往生)や妹と相続問題でもめて更に鬱が酷く食事も取れないので昨日から点滴になりました。薬は大切ですが、もっと心のケア(聞くだけでもよい)も合わせてやることで早く立ち直れる?と思っています。先生はまずは元気が出て自分からカウンセリングを希望しないと無理、と言われています。今の病院は家から比較的近く便利で環境も良く出来れば継続したい。メンタルケアも重視した治療をやっておられる病院があれば教えて下さい。もうひとつ質問ですが、最近4人の大部屋に移されました。今まではラッキーだったのか?ずっと個室でした。家内は費用が上がるからと大部屋でも良いと言ってますが、元気になりつつある時はともかく、こんなにひどい鬱の時は差額を払ってでも個室にすべきでしょうか?友人経由ある院長に相談したら、基本的に今の治療は間違っていないが、薬を出来るだけシンプルにするようにお願いする事。またこの病気の治療は一生涯薬と付き合う必要あり、あまり大きな問題なければ近くの先生と仲良く付き合って行く方がよいとアドバイス貰いました。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

まず、現在の主治医の「まずは元気が出て自分からカウンセリングを希望しないと無理」という方針は正しいと私も思います。
カウンセリングは患者様を慰める手段ではなく、患者様ご自身が自分の頭で問題の解決方法を考えたり、考え方を変えたりするための補助手段ですので、患者様の精神的な消耗が激しいからです。

一方で、薬物療法に関しては全く間違っています。
このサイトで相談される双極性障害の患者様の9割が、①気分安定薬を処方されていない、②気分安定薬を処方されているが血中濃度が有効域未満、③気分安定医薬を処方されているが血中濃度測定を行われていない、のいずれかに当てはまります。
気分安定薬とは、奥様の場合、リーマスのことです。

実臨床でも、私の印象では双極性障害を適切に治療できる精神科医は1割に満たないので、恐らく日本の双極性障害の患者様の9割は不適切な治療を受けられているのだと思います。

リーマスを止めて、他に何も気分安定薬を使用していないのであれば、それは上記の①に相当する状態です。

双極性障害(躁うつ病)の患者様の7割がうつ状態で発症し、それは普通のうつ病と臨床上区別がつかないため大多数の患者様は当初はうつ病と診断されます。
しかし経過中に躁状態が現れると躁うつ病に診断が切り替わり、治療方針も変わります。

躁うつ病とうつ病は全く異なる病気であることが分かっており、病像が似ていても、躁うつ病の患者様のうつ状態に抗うつ薬を投与しても効果がありませんし、むしろ躁転(相談者様が仰られるところの「急反転」)や急速交代化、難治化といった、病状の複雑化を招きます。
従って、奥様は点滴(おそらくアナフラニールというお薬でしょう)を受けられるべきではありません。
気分安定薬を使用し、有効血中濃度の、やや高めの値を目指して増量されるべきです。

躁うつ病と言っても、躁状態をうつ状態を交互に繰り返す病気ではありません。ほとんどがうつ状態で、ごくまれに躁状態が出現することがある、というのはむしろ典型的な病状推移です。日本うつ病学会が患者さん向けにガイドブックを作成し、Webで公開しています。
以下の章の5ページをご覧ください。

【2.双極性障害の症状を知ろう】
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/pdf/bd_kaisetsu_chapter2.pdf
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

治療方針について主治医とよく相談されるか、転院も視野に入れられるべきでしょう(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。

双極性障害の適切な治療法や、専門医の探し方については、双極性障害治療の現状を憂慮して日本うつ病学会が作成した以下のマニュアルをご覧になってみて下さい (第8章「双極性障害の診断・治療に専門的に取り組んでいる医師の見つけ方」参照)。

【日本うつ病学会:双極性障害(躁うつ病)とつきあうために】
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速のご回答有難うございました。日本うつ病学会の資料や加藤忠史先生の著書も何度も読まさせて頂いています。 今日主治医の先生ともお話しましたが、今は何日も食事も取れない、薬も飲めない状態での残った選択肢であると。反対なら転院されては?とも言われましたが、私達には選ぶすでもありません。これで駄目なら電気ショック療法をやるとの事。 近い将来この病気のことがもっと解明されてより良き治療法が見つかることを祈ります。 それと病院への要望ですが、例えばご飯が食べれないならおかゆとか流動食にするとか、大部屋だから家族が話をする事も遠慮して欲しいとか、非常に寂しく感じております。以前他の病院の先生に言われた事ですが、この病気は生涯薬と先生と付き合って行かねばならない病だから先生を信頼するしかありません。書きそびれましたが、家内は以前薬で躁転し酷い躁+4~5を繰り返しています。少しずつ幅は小さくなって来てるように感じています。リーマスは手の震えが酷くなってから使用されていません。その後サインバルタという薬を使っていたそうですが、今はデパケンとテトラミドを使っているそうです。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

特に追加でご質問が無ければ、質疑を終了とさせていただきたく存じます。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14256
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問