JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DrAkiraOlsenに今すぐ質問する
DrAkiraOlsen
DrAkiraOlsen, 心理学博士・サイコロジスト
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 0
経験:  慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
46062601
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
DrAkiraOlsenがオンラインで質問受付中

処方薬についてお尋ねします。 現在、ジェイゾロフト100/日、レキソタン2/日、アイミクスLDを1/日 SG顆粒

質問者の質問

処方薬についてお尋ねします。
現在、ジェイゾロフト100/日、レキソタン2/日、アイミクスLDを1/日
SG顆粒/日に2回程度、ユーパン0.5/日に3回
を服用しております。
これに、SG顆粒に変わりカロナール300が処方され、
バルプロ酸200/日に2回
が追加されました。

通院して3年目になるのですが、処方薬が増量を続けているのですが、
症状は平行線のままです。

通院当時はうつ状態からその後、うつ病と診断されましたが、
現在はひどい落ち込みが無く、
慢性的な偏頭痛、不眠ではなく四六時中の眠気、考えがまとまらない、
話が単発的、人にも話題にも興味がわかない、物事に無関心傾向、
いつの間にかボーっとしていることが多く、仕事に集中ができず困っています。
薬の影響かと医師に相談したのですが、ジェイゾロフトを50~100/日の範囲で調整する以外、特に指示がありませんでした。
半月後の相談で、改善したいと伝えたところ、
バルプロ酸が追加され、ジェイゾロフトも減らさない事になりました。

もうすぐ50歳を迎えるのですが、まともな挨拶もできず、
あがり症ですし、緊張からくる逃避(会議欠席)もたまにあります。
30歳台のころは進んで前に立っていた自分が、
年齢を重ねるに、次第に引込み思案になるのがとても恐ろしく感じます。

単にうつ病では無いのでは?と感じます。

処方薬が増え、思考が止まり、精神的にもまるで幼くなる気がして怖いのです。

人それぞれ違う症状なので、当然処方薬も違うと思うのですが、
うつを患った方は、こうして処方薬が増え続けるのでしょうか。

改善の見込みはあるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科

精神科 についての関連する質問