JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14191
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

義理の妹(夫の妹)についての相談です。 高校生ぐらいで意識消失があり、脳波に異常がありてんかんと診断。(現在もデパ

解決済みの質問:

義理の妹(夫の妹)についての相談です。
高校生ぐらいで意識消失があり、脳波に異常がありてんかんと診断。(現在もデパケン内服)
仕事、結婚のよるストレスで5年ぐらい前に解離性人格障害と診断。継続通院せず、家族にも話していない。
去年末から今年に入り精神的不安定さが強くなり、以前受診したクリニックに通う。家族も知っていて通院に付き添うことあり。(レキソタンが処方されるがあまり内服していない)
家族が診断名を知った頃から症状が更に強くなっている印象。
クリニックからてんかんの既往があるので、治らない。と言われ、医師の態度も良くなかった(父親の感想)のでクリニックを変更したいと思っている。(てんかんで通院している病院に紹介してもらうつもり)
本人、家族(私と私の夫以外)はうつ病との認識。解離性人格障害と言われたと両親から私たちは聞いているが、両親も「精神病=うつ病」と考えている様子。
病気は治らないものなのか、家族はどのように対応、関わりをもったら良いのか教えてください。
宜しく御願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

複数の病名がご質問文中に用いられ、また、関係各位の病気の受け取り方のさまざまであるようです。

どなたを対象に、どの病気に関して「病気は治らないものなのか、家族はどのように対応、関わりをもったら良いのか」をお示しすればよろしいのか確認させていただけますと幸いです。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 2 年 前.


猫山先生ありがとうございます。


 


義理妹の解離性人格障害は治らないのでしょうか?


義父からの話ですと、てんかんからきている病気なので治らないと言われたそうです。


 


本人と夫、両親は本人の言動にどのように対応すればいいのでしょうか?


クリニックから周りの人への助言はなかったようです。


母親は本人の言うことに振り回せれているようです。


父親は比較的に客観的に見ているようです。


夫は人事のような所があります。子供がいなければ別れたいと思っているようです。


 


解離性人格障害という診断は本人、家族も聞いていますがが、症状はうつのようなもの、と言う捕らえ方です。


本人から私は鬱だからという内容のメールが私の夫に届き、こちらは解離性人格障害と聞いている旨を返信したらそれ以降連絡がありません。


 


宜しく御願いいたします


 

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、「解離性人格障害」という疾患名はありません。
おそらく解離性障害(この中にも細分類があります)のことを指しているのだと思われますので、その前提で回答を進めます。
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_dissociation.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

解離性障害に関して申し上げれば治る病気です。既往症としてのてんかんの有無は解離性障害が治る・治らないには通常は関係しません(発作がコントロールされておらず、頻発していて、脳の障害が起きているような場合は、下記に挙げる治療が難しくなるという点で難治にはなるでしょうが)。
また、うつ病と解離性障害は全く異なる疾患です。

解離性障害の治療にはカウンセリングを中心とした心理療法が行われる必要がありますし、レキソタンのような精神安定剤はむしろ解離を悪化させます。

診断、治療、疾患知識のすべてにおいて義妹様の現主治医は力不足であるようです。
医師だけではなく臨床心理士がいて、カウンセリングも行っている精神科・心療内科の医療機関をお探しになって、受診・相談されることを強くお勧めいたします。
これはてんかんの主治医に訊いてもわからないと思いますので、義妹様が住まわれている地域を管轄する精神保健福祉センターに「精神保健福祉相談」の形で相談されることをお勧めいたします。
センターは地域の精神科医療機関の情報を把握しています。

【全国の精神保健福祉センター一覧】
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.


猫山先生、ありがとうございます。


 


疾患、治療についてよく分かりました。やはり、クリニックを変更し、本人、家族が病気の本質を考えられるようになればいいと思います。


 


すみません、もう一点教えていただきたいのですが・・・


現在、母親が一番振り回せれているのですが、本人の言動をどのように対応したらいいのでしょうか?


本人の言うこと全てを本人の言うとおりにしたほうが良いのか、常識の範囲内での対応でよいのか、それとも明らかに常識外の訴えなら無視したほうが良いのか。


宜しく御願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

義妹様に関して、どのような症状があるのかほとんど記載されていないので、どのような対処をすればよいのか、助言しかねるのですが……

義妹様は、どのような症状・言動があって、解離性障害の診断を下されたのでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

猫山先生


追加情報で書いていたのですが


 


長女が生まれてからは、夫が夜勤の時に実家に戻ることが多く、母親への依存が強くなる。実家に戻らなくても電話の回数が異常に多い。(電話を切ってもまたすぐかかる)


去年末から今年になり不安定さが強くなる。長女の首を絞めそうになったのをきっかけに、両親がクリニックの受診を薦める。以前通ったクリニックに受診しレキソタン処方。 家族が解離性人格障害という診断名を知る。


その頃から症状が強くなる。夫との喧嘩、暴言、暴力、喧嘩をして包丁を持って車で家を出る(自傷行為はない)。娘に夫が浮気をしていると言う。以前はしなかったお店などへのクレームをする。


 


私達は義父から少し話を聞く程度なので、ここ最近の詳しい状況はわからないのですが、基本的には度を越したわがままに母親は振り回されている状況です。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

追加情報は既読でしたが、そのご記載からは解離性障害という印象は持ちませんでしたので、確認させていただきました。

「母親への依存が強くなる。実家に戻らなくても電話の回数が異常に多い。(電話を切ってもまたすぐかかる) 去年末から今年になり不安定さが強くなる。長女の首を絞めそうになったのをきっかけに、両親がクリニックの受診を薦める。以前通ったクリニックに受診しレキソタン処方。 家族が解離性人格障害という診断名を知る。その頃から症状が強くなる。夫との喧嘩、暴言、暴力、喧嘩をして包丁を持って車で家を出る(自傷行為はない)。娘に夫が浮気をしていると言う。以前はしなかったお店などへのクレームを」という状態に対して解離性障害の診断が付けられたのですか?

義妹様はこうしたご自分の言動を覚えていなかったりするのでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

猫山先生ありがとうございます。



解離性障害の診断自体は30歳ぐらいの最初の受診の時のようですが、その時は特に精神的に不安定な様子はありませんでした・・・。


 


現在の言動を覚えているのかは不明です。


この辺の言動は病気と言うより性格なのでしょうか?


 


私が知りあった頃からすると、性格の変化だけではない気がしたので・・・

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

前掲のリンク先(厚労省のサイト)をご覧になればおわかりになっていただけると思いますが、解離性障害に属する疾患は、基本的にすべて健忘を伴います。
それはこの疾患の特質が、「逃避」だからでしょう。ストレスへの不適切な対処方法として別人格になったり、遁走(行方不明になる)したりしますが、その間の責任はとりたくないので患者は記憶を失くします。

義妹様が不適切な言動について記憶を保たれているのであれば、そもそも解離性障害という診断からして間違っています。

うつ病でも性格変化と思われるような変化は起こりますし、他の精神疾患を発症している可能性もあります。
実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんし、治療法やご家族の接し方は診断によって大きく異なりますので、診断がはっきりしていないのであれば、この場で接し方をお示しすることは困難……と申しますが、するべきではないと考えます。
例えば、うつ病の患者様に対して、解離性障害の患者様に対して用いる接し方とすれば、病状を大きく悪化させるからです。

もっとレベルの高い(普通のレベルの)精神科医療機関にかかられて、診断や治療方針、ご家族の接し方などについて直接指導を受けられるべきでしょう。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14191
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他2 名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問