JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして51歳女性です。先週脳のMRIを撮りましたが三年前に比べ脳萎縮があると診断されました。40代から更年期が始

解決済みの質問:

初めまして51歳女性です。先週脳のMRIを撮りましたが三年前に比べ脳萎縮があると診断されました。40代から更年期が始まり安定剤を12年間飲んでおりますが、その影響でしょうか?最近は加齢のせいか少しの物忘れがありますし、仕事でのストレスもあります。お酒は飲みませんが煙草は吸います。仕事していく上でとても心配です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①ご質問は、12年間に渡る安定剤(精神安定剤)の服用によって脳の萎縮が起こるかどうか? であると理解してよろしいでしょうか。

②服用されてきた安定剤の名前と1日量を教えてください。

③萎縮が診られたのは脳のどの部位かおわかりであれば教えてください。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

①これからアルツハイマーに早期になるのではないかと心配で。

②12年前は心療内科でパニック障害と言われ、コンスタン0.4mg、ワイパックス0.4mgを処方されてます。ここ三年は生理もなくなりパニックも起こさなくなりましたが、毎日、朝、昼、晩にコンスタン一錠を飲んでます。ワイパックスは頓服なので今は殆ど飲んでおりません。

③萎縮は前頭葉です。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

コンスタンやワイパックスのような精神安定剤は、化学的にはベンゾジアゼピン化合物と呼ばれます。
ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

【向精神薬依存 8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

また近年、高齢者がベンゾジアゼピンを服用することで認知症リスクが上昇することも確認去れています。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

日本のように、ベンゾジアゼピンを十年単位で処方する国は稀ですので、非高齢者が長期的にベンゾジアゼピンを服用した場合に将来的に認知症を発症するリスクが高くなるかどうかについてはデータがありません。
しかし、高齢者での研究結果から類推するならば、そのリスクはあると考えるべきでしょう。

アルツハイマー型認知症(AD)で萎縮するのは頭頂葉と後頭葉ですので、今回のMRI検査の結果がただちにADの可能性を示唆するものではありませんが、一般論として、ベンゾジアゼピンは漸減・中止される方向で考えられるべきかと存じます。

脳の萎縮は元には戻りませんので、定期的に脳ドックなどを受けられるとともに、現時点で神経内科を受診されて、認知症発症の可能性について確認のための診察を受けられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問