JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14313
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

73歳の主人が躁病になり、今入院しています。緑内障があり、緑内障に影響のないお薬を投薬していただいてます。先生から緑

質問者の質問

73歳の主人が躁病になり、今入院しています。緑内障があり、緑内障に影響のないお薬を投薬していただいてます。先生から緑内障発作の恐れもあるとも言われました。入院して13日になりますが、あまり変化がありません。入院時の脳のCTでは、脳の前と横に萎縮が診られると言われました。
本人は保護室が辛く早くだして欲しいと毎日言います。
私としては直ってから退院してほしいのですが、主人の年齢を考えますと、もう少し落ち着いたら退院させたいと思いますが、ご意見をお聞かせ下さい。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

インターネット相談では、実際にご主人の現在の状態を診察できませんので、「もう少し落ち着いたら」と申されましても、どのくらい「もう少し」なのかがわかりかねます。

少し補足情報を下さい。

①具体的にはどのような状態になったら退院させたいとお考えなのでしょうか?

②ご主人の入院形態は医療保護入院ですか?

③主治医はこの件についてどのような見解を示されているでしょう?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミングによっては、回答が少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.


保護室から出られたら、退院させたいと思ってます。


医療保護入院です。


主治医にはまだ相談していません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

④ご主人が躁状態を呈したのはこれが初めてですか? どういう状態がどれくらい続いてどのように入院になったのでしょう。

⑤保護室から出てすぐの状態のご主人をご自宅で見て、規則的に服薬もさせ、通院もさせることは可能でしょうか。仮に主治医から、「保護室から出てすぐの状態で退院させることは勧められない。どうしてもというなら退院していただいて構わないが、『やはり家では診きれないのでまた入院させて欲しい』と言われても困りますよ(再入院はさせませんよ)」と言われても「はい」と答えられる自信がおありでしょうか。

⑥ご家族には相談されましたか?

⑦CT検査所見から、前頭側頭型認知症の可能性があるという指摘を主治医からは受けていませんか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.


躁病になったのは初めてです。1ヶ月位続いて入院させました。


自宅での服薬、通院は可能です。ただ再入院が出来ないのは自信がありません。


前頭側頭型認知症の可能性の指摘はうけました。


娘達にはまだ相談していません。


 


このまま認知症になる可能性が大きいなら、自宅に戻らせたいと考えてます。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

医療保護入院であれば、この場合は相談者様が法的保護者になられているのでしょうから、相談者様がご主人を退院させたいとご希望されるのであればそれを止める権利は誰にもありません。

結局のところは、相談者様の覚悟次第ということになります。

ただし、私の個人的見解としては、保護室を出た時点での退院はお勧めしません。

躁うつ病の躁状態において保護室を必要とするような患者様の場合、一般的には、保護室⇒閉鎖病棟の個室⇒閉鎖病棟の大部屋⇒開放病棟⇒自宅への外出や外泊⇒退院、という順番で治療が進みます。
それを四段飛ばしにして退院させたとして、ご自宅でご主人を看ることは相談者様にとって非常な困難となるでしょう。

相談者様のようなご家族は一定割合おられます。
保護室にご家族が収容されているのが可哀そう、閉鎖病棟への入院は不憫、という理由で、治療の途中で医療保護入院を解き、患者様を退院させてしまいご家族です。
これは、外科の治療に喩えれば、お腹をメスで切り裂くなんて可哀そうだといって、手術のために入院したご家族を退院させる行為と変わりがありません。

何よりそれは患者様の不利益になります。
医師も、人によっては、退院後の悪化時の再入院に難色を示すでしょう。これは、感情的な問題では必ずしもなく、医療保護入院という治療的な枠組みを守れないご家族は、疾患や治療方針の理解が不十分であると見做されるためでもあります。
診療拒否はできませんから、ご主人が退院後に病状を再燃させたとしても、「その可能性があるとわかっていて退院させたのはあなたでしょう?」と言われて、外来治療(投薬)だけが継続される可能性が決して低くはないのです。

ご主人が保護室にまで収容されるような躁状態で、しかも弱いお薬しか使用できない状況で、保護室から出たとたんに退院というのはその意味でのリスクも高いとご理解ください。以後、必要な治療が受けられなくなるかもしれないのです。

仮に躁状態ではなく、ご主人が前頭側頭型認知症を発症されていた場合、経過は、悪化の一途を辿るでしょう。
前頭側頭型認知症がどのようなものがわかっていて「認知症になる可能性が大きいなら、自宅に戻らせたいと考えて」おられるのであれば、これもまた相談者様のご覚悟次第です。
http://www.kikuchi-nhp.jp/pdf/monowasure_gairai/monowasure_gairai2.pdf
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

私としては、躁状態だとしても、本来の段階を経て、治療による症状のコントロールがなされた後での退院をお勧めいたします。
また、前頭側頭型認知症との鑑別も入院中に行われるべきです。

主治医、ご家族とよくよくご相談の上、結論を出されるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

精神科 についての関連する質問