JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして、父のことについて御相談させてください。父は現在、67歳、無職(退職前は小学校校長)、私の兄と同居中、妻

解決済みの質問:

はじめまして、父のことについて御相談させてください。父は現在、67歳、無職(退職前は小学校校長)、私の兄と同居中、妻(私の母)は私と同居しており(私の児の関係であり、離婚などではありません)ます。#1:慢性B型肝炎(インターフェロン治療後)、#2:肝臓癌 エタノール注入療法後・肝臓切除術後、#3:アルコール性肝障害、#3:高血圧、#4:糖尿病 などで通院しております。 以前より毎日飲酒しており(一日焼酎3~5合)、肝臓癌治療後も一時飲酒量は減りましたが、元通りに飲むようになっております。最近では、兄が食事を用意しなければ食事をとらなくないことも増えたり、ごく最近のことを覚えていないなどということが見られるようになってきております。また、夜中寝ぼけながらトイレに行き、排泄をするようですが、排泄物(大便は飲酒のためか、ゆるいことが多いようです)が便座や床に散乱していることも多々あるそうです。また、最近のことのようですが、自家用車を運転していてどういう状況か不明なのですが、車幅の狭いところで前方から来る車をよけようとして停車している車にぶつかり、そのまま警察などには通報せず、いわゆる当て逃げをしてきたそうです。事故を起こしたことは認識しているようですが、いつ、どこでその事故を起こしたかは本人に聞いてもわからない、おぼえていないという返事しか返ってこないそうです(こちらの件については兄が警察に届け、処理中とのことでした)。
アルコールによると思われるのですが、本人は家人の散々の訴えにも全く耳を貸さず、アルコールはやめるはおろか減らす様子もありませんしやめるつもりもないようです。このような場合、やはり一度精神科もしくはアルコール専門の病院を受診したほうがよいでしょうか。また、このような場合、入院などでの治療は可能でしょうか(本人は拒否すると思いますが・・・)。
御忙しいところ恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

お父様は「ウェルニッケ・コルサコフ症候群」を呈されている可能性が高いと考えます。

アルコール依存症者でしばしば見られる栄養失調(ビタミンB1欠乏)のために起こる脳の障害です。
http://alcoholismdependency.sblo.jp/article/55509760.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

既に社会生活上大きな問題が生じているようですので、アルコール専門外来を有する精神科医療機関を受診されることをお勧めいたします。
おそらく入院治療の対象となると考えます。

これで回答になっているでしょうか?

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】









質問者: 返答済み 2 年 前.

御忙しい中ご回答ありがとうございます。

色々と調べていたのですが、やはりその可能性が高いでしょうか。

そのような場合、本人の意思にかかわらず家族の意思のみでも

入院は可能でしょうか。今のところ、激昂したりすることはありますが、暴力などはないようです。

たびたび申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際にお父様を診察していませんので確たることは申し上げられませんが、診察医が入院適応と判断した場合、現時点でのお父様に適切な判断能力はないと考えられますので、「医療保護入院」という、ご家族の同意に基づく入院形態が用いられることになると思われます。

暴力性向がなくとも、治療の必要性を判断できない患者様にはこの入院形態が適用されることになります。

以上、ご参考になれば幸いです。





猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問