JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 739
経験:  鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
76003100
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

統合失調症の弟(40才台)の事でご相談させてください。(長文で失礼します) <背景> 弟は大学受験に失敗した後

ユーザー評価:

統合失調症の弟(40才台)の事でご相談させてください。(長文で失礼します)

<背景> 弟は大学受験に失敗した後、お金を貯める為、宿泊施設付の工場で仕事をしていたのですが、いじめを受け精神状態がおかしくなり、会社から連れて帰ってほしいと連絡を受けて、両親が迎えにいきました。  それ以来、ずっと親もとで家業を手伝っていました。

実家に戻ってきてからも、2回自殺未遂がありました(10~20年前)。  病院は、最初の自殺未遂の際、一時入院したのですが、すぐ出てきてしまい通ってませんでが、2年前から一度見てもらった方がいいと私が説得し、今は、月一回通院するようになりました。 統合失調症との診断で、今は安定期だと言われています。  

本人には、先日私が実家に帰った際、〝まんがで理解する統合失調症”といった本を渡して、この病気である事、一生うまく付き合っていかないといけない病気であるけれでど、今は安定期である事を伝えました。

<ご相談> 数年前父親が他界した為、家業を清算せざるおえなくなり、弟には、残っ小売店を任せていました。 同居する他の家族の話によると、今でも会話が時々かみ合わず、どちらかというと無口なのですが、お店ではお客さんとも最低限のコミュニケーションはとれ、自分のペースで仕事をこなしているようで、会計からすべて一人でやっています。  もし外で働くとなると会話が出来ないちょっと変わった人扱いを受けるかなと言っています

今回の相談は、この小売店を閉めた時の弟への影響です。

この小売店が昔からずーっと赤字で、今までは赤字補てん(年間40~50万円)しながら続けてきましたが、閉めたいのです。  が、そうすると弟が働く場所がなくなる上、外で働いて、以前のような状態になるのではないかと非常に心配で、最後の最後で躊躇してしまいます。

弟は感情が顔に出ないのでわかりませんが、言葉では閉める事に同意しています。ですが、仕方がなかったとはいえ結果として、事業を取り上げ、今度はお店を取り上げる事となります。 

今まで居心地が良かった職場を取り上げる事が、病状に悪影響を与えるのではないか、年間50万円の為に弟の命に何かあってはと思う反面、外の世界に出たらまた出会いがあり、良い方になる可能性もあるかもしれないとも思います。 

アルバイトを探しつつ、見つかるまでお店を続けると去年1年様子を見てみたのですが、やはりお店に依存する事となりうまくいきませんでした。 

本人は大丈夫とは言いますが、外で仕事を見つける努力をといっても年齢もあり、不採用通知の連続で普通の人でもつらい思いをする事に耐えていけるのか、見つかったとしても外でやっていけるのか、不安です。  生活は母親の年金でなんとか生活をしていけるものの、これから狭い家で家に閉じこもる事になるのでどういった影響があるのかもわかりません。

一般的なお話で結構です、(私が退職する今後10年間)このような状態でお店を閉めても、本人がやっていけるのか専門家のご意見を伺いたくご相談させていただきました。

どうぞよろしくお願い致します
初めまして。精神科・心療内科クリニック院長の森野と申します。

弟さんですが、
外の社会で、いじめにあわれ、それが原因で、精神的な病気になっておられますね。
この場合、弟さんの中に、外の社会への恐怖心があるかと思います。
口には、出されなくても「また、いじめられないだろうか?」との思いは、あるかと思います。

そういう思いもあり、家業に依存している部分もあるように思います。
もう、あのような思いは、したくない。
自分を守るために、安全な家業に執着しておられる部分もあるように思います。

状態も安定し、家業であれば、働くことが可能なのは、
弟さんの中に、安心感があるからかもしれません。

今回、お店の方が赤字のため、閉めたいとの事ですが、
弟さんは、大丈夫と言っては、おられるようですが、
内心は、不安かと思います。

お店を閉めれば、必然的に、外の社会で働かないといけなくなります。
過去の事が弟さんの中で、蘇ってしまい、不安感から、
病状が不安定になる可能性が高いように思います。

辛い思いをした経験は、忘れることができません。
まして、そのことが病気を発病する原因となれば、
弟さんが受けた精神的ストレスは、かなりのものであったと思います。

お店が、赤字で、閉めなければいけないことを弟さんは、理解しておられるのでしょう。
だから、自分の不安は、抑え、大丈夫と言われたような気がします。

最終的には、外の社会で働いてみなければ、分からないことでは、ありますが、
去年のバイトが、上手く行かなかったことを考えると、
最初は、弟さ外の社会で働くことは、弟さんに、精神的ストレスを溜めさせてしまうように思います。
特に、弟さんは、会話が苦手なようです。
このような方の場合、ストレス発散も苦手という傾向があり、
外の社会で起こる様々な出来事を処理できず、心の内に溜め込み、
ある日、限界がきて、病気の悪化という形をとるケースは、多いです。

お金のこともあり、弟さんのことばかり言っては、いられないかもしれませんが、
精神科医の立場から、申し上げるて、弟さんの働く場所である、お店がなくなるのは、
弟さんの病気のことを考えると、あまり良くないように思います。





Dr.morinoをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
回答は、見られましたでしょうか?


ご不明な点や追加の質問がありましたら、返信下さい。
ない場合は、今回の回答が、参考になったかどうか評価判定して下さい。

お願いいたします。

精神科 についての関連する質問