JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

6月初旬ころから、突然自分の意識とは別に“シャー”とか“ヒャー”や“ありがとうございました”とかを発生するようになっ

解決済みの質問:

6月初旬ころから、突然自分の意識とは別に“シャー”とか“ヒャー”や“ありがとうございました”とかを発生するようになってしまいました。発生頻度は、日常茶飯事です。時々大声になることも有ります。電車など乗っているとみんなが振り向いて私の報を見たりしていますので、どうしたらよいのか悩んでいます。きっかけとしては、ちょうどそのあたりで手に怪我をしたことくらいしか考えられません。手の怪我も熱も出ず、今は直っています。早期に直さないと、仕事にも影響していますので、どういうことなのか教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

猫山司 :

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】


こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
症状としては「複雑性音声チック」と呼ばれるものに近いと思います。

猫山司 :

少し補足情報を下さい。

猫山司 :

①相談者様のご年齢を教えて下さい。

②突然の発声の前には、予兆のようなものはないのでしょうか? それを察して我慢するようなことはできませんか?

③幼少時にチックがあったと聞いたことはありませんか?

④心療内科での診断名を教えて下さい。

猫山司 :

チャットでのやり取りが難しければ、時間をかけられる他のやりとりの方法もありますので仰って下さい。

Customer:

年齢は48歳になります。

Customer:

年齢は48歳です。

猫山司 :

通常画面でのやり取りにしませんか?
たぶんその方が使いやすいと思います。

猫山司 :

「従来画面」に切り替えます。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こちらが従来画面です。

②~④についてもご返信いただけますか?

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

②予兆の様なものはありませんが、比較的家でゆっくりしている時は発声は少ないと思います。


③幼少期にはありません。


 


④心療内科では全く病名等は言われておりません。


 


発声をする前に言葉の出はじめが呂律がまわらない事があってそれが出なくなってから発声がはじまった様に思われます。


一番気になるのが発声が起こる前に傘で右手の人差し指を貫通してしまい


破傷風とかでこのような症状が起こるのか気になっています。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限りは、相談者様が呈されているのは、前述しましたように複雑性音声チックと呼ばれるものです。

通常は幼少時に認められる症状で、成人後に新たに発症することは極めて稀です。
成人発症のチックの場合は、脳に器質的な問題(脳卒中など)が起きることで生じる場合が多く、例えば感染症に脳炎が続発すればそれを契機にチックが起こるという報告がなされています。
相談者様の場合、脳にまで感染が広がってはいないようですから、指の怪我とチックとの間に因果関係がある可能性は低いように思われます。

むしろ「葉の出はじめが呂律がまわらない事があってそれが出なくなってから発声がはじまった」ことの方が有力な所見です。
呂律の回りを司る大脳基底核という部位は、チックの発症とも関連する部位だからです。

脳神経外科で問題無しと言われたとのことですが、大学病院レベルの医療機関の神経内科を受診されて相談なさることをお勧めいたします。
そこで脳器質的な問題が否定されたら、そのまま大学病院の精神科を紹介してもらうのがよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
マイナス評価を賜りまして意外かつ残念です。

ご質問に対しては過不足なく回答したつもりでいたのですが。

どうぞお大事になさって下さい。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問