JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14317
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

うつ病で、10年通院しています。 恋人と1年8ヶ月付き合っていました。 彼を信頼していても、裏切られる不安や恐怖

解決済みの質問:

うつ病で、10年通院しています。
恋人と1年8ヶ月付き合っていました。
彼を信頼していても、裏切られる不安や恐怖、愛されていない、私と一緒ではない時連絡が取れなくなる等で不安を拭いきれません。彼が喧嘩になると『合わない、終わりにしよう、別れよう』といい、彼が電話にも出ない、メール無視一週間以上無視です。私は追い込まれ、メールで思ってもいない事や暴言を送って、彼を傷つけてし まいます。追い込まれ、絶望的になり、彼を徹底的に攻撃せずにはいられなくなります。本心は、愛して欲しい、見捨てないで欲しい、と思っているのに、素直になれません。彼に『合わない、終わりにしよう、別れよう』と言うけど、本当に別れたいのか確認したら『別れたくない』と言われました。
昨年、6月~12月中旬派遣で働いている、派遣先でモラハラに合っていました。派遣2日目から受けるようになりました。12月に入ってからは、精神的に崩壊し、どの様に通勤・仕事をしていたのか、記憶が不確かです。その中で、彼との事があり、彼のお母さんに、彼の過去の事(フィリッピン人と同棲、不倫)を、メール告げてしまいました。メールを書き始めたのは、彼のご両親に『感謝の気持ちと残念な報告』をするつもりでした。善悪の判断もできないほど、精神的に追い込まれていました。

高校3年まで、父親からDVを受けていました。兄からも。
男性不信もあります。

私が、彼に行った行為、精神病なのでしょうか?
どの様に伝えたら、彼は理解してくれるのでしょうか?
うつ病だけでは、ないような気がします。
私は、どうしたらいいのでしょうか?
自殺願望もありましたが、今は治まっています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

ご記載の、見捨てられることへの不安の強さ、衝動性、生育歴からは、相談者様が境界性パーソナリティ障害を持たれている可能性を考えました。
http://kyokai.uijin.com/

少し補足情報を下さい。

①うつ病を発症する以前から、見捨てられ不安や衝動行為、もしくは自殺願望、自傷行為などはあったでしょうか。

②現在、うつ病の調子は良いのですか?

③「どの様に伝えたら、彼は理解してくれるのでしょうか?」とのご質問ですが、何を理解してもらいたいということですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

①うつ病を発症する以前・・・ありませんでした。

②うつ病の調子・・・手の震え、動悸、めまい、睡眠障害、ひきこもり、パニック症、対人恐怖症などあります。あまり良くありません。

③「どの様に伝えたら、彼は理解してくれるのでしょうか?」・・・病気への理解、病気から暴言や不可解な行動、感情的になると何もわからなくなってしまう。彼は、理解できないと思います。


彼に、うつ病の件を伝えてあります。正論や常識論を言われます。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

③へのご返信に関してですが、率直に申し上げて、最初のご質問文にご記載になられていたような、相談者様ご自身「精神病なのでしょうか?」と疑うような言動を、彼氏様に理解していただくのは難しいと思います。
印象としては相談者様は「こじれたうつ病」を患われているように思われますが、まずこれを治し、常識的に振る舞えるようになることで解決を図るべきでしょう。

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

⑤「カウンセリンのない心療内科に通院」されているということは薬物療法を受けておられるということなのだと考えます。処方されているお薬の名前と、それぞれの1日量を教えて下さい。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

④21点でした。

⑤クエチアピン錠25mg  2錠

  ゾルピデム酒石酸塩錠10mg 1錠

  バルプロ酸Na徐放B錠200mg 1錠

  サインバルタカプセル20mg   1錠 を寝る前に服用

 

彼との関係以外は、感情のコントロール、耐える事はできます。

薬の影響なのか、薬を飲んで寝た際、電話をかけたり、メールしたり、起きて部屋が散らかっていたりすることもあります。自分でも夢なのか現実なのか分からず、スマホを確認して驚く事もあります。かすかに電話で話した記憶があり、彼に確認すると、話した時もあれば、話していない時もあります。

