JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 739
経験:  鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
76003100
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

はじめまして。 統合失調症患者に対する家族の対応について悩んでおりアドバイスを頂ければ幸いです。 私の兄は現在4

解決済みの質問:

はじめまして。
統合失調症患者に対する家族の対応について悩んでおりアドバイスを頂ければ幸いです。
私の兄は現在42歳で、約20年間、精神的な病を患っており、現在精神病院 に入院しております。
主治医の話では典型的な統合失調症との診断です。
兄はもともと非常に真面目でおとなしい性格ですが、大学生であった20歳ごろに大学でイジメを受けたことが原因で、急に大声を出したり、物をたたく等、他人では理解できない行動を行うようになりました。
特に他人に対する被害妄想・敵対心が強く、「あいつが俺を馬鹿にしている」など周囲に敵意を持つようになり、家族に対しても例外ではありません。
約20年間で2回精神病院に入院しており(入院期間は数ヶ月)、今回(昨年の11月末から)は3回目の入院になります。
又、病院に対しても敵意を持つことから、今まで2回、かかりつけの病院を変えており、今回が3つ目の病院になります。
3回目の入院については、幻聴・幻覚により全く関係のない第三者に迷惑をかけこと、及び家族では抑えることができない危険な状況となったことにより、保健所・警察・病院に相談の上、警察に兄をかかりつけの病院へ連れていく手伝いをしてもらい、ほぼ強制入院に近い状況でした。
兄は未だに自分は病気ではないとの認識であり、病気の原因はカルト集団からの洗脳であり、親戚や病院までもカルト集団の一味であると疑っています(本人の頭の中では一つの空想が出来上がっています)。
現在、本人に病気であることを認識させる為に、現実的でない空想の原因は幻聴・幻覚によるものであり統合失調症の症状の一つであると懸命に説得しておりますが、「自分を理解してくれない」と非常に感情的になり、入院している状況でありながら兄は私を含む家族に対しても敵意を持っている状況であり、兄と家族の信頼関係が崩壊しつつあるのではないかと懸念しております。
兄は病のため幻聴・幻覚は本気で「統合失調症ではなくカルト集団からの洗脳」と思っておりますが、こういった場合は兄に対して、兄が逆上しないようにある程度同調したほうがいいのでしょうか?
又は本人に病気であることを認識させる為に本人との信頼関係が多少壊れても粘り強く説得したほうがいいのでしょうか?
アドバイス頂ければ幸いでございます。
何卒宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

初めまして。精神科・心療内科クリニック院長の森野と申します。

 

お兄様が統合失調で、幻覚、妄想が強く、ご家族の方に対しても敵意を示されておられるとのこと。

そして、全く、ご自身が病気という認識がないことで、

ご家族の方が、どう接してよいか困っておられ、接し方についてのアドバイスという質問という意図と解釈しましたが、よろしかったでしょうか?

 

まず、統合失調についてですが、

お兄様は、典型的な統合失調ということですので、

お兄様に病気の認識があることはなく、また、今後も、持たれることはないと思います。

典型的な統合失調症では、「病識の欠如」ということが、1つの特徴です。

 

このことから、統合失調症の症状として現れる幻覚・妄想についても、

当然、お兄さまの中では、幻覚・妄想という認識はなく、事実として捉えられています。

簡単に言いますと、傍から見れば、完全に妄想と分かる内容ですが、

お兄様は、事実だと思っておられ、否定する周囲の方が「おかしい」と思っておられます。

 

ですので、お兄様が言われる内容に関して、たとえ、事実とは、ほど遠い、お兄様の妄想であることが明らかであったとしても、同意する方が、お兄さまの状態は、安定しやすいです。

逆に、否定することにより、「自分を理解していない」「自分を精神異常と思っている」などと、被害妄想を強める結果になり、家族の方も含めた周囲への不信感が強まり、

状態は、不安定化します。

 

「統合失調症ではなくカルト集団からの洗脳」

あきらかに妄想ですが、否定はせず、同意する方がよいと思います。

ただ、治療の継続は必要ですので、

お兄様の発言に同意しながら、治療を促す方向で接されるのがよいかと思います。

 

たとえば、

「カルト集団から洗脳されてしまった」とお兄さまは思われておられるますので、

「カルト集団からの洗脳を取り除くために、今、病院に入院して、治療を受けている

治療を続けることにより、カルト集団から受けた洗脳を取り除くことができる」

といったように同意されるのが良いかと思います。

 

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

 


丁寧且つ迅速なご回答誠にありがとうございます。


追加で状況説明をさせて頂きます。


兄は約20年間統合失調症を患っておりますが、3回目の入院前から現在に至るまで状況が非常に悪化しており、第三者に被害が及ぶ可能性がある程、妄想が固定化してしまっております。


兄の妄想は、「自分はカルト集団に洗脳されている」


「洗脳から開放される為には、カルト集団の黒幕を始末しなくてはいけない」


「病院もカルト集団の一味であり、自分を洗脳から解放しないよう薬付けにしている」


「洗脳から解放されるためには、自分が通っていた大学の先生や親戚の数人を始末しなくてはいけない」


という状況になっております。


事実、3回目の入院前は自分の出身大学へ深夜出向き、守衛室へ凶器と脅迫文のようなものを渡し、警察及び大学関係者に迷惑をかけてしまいました。


今まではある程度、本人の妄想に同調していたことから、私を含む家族に対する敵意はありませんでしたが、近頃、本人の先述した妄想が確信的なものとなり、第三者に迷惑をかける可能性がより一層強くなった状況です。


