JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DrAkiraOlsenに今すぐ質問する
DrAkiraOlsen
DrAkiraOlsen, 心理学博士・サイコロジスト
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 0
経験:  慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
46062601
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
DrAkiraOlsenがオンラインで質問受付中

幼少時より自閉性スペクトラム・ADHD・LDの診断を持つ20歳の息子です。小学生の頃は、緊張すると固まりしゃべれなく

質問者の質問

幼少時より自閉性スペクトラム・ADHD・LDの診断を持つ20歳の息子です。小学生の頃は、緊張すると固まりしゃべれなくなる→中学年 パニックになり家を飛び出し,数十km離れたところまで歩いたり走ったりして見つけることが難儀する。(週3~4回)本人はその距離や何処へいっていたか,何をしたか記憶にない。→高学年・中学生→パニックになると,ものを壊す(家具・窓)。母の私への攻撃:自分が分からないといっていた。→高校から現在:自殺未遂(年1~2回)首吊り・睡眠薬の服薬と首吊り: ボーとしていて何を考えているか分からないが、死にたくなる。自責することが重なると過去の事が一気にフラッシュバックしてその怖さから逃げたいと思うと自分が消えるしかないと思う。その結果自殺しかないと考えたことがきっかけで,今は、無意識にそうした状態の時に行動をしてしまっている。と本人の言葉。また、自分がいくつもの人間に分裂しているような感じがいつもしている。と言っている。それも自分が嫌で、消えたい=死にたいと。 精神科では、ストラテラを処方。自閉性の独特の考え方を、修正・自分で整理するために、母親である私が本人から相談を受ける度に、話を聞いているが、そのこと自体も本人には、親から精神的に独立できないと自責の原因にもなっている悪循環。急なときに予約無しで駆け込める精神科・心療内科が地域にはなく(全て完全予約制)、とっぱつてきなときにまに合わない状態。 どのような対応を本人に勧めたらよいのか?母親の私がこのような支援者であることはこの年齢の息子にとってかまわないのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科

精神科 についての関連する質問