JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14344
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

字が書けなくなりました。就職のための履歴書を、書こうとしたら、書きたいのに名前すら書けません。関係のない数字やアルフ

解決済みの質問:

字が書けなくなりました。就職のための履歴書を、書こうとしたら、書きたいのに名前すら書けません。関係のない数字やアルファベットも書けなくなりました。履歴書の締め切りがあり、早く戻りたいのですが、どうすればいいでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①精神科には、いつから、どのような理由で通われているのでしょうか? 診断名と受けられている治療内容を教えて下さい。

②「病院なので相談が出来ません」というのがよくわからないのですが、これはなぜですか?

③字が書けないのは精神科疾患とは別の脳の疾患によるものかもしれません。字が書けない以外に気になっている症状は無いでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.
①昨年の7月から病院通院してます。症状は一昨年6月からです。病名はうつです。投薬エビリファイです。
②大学病院で担当の先生がいつもいるわけでなく、電話しても予約時に相談してくださいといわれます
③噛んだり自分を叩いたりの自傷行為があります。大切に思っている、ゼミの発表や、今回のような第一志望の会社など、下調べや準備を早くから始めていても、文章や、字が書くことができなくなります。このようなことが度々あります。これに対して、先生からの治療や薬は出てません。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「電話しても予約時に相談してくださいといわれます」⇒これは診療所、クリニックでも同様です。

④「噛んだり自分を叩いたりの自傷行為」もうつ病の症状なのですか?

⑤「文章や、字が書くことができなくなります。このようなことが度々あります。これに対して、先生からの治療や薬は出てません」ということは、以前から字が書けなくなることがあって、そのことを主治医もわかっているということでしょうか。

⑥字は、書けるようになったり書けなくなったりを繰り返しているということでしょうか。いつ頃からですか? もしかして、就職に関係がある場合にのみ字が書けなくなるのでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.
④噛んだり、叩いたりの自傷行為は、幼少の頃からありました。
⑤以前から字や文章が書けなくなることが度々ありました。文章を書くのが得意で、そのためには本を何冊も読み、早くから準備をするのですが、自分の考えがまとめれなくなり、字が書けなくなることが度々あります。ひどい時は、字も認識出来ませんでした。今は、思い入れの強い、早く準備している場合に必ずこの症状がでます。一番の悩みですが、先生にお話ししてもそこはあまり重視されなく、気分のうつとした状態、気分の高揚と落ち込みに対して処方されています。
⑥字は、書ける時は書けます。⑤で書いたとおり自分にとって大切な、早くから準備をして資料を沢山集めたりした場合に、よく字が認識できなくなり、書けなくなります。以前は文章を書くことを得意としていたので、悔しく、落ち込みも激しくなります。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様の主問題はうつ病ではなく、ある特定の状況における書字・読字の障害です。
特定の状況でだけ起こり、それ以外の状況では書ける・読めるわけですから、当初想定していた脳の問題である可能性は高くは無いと考えます。

これらは、典型的ではありませんが恐らく身体表現性障害の症状として捉えるべきであると思われます。
http://www.oak.dti.ne.jp/~xkana/psycho/clinical/clinical_21/
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

これらの症状には薬物療法は効きません。カウンセリングを含む心理療法が必要です。
現在通われている大学病院で「字が書けない」ことについて診断も治療もなされず、漫然と薬物療法が続けられるのであれば転院を検討されるべきでしょう。

医師だけではなく臨床心理士がいて、カウンセリングも行っている精神科・心療内科の医療機関をお探しになって、受診・相談されることを強くお勧めいたします。

医療機関の情報は地域の精神保健福祉センターで得ることが出来ます。

【全国の精神保健福祉センター一覧】
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問