自分が怖いです。

 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける21点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く(つまり他の精神病である可能性は低く)、集中的な治療を 要すると判断される結果です(きわめて重度)。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

この状態では、相談者様が本来の思考力や判断力を発揮できないことは致し方ないでしょう。残り少ない余力を振り絞って「彼との関係以外は、感情のコントロール、耐える事」をされているのだと思いますが、気を許せる相手には弱い部分が出てしまうのだと思います。
精神病ではなく、うつ病の症状として了解可能な病態であると考えます。

問題は、10年間も治療を受けていてなお、「きわめて重度」の症状が残っていることです。
薬物療法としても、相談者様が処方されている内容は十分なものではありません。

まず、主剤であるサインバルタの量が十分ではありません。
うつ病の薬物療法の原点にして頂点は、1つの抗うつ薬による単剤治療です。1つの抗うつ薬を最大耐用量か最大承認用量まで増量し、十分期間(4~6週間) をかけて有効性を評価し、もしも効果が無いようならその抗うつ薬を止め、その抗うつ薬とは異なる効き方をする別の抗うつ薬を十分用量・十分期間試みる…… というやり方で、それぞれの患者様と「相性」のよい抗うつ薬をみつけるべきなのです。
サインバルタの十分量は60mgですので、増量の余地がありますが、それがなされていないのであれば治療として不十分です。

また、バルプロ酸は、本来は躁うつ病のお薬です。気分の安定や抗うつ薬の作用増強を期してうつ病の患者様に処方されることもありますが、1日200mgでは不十分です。有効血中濃度という概念があるお薬ですから、採血を何度か繰り返して適量を決めなければなりません。多くの患者様において600mg~1200mgで有効血中濃度が得られますので、現在の量は不十分です。
バルプロ酸を加える以前に、上述の通りサインバルタを十分量用いるべきでもあります。

以下のような調査もあります。
長期通院されていて改善がないのであれば転院も視野に入れられるべきでしょう。

【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4(2006年 日本うつ病学会調べ)】

相談者様の場合病歴が長くなることで問題が二次的・三次的に複雑化してしまっているようですから、薬物療法ともに、カウンセリングを受けられて、ご自分の中で問題を整理し、解決(できるとは限りませんが)の方向をみずから見つけ出していくアプローチが必要です。
現在相談者様が直面している問題は、相談者様自身が解決もしくは落としどころをみつけなければならない問題です。
しかし、現在の相談者様は少し疲れておられて、お一人でそれに対処できる状態ではないように思います。
専門家の助けを求められるべきでしょう。

医師だけではなく臨床心理士がいて、カウンセリングも行っている精神科・心療内科の医療機関をお探しになって、受診・相談されることを強くお勧めいたします。

医療機関の情報は地域の精神保健福祉センターで得ることが出来ます。

【全国の精神保健福祉センター一覧】
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

うつ病で下記の様な事、あるのでしょうか?


 


薬を飲んで寝た際、電話をかけたり、メールしたり、起きて部屋が散らかっていたりすることもあります。自分でも夢なのか現実なのか分からず、スマホを確認して驚く事もあります。かすかに電話で話した記憶があり、彼に確認すると、話した時もあれば、話していない時もあります。感情的になり思ってもいない事を言い、相手を傷つける事もあるのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
これは、もしかして、夜、お薬を服用された後に起こるのではありませんか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

はい、そうです。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ではそれは眠剤であるゾルピデムの副作用です。

睡眠がセロクエルだけで確保できるのであれば、主治医と相談してゾルピデムを中止すべきでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

睡眠は十分に取れません。


寝るまでに1時間以上かかり、数時間後に起きてしまいます。そして、寝られなくなります。


いつも、薬飲んで寝ても、寝坊して会社に遅刻するのではと思い寝るのも不安です。


2年前に、薬を大量服用して、病院に運ばれた事があります。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

であればこそ、睡眠薬を服用しなくても眠れるようになることが重要です。

不眠はうつ病の部分症状ですから、うつ病を改善することが不眠の解消にも繋がります。

前述したように、適切な薬物療法と心理療法を併せた治療を行っている精神科医療機関へ転院されることをお勧めいたします。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問