JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私60歳、妻54歳、次男27歳、母85歳、で4人同居です。母の妄想についてご相談です。 2~3年前から妻がへやに入

解決済みの質問:

私60歳、妻54歳、次男27歳、母85歳、で4人同居です。母の妄想についてご相談です。
2~3年前から妻がへやに入ってきて何か持っていくと愚痴をこぼすようになりました。妻に確認すると部屋が散らかっていたので片付けはしたが、そんなことしていないといいます。それからは私が、片付けるから妻には母の部屋に入らないようにしました。にもかかわらず、今日また妻が引き出しから服を持っていったといわれましたが、妻は、昨年からパートに出ていてそれ自体不可能です。妄想ではないかと母に言っても聞き入れません。認知生の薬を飲むと落ち着くということも聞きましたが、病院にかかる前にご相談できればと思い投稿しました。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
かつては老人率が日本一の市の市立病院で神経内科兼任で3年間勤務し、ご高齢の患者様をたくさん診てきた経験があります。

お母様の診断については、いわゆる「老年期精神病」という診断がもっともしっくりくるであろうと思われます。
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10210200.html

お母様が呈されているのは、「物盗られ妄想」という、高齢者の妄想としては典型的なものです。

老年期精神病自体は単独の疾患ではなく、認知症とまったく関係がない妄想性障害の場合もありますし、認知症の初期症状である場合もあります。
お母様の場合は、認知症についてはかなり検査を受けられていないということですから、現時点では、認知症の初期と妄想性障害両方の可能性を考えられておくべきでしょう(認知症のお薬を服用することで落ち着くのは、お母様の物盗られ妄想が認知症の症状だった場合です)。

まずは診断を確定したうえで、それに即した治療を行っていく必要がございます。
理想的には、老年期精神医学の専門施設を受診していただき、診断について検討がなされるべきでしょう。
下記のサイトから、日本老年精神医学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、レベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設】
http://184.73.219.23/rounen/H_sisetsu/r-H.htm

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問