JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在甲状腺の悪性転移の治療中です。数回のヨード治療を受けました。 最近体の異常なだるさ 何もやるきがなくひがな床の

解決済みの質問:

現在甲状腺の悪性転移の治療中です。数回のヨード治療を受けました。
最近体の異常なだるさ 何もやるきがなくひがな床の中で過ごしております。
食欲もありません。また悪寒がひどく 今キーボードを打つ手も震えております。また何か口にしますと突然体がほてり 全身から発汗します。
先般かかりつけの千葉がんセンターで血液検査を致しましたが悪いところはありませんでした。
うつ病の症状等に似ているような気がします。
ご診断の程宜しくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

まず、これに関して確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミングによっては、回答が少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

うつ病チェック度結果


点数 20点


うつ病重症度 重度


 


睡眠に関してはネルボン等の眠剤を使用しております。


オキシコンチン オキノームを服用


空腹感はありますが食欲がありません。


体重はゆるやかに減少しつつあります。


よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

確かに看過すべきではないレベルのうつ症状が認められているようです。

甲状腺の主治医にこの件について相談されたことはおありでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

先般の受診の際に 主治医の先生に症状等を聞いていただきましたが その際採血しました結果が良かったものですから 主治医の先生は首をひねるだけで試しに鎮痛剤の服用を少し控えめにしたらどうかというご意見でした。


帰宅してから もしかすると自分はうつ病ではないかと思いが至り 今回ご相談した次第です。


うつの症状が肉体的に此れほど影響があるとは思いも致しません出した。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。

心身相関と申しますか、うつ病によって身体症状が強く感じられ、また身体症状のためにうつ病を呈する・悪化することはしばしばございます。
また、うつ病に伴う種々の多彩な身体症状を伴います。

相談者様の場合、悪性の疾患、それも精神状態に影響を及ぼしやすい甲状腺の疾患をお持ちですので評価は慎重であらねばなりませんが、主治医が、相談者様の現在の状態を恒常性疾患によるものとしては説明できないと考えられているのであれば、やはりうつ病合併の可能性を考えなければならないでしょう。

行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける20点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、とにかく早急な治療を 要すると判断される結果です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

甲状腺の主治医に相談され、現在の相談者様の精神状態・身体状態が甲状腺疾患だけでは説明が付かない旨の紹介状を作成していただいた上で精神科・心療内科を受診されることをお勧めいたします。
眠剤はある程度、対症的にはうつ病に有効ですが、抗うつ薬を中心とした薬物療法と、カウンセリングのような精神療法が必要な状態である可能性が高いと判断されます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問