JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

確実にやってくる先に起きるであろう不幸(両親の死やペットの死)に過度に不安に陥り、考え始めると、メンタルがこんな状態

解決済みの質問:

確実にやってくる先に起きるであろう不幸(両親の死やペットの死)に過度に不安に陥り、考え始めると、メンタルがこんな状態になってしまったことに対するショックやそれにより食欲が落ちることで、ますます精神的に悪循環に陥り、何をしても落ち着かなくなり歩き回ったりが続き、ついに心療内科に1月4日に初診でかかり、その際、レキソタン2mgとパキシルCR12.5mgを処方されました。レキソタンは頓服薬で長期服用には危険があると聞かされていたので、一日1錠を正午に1回(医師の指示は一日朝昼夜3回だったのですが1回で十分に効いてくれたので…)、パキシルは処方通り夕食後に1錠飲んでいます。
両方飲んでいれば非常に安定しており、以前の自分に戻れます。しかし、3週間目の1月25日から、パキシルだけでとりあえずやってみようと思い(頓服のレキソタンは長期は危険を思い出し…医師からもそれで調整出来たらパキシルだけでもいいですよと言われていたので)4日間位は順調だったのですが、1月29日夜、ペットの死を考え始めたらまた落ち込んでしまい、レキソタンを併せて飲んでいます。
それ以来、パキシルCRだけでは不安で、レキソタンを併用しないと、レキソタンが切れる時間になる頃に飲むべきか、飲まないで耐えるべきかを迷いはじめ気分が落ち着かなくなって結局レキソタンを飲むことになります。
そこで質問なのですが、もう1か月を過ぎていますが、パキシルCR12.5mgとレキソタン2mgの一日一錠ずつはこのまま続けても大丈夫なのでしょうか?
頓服のレキソタンの長期服用による恐ろしい副作用(以前より悪くなるなど)が起こっきたり効かなくなるなどに現象が出てくるのではないでしょうか?
本当にお忙しい所恐縮ですが、ご回答いただけたら幸いに存じます。
ちなみに55歳の男性警備業従事者です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①心療内科で告げられた診断名を教えてください。強迫性障害(強迫神経症)でしょうか?

②ご質問は、
> そこで質問なのですが、もう1か月を過ぎていますが、パキシルCR12.5mgとレキソタン2mgの一日一錠ずつはこのまま続けても大丈夫なのでしょうか?
> 頓服のレキソタンの長期服用による恐ろしい副作用(以前より悪くなるなど)が起こっきたり効かなくなるなどに現象が出てくるのではないでしょうか?
の2点だと理解してよろしいでしょうか?
強迫性の強い患者様のエンドレスな確認に応じるのは病状に悪影響を及ぼしますので、最小限の質疑応答で終えたいと思っております。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

①への返答…診断は不安神経症だったと思います。


②への返答…その通りです。その2点がお聞きしたい点です。


 


宜しくお願います。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> そこで質問なのですが、もう1か月を過ぎていますが、パキシルCR12.5mgとレキソタン2mgの一日一錠ずつはこのまま続けても大丈夫なのでしょうか?
パキシルCR(成分名:パロキセチン)の用法・用量は「通常、成人は1日1回夕食後、初期用量としてパロキセチン12.5mgを経口服用し、その後1週間以上かけて1日用量として25mgに増量する。なお、年 齢、症状により1日50mgを超えない範囲で適宜増減するが、いずれも1日1回夕食後に服用することとし、増量は1週間以上の間隔をあけて1日用量として 12.5mgずつ行うこと」です(http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179041.html)。
パキシルCR12.5mgでは有効用量ではありませんので、これを増やしてもらうべきでしょう。
一方で、レキソタンは下述の通り耐性・依存性がありますので連用されるべきではありません。

> 頓服のレキソタンの長期服用による恐ろしい副作用(以前より悪くなるなど)が起こっきたり効かなくなるなどに現象が出てくるのではないでしょうか?
レキソタンを含む精神安定剤は、化学的にはベンゾジアゼピン化合物に属する薬物です。

ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

【向精神薬依存 8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

よって、このお薬を「頓服」で処方した主治医はこのお薬の特徴をよく理解されていると思います。
レキソタンの連用によって、病状が悪化することはありませんが、耐性はできますので、現在と同じ量のレキソタンでは効果が得られなくなるリスクはあります。

結論としては、パキシルを増量し、レキソタンはあくまで頓服薬として使用されるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問