「カルト集団からの洗脳を取り除く為に、今、病院に入院して、治療を受けている


治療を続けることにより、カルト集団からの受けた洗脳を取り除くことができる」


という説得は全く通用しません。


本人が唯一の治療法を上記の通り「洗脳から解放されるためには、自分が通っていた大学の先生や親戚の数人を始末しなくてはいけない」と答えを出しているからです。


又、本人は現在入院している状況を「カルト集団の一味である病院に捕まっている」という認識であり、根本的な被害妄想がより一層強くなってきております。


長々と状況説明を勝手に記載し、誠に申し訳ございません。


 


質問したい内容は、このような状況(①本人に同調することにより本人の現実離れした妄想がより一層固定化される、②妄想により現実的に第三者に迷惑のかかる事件・事故となる可能性が高い)でもある程度同調したほうがよいでしょうか。


アドバイス宜しくお願い致します。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

追加の情報提供ありがとうございます。

お兄様の妄想は、

「カルト集団の一味である病院に捕まっている」

「洗脳から解放されるためには、自分が通っていた大学の先生や親戚の数人を始末しなくてはいけない」

まで進行し、しかも、実際に、行動をおこされる状態にまで進行しているのですね。

 

そういう状況とは、わからず、失礼いたしました。

 

このような状況下でも、ある程度は、同調する方が良いと思います。

確かに、同調することで、「自分は正しい」との認識を強化するかもしれません。

が、同調しなければ、より一層、周囲への不信感が強まり、妄想の進行につながるかと思いますし、妄想であると否定したとしても、今のお兄様の状態であれば、受け入れることは、不可能かと思います。

逆に、感情的になられ、実際の行動に移る危険が増すようにも思います。

 

ただ、問題は、病院をカルト集団の一味と考えておられる点です。

これでは、病院への信頼は、全くなく、治療も困難を極めていることでしょう。

 

ですが、1つ疑問なのが、治療を受けておられた割には、妄想が進行しすぎ、

状態が悪化しすぎのように思います。

通常、適切な治療を受けることにより、妄想は、ある程度、緩和し、症状も軽快してくるのですが、お兄様の場合は、逆の経過をたどっているように思います。

 

この点について、主治医の先生は、どのように言っておられるのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

 


ご回答誠にありがとうございます。


仰るとおり、根本的な症状は悪化しております。


主治医は兄が現在のように悪化したのは、まず、兄が20歳頃の初期の段階で適切な処置ができなかったこと、及び、自宅での長期療養中に本人が病院及び主治医を信用していない為(カルト集団の一味と思っている)、出された薬を家族にも気付かれないように飲んだふりをして、飲んでいないことが原因ではないかと申しております。


事実、兄と同居している両親も毎日十分に注視はしていても、100%管理することは難しく薬を飲んだふりをしているのではないかと日々疑っておりました。


尚、本日、入院している兄に両親と共に面会に行ったところ、主治医より効果が1ヶ月間効くという「ゼプリオン」を本日より投与する旨の提案を受け、兄を説得し同意いたしました。


今後については、「ゼプリオン」を投与したタイミングで、兄の精神が安定している状況下であれば、兄の妄想が妄想であることを説くことも必要であると思うのですが、兄との信頼関係が崩壊しない程度で本人に病気であることを粘り強く説得しようと考えておりますが、やめたほうがいいでしょうか?


個人的には極端な話、「カルトからの洗脳を脱するために他人を殺していいか?」と聞かれた場合、安易な態度は控え、毅然とした態度を示す必要があると考えております。


両親も70歳を超えており、私自身も焦っており、何度も同じような質問を繰り返し申し訳ありません。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

ゼプリオンは、確かに、今のお兄様の状態であれば、月1の投与で済みますので、良いかもしれませんね。

 

薬の効果は持続し、薬を投与される機会が減れば、お兄さまの「薬漬け」という考えも和らぎやすいでしょうから。

 

この薬の投与によって、お兄さまの状態が少しでも安定した期間ができれば、その時が、妄想を否定する機会だと思います。

状態が安定するということは、お兄さまの中で、他人の言葉を受け入れる余地も生まれやすいでしょうし、自分が病気という認識も生まれやすいですから、その時をもって、妄想であること説明されるのは、良いと思います。

 

「カルトからの洗脳を脱するために他人を殺していいか?」

に関しては、これは、否定すべきことと思います。

 

基本的に、統合失調症の重度の状態では、同意するしかないのですが、

「人を殺す」といった内容は、別です。

これに同意してしまうと、実際、行動を起こされる可能性が高くなります。

ですので、この質問を言われた際は、信頼関係、不信感、とか関係なく、

全面否定してください。

「殺すことでは、解決しない。カルトの洗脳は、妄想。」と言っても構いません。

相談者様のお考え通り、毅然とした態度で、否定してください。

 

*相談者様が謝られることは、ありませんよ。

統合失調症で、妄想が強く、特に他人への危害の可能性もある場合は、

ご家族の方は、接し方に戸惑うのは、当然ですから。

 

ゼプリオンが効果を発揮し、少しでもお兄様の状態が落ち着かれるといいですね。

 

 

 

 

 

 

Dr.morinoをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問