JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14198
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私がお世話をしている方の相談です。不安神経症があります。ストレスを受けると手を日に何度も洗います。ストレスは自分の感

解決済みの質問:

私がお世話をしている方の相談です。不安神経症があります。ストレスを受けると手を日に何度も洗います。ストレスは自分の感情をコントロールできないことからどんどん強まります。気に入らないことが起きるとそれが他人からすれば、本人の我儘に過ぎないことでも自分の思い通りにならないと気がすみませ。ターゲットは次から次に見つけます。あなたのパラダイスはどこにも存在しないとなだめても、効果はありませんし専門家の治療を薦めてもよい返事はありません。彼女は半年前から老人ホームに入り、この前までは満足をしていました。まずは訪問医師を嫌い、攻撃。現在は入居者に一人を攻撃中です。このままでは彼女の居場所もなくなりそうですし、なにより毎日、つまらないことでストレスを感じる生活を続けさせられません。かつて、精神科の治療を受けていましたが、医師の前では見栄をはるというか、よい自分しかみせませんし医師は薬の処方をするだけでした。結果、なにも改善しませんでした。ちなみに彼女は70歳の独身女性で認知症ではありません。私は彼女の任意契約者です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、相談者様がお世話をされている方(以下Aさん)の診断は不安神経症ではないと思います。

①不安神経症とは、どなたが付けた診断でしょうか。「かつて、精神科の治療を受けて」いた時の診断ですか?

②Aさんのお若い頃の人柄はおわかりになるでしょうか。Aさんの学歴、職歴、生活歴(婚姻歴を含む)を教えて下さい。今と同じようなトラブルを、お若い頃には起こしていなかったのでしょうか。

③今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

1、 本人が言っているのと頻繁な手洗いに対しては精神科の医師が診断しました。


2、 Aさんは4才上のお姉さんがいます。7歳くらいの時い実母が他界、父親には本妻がいました。金銭的には裕福で働いたことはありません。結婚もしていません。現在は不動産収入で暮らしています。ペットを通じて15年ほど前からの付き合いです。元々、身勝手なところやクレーマー的、潔癖症がありました。友人は少なく、5年くらいで関係が壊れます。6年くらい前から足がふらつくと言い始め家事はすべてヘルパー任せになりました。自分の体調の変シ化には敏感で大袈裟です。ドクターショッピングもします。入院しても看護師を困らせ、家ではヘルパーを困らせます。(困らせる・・・自分の思い通りにしようとする) 来てくれるヘルパーも手当てがつかなくなり老人ホームに入りました。お姉さんも面倒はみてくれません。若いのころのことはよくわかりませんが、対人関係は円滑ではありません。


3、治療方法です。また、このような方を病院につれていくにあたり、理由をどう説明すべきかで悩んでいます。本人は精神科に行きたがりません。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

率直に申し上げますと、残念ながら、その方を治療する方法は事実上存在しないと思います(理論的には存在しますが、実行することは不可能に近いという意味です)。

一応お伺いしますが、Aさんは、ご自身の問題を相談者様が把握しているように理解しておられ、解決したいと思っていて、そのために必要な努力をするおつもりはあるのでしょうか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

理解していません。本人の生きにくく、つらい状態を自分自身が招いていることとは考えてはくれません。悪いのは周囲の環境や人です。都合の悪いことやつらいことからは逃げます。やはり投薬しかありませんか? 少しでも精神が和らぐようなお薬があるとよいのですが・・・


どう、接すればよいでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

Aさんの「病気」はお薬では治りません。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、Aさんには2つの診断が付くと思います。

1つは強迫性障害です。頻繁な手洗い、潔癖症は強迫性障害の診断基準を満たすと思います(不安神経症はまた別の病気です)。
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_compel.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

もう1つはパーソナリティ障害(人格障害)で、こちらが主診断ということになるでしょう。
人格障害は、「障害」という名前こそ付いていますが、狭義の精神疾患ではありません。「極端な性格の偏り」程度の意味です。
特定の人格障害には当てはまらなさそうですが、自己愛性と境界性人格障害の特徴に近いように思われます。
http://jikoai.uijin.com/kyokai/

性格は変えられませんので、その意味では人格障害は治りません。
よって、人格障害の治療ゴールは人格を変えることではなく、その人格のまま、社会適応できることを目指します。衝動性のコントロールや感情の調整力を強化することがその手段となります。
しかしそれにはご本人の治療意欲が必要になります。具体的にどう説得すればよいのかは個人差がありますから助言して差し上げることはできませんが、一般に、ご本人が困らなければ治療しようという気持ちにはならないことが多いようです。
私はかつて老人率が日本一の市の市立病院でご高齢の患者様をたくさん診てきた経験があります。老人ホームからの依頼で、Aさんのような、数十年間も「人格障害者として生きてこられた方々」にお会いしたこともありますが、そのような方々がその年齢になって生き方を変えることは期待できないことを経験として知りました。
10代・20代の人格障害者であれば治療的介入が可能ですが、Aさんのような高齢の人格障害者は、すでに偏った人格が本来の人格と化してしまっていると理解されるべきでしょう。

Aさんが自己愛性人格障害の診断基準に当てはまる、という前提で回答しますが、こういった方に対する最善の接し方はできるだけ接しないようにすることです。

相談者様のお立場のように、どうしても接するしかない場合は、以下の原則を頭に置いておかれるべきです。
「パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか」という本からの抜粋ですが。
http://amzn.to/T08TtQ

・相手の嫌な側面のことは一旦問題にせず、賞賛してあげる。そうやって認めてもらい、その上で相手の偉大さを傷つけないように助言してあげると耳を貸すだろう。
・自己愛性パーソナリティの人を動かすには義務や道理を説くより、不安や嫉妬心、功名心を刺激する。
・自己愛性パーソナリティの人は基本的に小心で、嫉妬深く、負けん気が強いので、さりげなく行動しなかった場合に生じる、不利益な事態に触れたり、競争心をつつくだけで、有効な動機付けとなる。

要するに、ムチは無効なので、ひたすらアメを使い続けるという方法になります。

事ほど左様に、人格障害者というのは度し難い人々なのです。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14198
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問