JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

横領をしてしまい会社ともめてます。おたがい弁護士をたてていますが・・・ その中で見つかった横領以外に ないか?会社側

解決済みの質問:

横領をしてしまい会社ともめてます。おたがい弁護士をたてていますが・・・ その中で見つかった横領以外に ないか?会社側、会社弁護士に書面できかれ  私の担当弁護士が私に ほかにあるならちゃんと言って、じゃなと私もあなたもうそつきになるのよ  と強くいわれ   そこから ちゃんと思い出さないと示談にならない、 ちゃんとちゃんと思い出して  相手が見つける前に 思い出して・・・・
とあせっていたら、  思いでそう、その時、毎日の行動・・・  頭がぱっと真っ白 で 思い出せない
思い出そう、そこで働いてやってたこと・・・・  思うと思うと  頭が真っ白  考えられない、思い出せないんです。
これを弁護士にはなしましたら しっかりして自分の今後がかかってるのよ
といわれ  どうしたらいか。
こういう症状は どう信じてもらえばいのですか?
また どんな病院で検査をうけ 私の症状を証明してもらえるのですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
実際に相談者様を診察・検査出来ないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、相談者様は典型的な「解離性健忘」を呈されていると思われます
http://www13.atpages.jp/seisinsoma/hkenbo.html
医師だけではなく臨床心理士がいて心理検査を行っている精神科を受診され、診断が付けば、診断書は作成してもらえると思います。
以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

実際に相談者様を診察・検査出来ないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、相談者様は典型的な「解離性健忘」を呈されていると思われます
http://www13.atpages.jp/seisinsoma/hkenbo.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

医師だけではなく臨床心理士がいて心理検査を行っている精神科を受診され、診断が付けば、診断書は作成してもらえると思います。

以上、ご参考になれば幸いです。







猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

このような病になると MRI 血液検査 等行うと書いておりましたが

正常な人、時の結果とは 違ってくるんですか?

この検査で  健忘症と判断できるのですか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

MRIや血液検査は「除外診断」のために行われます。
例えば脳腫瘍があってそのために記憶障害が起こることもありますので、そうした脳の障害の有無を確認するためにMRI検査が行われます。

血液検査も同様で、記憶障害を起こす全身疾患の検索のために行われる検査です。

状況からして相談者様の記憶障害は解離性健忘である可能性がきわめて高いと考えますが、身体疾患を見逃しては大変なのでその「除外」のためにMRIや血液検査を行うわけです。

解離性健忘自体ではMRIや血液検査で客観的な異常所見は認められません。
健忘を起こす他の疾患を除外した上で、臨床症状と、心理検査結果などを組み合わせて、診断される疾患です。







猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問