JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 739
経験:  鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
76003100
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

90歳の女性。今月になってから夜、玄関の内側にある外灯用スイッチ(暗くなると位置を示すために小さく点灯)が、その位置

質問者の質問

90歳の女性。今月になってから夜、玄関の内側にある外灯用スイッチ(暗くなると位置を示すために小さく点灯)が、その位置から離れて上下左右に1~2m動くことがあります。家の中には、同じようなスイッチ(暗くなると点灯)が幾つか有りますが、それ等は動きません。これは幻覚でしょうか。それとも眼病でしょうか。動かない物が動くように見える経験は初めてです。なお、白内障の手術は3年前にして、今は良く見えます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
初めまして。精神科・心療内科クリニック院長の森野と申します。

幻覚は、見えないものが見えることを言います。
ですので、相談者様の場合は、「その場にあるスイッチが動いて見える」ということですので、見えないものが見えているわけではないので、幻覚とは言いません。

動くはずのないものが動いて見える場合、耳鼻科領域の病気がある場合が多いです。
多いのは、メニエル病などの平衡機能をつかさどる機能の障害です。

耳鼻科を受診されてみられるのが良いと思います。


*追加の質問がありましたら、返信ください。
ない場合は、回答への評価判定を行って下さい。
Dr.morinoをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

Morino先生、ご回答有難うございました。動かないモノが動く現象が、耳鼻科領域の病気の可能性とは思ってもいないことでした。実は、耳は10年ほど前から非常に聞こえにくくなり、現在は強力な補聴器無しでは生活出来ません。若い頃から、耳鼻咽喉は弱かったです。一年中、鼻はグズグズしています。そういった耳鼻の状況と今回の現象とは何らかの関係が有るのでしょうか。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
耳の一番奥、「内耳」と呼ばれる部分には、三半器官という平衡感覚をつかさどる機能をもった部分があります。耳というのは、聴力と平衡感覚の両方のバランスを保っている部分ですので、相談者様のように高度の難聴があったり、副鼻腔炎のような鼻腔の病気があると、
耳鼻領域の内圧に変化が生じ、今回のような、動くはずのないものが動いて見えるといった
一般的な言葉で言いますと「めまい」を起こすことが時折認められます。
もともと、若い時から、耳鼻咽喉科領域は弱かったと記述がありましたので、
弱いところほど、生涯が起こりやすいですので、やはり、今回の現象は、耳鼻領域が関与しているものと思われます。


精神科 についての関連する質問