JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

母親のことで悩んでいます。 父親が3年前に他界し、一人娘の私と一軒家に住んでいます。 ここ最近、体の不調

解決済みの質問:

母親のことで悩んでいます。

父親が3年前に他界し、一人娘の私と一軒家に住んでいます。

ここ最近、体の不調を訴えるようになり近くの総合病院に診てもらっていますが、
大腸検査、エコー検査、CT、胃カメラなどの検査をしましたが、医師からは
「どこも悪い所はないですね」と言われるそうです。

母親は、おならがよく出たり、胃の上がつっかえたり、腸の音が頻繁に聞こえると言います。
そして、その症状は薬を処方されても、体調は変わらないと言うのです。

病気の見落としではないか。違う病院に診てもらったほうがいいのではないか。と言うのです。

病気が分かればすっきりすると言って、まるで病気であることは確定のようなのです。

そして母親自身、情けなくなり、泣くこともしばしば。とても暗いです。

私が結婚もせず母親を安心させてあげられなかったことが積もり積もって、このようになってしまったと考えています。
インターネットで母親の症状を調べると、「仮面うつ病」が当てはまるような気がします。

先生はどのようにお考えですか?教えてください、よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、お母様が呈されているのは「心気症」である可能性が高いと思います。
http://matome.naver.jp/odai/2136799609515141201

現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)における心気症の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

【診断基準】
1. 頭痛や胃痛といった、ささいな心身の不調を誤って 解釈し、「重い病気にかかるのではないか」または「重い病気にかかっている」と思いこんでいる。 検査などで医学的に違うことが明らかになっても、考えを変えられない。
2. 1の確信は妄想のような頑固さはない。また、醜形恐怖のように、 外見についての心配とは限らない。
3. 1のように確信しているために強い苦痛を感じていたり、社会的、職業的、 そのほか重要な場面で支障がある。
4. この状態が6ヶ月以上、続いている。

いわゆるドクターショッピングのもとになる疾患の一つであり、多くの診療科の医師がこの病気を知っています。

この疾患の治療については標準的なやり方は定まっていませんが、例えば私ならば森田療法的アプローチをとることにしています。すなわち、
①基本姿勢は「不安があっても普通の生活」。つまり、身体の病気に関する不安があっても、学生ならば学校に休まず通って勉強し、会社員なら会社に行って仕事をする。家に引きこもっていると自分の身体に意識が向きやすくなるからです。
②精神科主治医の許可なく病院受診はしない(マッサージ等も含みます)。しかしそれで仮に身体疾患が見落とされた場合でも患者様ご自身の自己責任。他科受診は、身体疾患を有しているかもしれない、という不安を増強する結果になります。
③①や②が守れない場合は治療終結もありうる。
というのが治療方針ということになります。

ともあれ、精神科受診をお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

お返事ありがとうございます。



6ヶ月以上はまだ続いていないんですが、年齢は65歳で仕事はやっておらず


家にいます。



世間の目が気になるということで、昼間に散歩することも嫌がります。



ずっと家にぽつんと一人でいる状況で、熱中できることがないのです。



私は、母親が満足するまで、たくさん病院行って、検査を何度もして、健康であることが証明してもらえれば十分なのかなと思いましたが、



やはり精神科受診をした方が賢明な判断なのですね。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
身体疾患が無く、お母様が肉体的には健康であるという前提で申し上げれば、「たくさん病院行って、検査を何度もして、健康であることが証明」すればするほど心気症は悪化します。


6ヶ月以上はまだ続いていないんですが、年齢は65歳で仕事はやっておらず

家にいます。

世間の目が気になるということで、昼間に散歩することも嫌がります

ずっと家にぽつんと一人でいる状況で、熱中できることがないのです。
⇒これは高齢者の心気症患者様に多く認められる状況で、外界との接触が無いため、自分の身体の内側にばかり注意が集まるようになってささいな不調が気になり、そのためになおさら外に出ていかなくなるという悪循環を呈します。

精神科を受診するだけではなく、外に目を向けられるようになるためにご家族がサポートしてあげることも必要かもしれません。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問