JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

軽い不安発作が日に何回もあります。 めまい(ふわっとした感じ)、窒息感、動機、腹部の張りが主な症状でソラナックス朝

解決済みの質問:

軽い不安発作が日に何回もあります。
めまい(ふわっとした感じ)、窒息感、動機、腹部の張りが主な症状でソラナックス朝0.41錠夕方0.2(半錠)頓服でワイパックス0.5を1錠就寝前にデパス0.5を1錠を服用して12年になりますが予期不安が強く行動を回避してしまうことが多々ですが、(会議、電車、バス、高速と長めのトンネルなど)何か良いアドバスがありますでしょうかよろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

相談者様が患われているのが不安神経症≒パニック障害だとするならば現在の治療は全くの的外れです。

「何か良いアドバス」ということですと、相談者様の主治医は処方を拝見しただけでわかるほどのヤブですので転院された方がよいと思います。

パニック障害の標準的な治療について述べればそれで回答になるでしょうか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山 先生


 


お世話になります。


通院の経過でパキシル、ジョイゾロフトの処方もありましたが自分が飲みきれなく1週間でやめてしまいました。(主治医には報告しました)


・・不調の時は抗うつ薬の処方も何回かありましたが体調がそれなりになると服用と処方は止まります。


 


 


パニック障害と自分では思っていますが、主治医は不安障害と言われます。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
> パニック障害と自分では思っていますが、主治医は不安障害と言われます。
不安障害はパニック障害を含むいくつかの疾患の総称(カテゴリー名)であって、疾患名ではありません。
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_panic.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

もう、そのレベルから、ぜんぜん知識が無いわけです、相談者様の主治医は。

その医師に罹り続けなければならない特別な理由がおありなのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

通院期間が長いこともありますが話しやすいからと思います。
特別な事情等はありません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

まとまりがなくすみません。


行動回避をしなくてすごしたいのです。


最初に記述した内容で予期不安などの克服は難しいでしょか?


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
難しいと思います。

「ソラナックス朝0.41錠夕方0.2(半錠)頓服でワイパックス0.5を1錠就寝前にデパス0.5を1錠を服用して12年」という処方がまるでありえません。

頭痛で困られている患者様に対して、朝・夕方にノーシン一包、頓服でバファリン、就寝前にロキソニン1錠、というくらい馬鹿げた処方です。
ソラナックスもワイパックスもデパスも、すべて化学的にはベンゾジアゼピン化合物で、脳の同じ場所で、同じように効く同種同効薬です。
全部ソラナックス(もしくは全部ワイパックス、全部デパス)でよいのです。

また、ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。

ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

【向精神薬依存 8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

相談者様が受けられている薬物療法はそもそも薬物療法として破綻していますし、「行動回避をしなくてすごしたい」=「広場恐怖を克服したい」のであれば薬物療法だけではなく、認知行動療法を組み合わせる必要があります。

行動療法的なアプローチを指示もしくは推奨されたことはないのでしょうか?
http://www.cocoro-h.jp/panic/panic_treatment/psychotherapeutic.html
質問者: 返答済み 3 年 前.

服用している薬は猫山先生の言われる通りだと思います。


 


主治医には広場恐怖の事も話しましたが頓服で大丈夫でしょう~と言われそのようにしていました。


(貴方は薬を飲むのも不安のようでが辛いときは薬の力を借り行動しなさい。)


 


苦手な場面も全く大丈夫な時と、ダメな時があり最近では避ける傾向になっているのが現状です。


 


行動療法的なアプローチを指示もしくは推奨はあまりありませんでした。


・・まずは行動してみる、行けるところまで行くとかのお話はりましたが・・


 


 


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

前掲のリンク先にも記載があるように、「予期不安や広場恐怖から生じる回避行動を克服するためには、それまで怖くて避けている状況にあえて挑戦していく必要があります。そのために服薬と併せて認知行動療法を行います」。

つまり、薬物療法だけで受動的に向き合っていても広場恐怖は解消されません。
相談者様ご自身が不安と闘いながらそれを克服しようという積極的な治療意欲が必要になります。
その治療意欲がおありであるのならば、認知行動療法を行っている精神科・心療内科を探されて転院されるべきでしょう(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。

医師だけではなく臨床心理士がいて、カウンセリングも行っている精神科・心療内科の医療機関をお探しになって、受診・相談されることを強くお勧めいたします。

医療機関の情報は地域の精神保健福祉センターで得ることが出来ます。

【全国の精神保健福祉センター一覧】

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html


以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問