JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在 50後半の 男性です。 チック症と思われるのですが、 自我意識に目覚めたころに 発症した記憶があります。 小学

解決済みの質問:

現 在 50後半の 男性です。 チック症と思われるのですが、 自我意識に目覚めたころに 発症した記憶があります。 小学生3年のころ、ヒステリックに近い女性教師に 今で言う 相当な苛めにあったことの症状悪化させたようです。その後、温厚な男性教師担任に変わったところ、軽快しましたが、
中学、高校、大学と、 軽快したり重症化したりしていました。 大学失業後、最初に務めた
ところが緊張度極めて高い環境の職場だったため 悪化し、 セルシンを10年ほど、服用していました。 その後(10年後)、緊張度がかなり低く、自由裁量制の高い職場に転勤し相当に軽快したため、セルシンの服用を止めていました。 その後、 管理職になってしまい、当初の数年はそれ程でもなかったのですが、最近は 以前のように悪化しています。 現在は精神科クリニックでセルシンを処方してもらい2mg錠剤を 日に2度服用しています。
特に緊張が予想される業務の際には さらに8mgを 頓服として引用してます。
それでも 前もって引用する時間の計画に失敗すると症状がでます。

症状しては 緊張時や(症状がでるのではないかと不安に感じた瞬間に) 筋肉が首筋から、背中、腹部の収縮し、一見、痙攣発作のようになります。 兄弟に 従兄にも同様の症状の人がおり
ます。 アルコールを飲むのと一時、軽快するようで、 それでアルコール中毒になった人もいます。 小生がそれが怖くて、 相当に緊張をするこ予想される時にしかアルコールを試したことはありません。 上記のセルシンの作用を強める症状がでないのですが危険と思い滅多にしません。

症状がでて暫くすると、 刺激になれてくるのか症状が消えるのですが、 レントゲン検査や写真撮影の際は そもそも 慣れるまでには 時間がなく短いため、症状が消えずとても困っています。  人の前で何かの動作、書類記入その他の際、 特に初対面の人などの場合は特に強く、
でます。 最近は、時々、 買い物でレジで金銭の受け渡しの際にもでることがあります。
結婚式出席の誘いなども何かの事由をつけて逃げています。(ますます社会的な行動に
選択幅が狭くなっています。)
 
老化とともに悪化しているようにも思えるのですが、 この「病気?」 についての根本的な治療法? または 筋肉の収縮だけ抑える 薬はないでしょうか?
セルシンは症状を軽減するのですが、仕事の内容(研究職やプログラマのような内容)のため
眠気や集中力低下で非常に支障がでます。 何か良い治療法等がありましたらご教示頂けましたら幸いです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

チックは、精神科と神経内科の中間領域に位置する疾患であるといえます。

精神的な緊張や不安で症状が悪化しますが、症状として現れるのは不随意運動(自分ではコントロールできない運動)という体の症状です。

頻度や強度が高いチックに対しては、伝統的に抗精神病薬が用いられます。これは、チックが精神病だというわけではなく、抗精神病薬の副作用である、体の動きを鈍くする働きがチックと拮抗するからです。
伝統的にはハロペリドールというお薬が頻用されています。
http://jyohorecipe.com/health/大人のチック

これまで、セルシン以外のお薬を試されたことはないのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご多忙のところご返信誠に有難う御座います。 セルシン以外は試してみた事があろません。 怖がりなもので 肝機能検査を定期的に受け、 10年間服用した経験して 肝機能に異常もなかった、 その他の薬の選択をしたことがありませんでした。  質問事項中の セルシンの服用量訂正します。 


2mgを1回2錠 日に2回ですので 合計8mgです。 それ以外に特に


行事等のある場合8mgを追加服用しています。


 


 


ただ、 最近の進歩は著しいでしょうから、 他の良い薬があれば試してみたいとも思います。


 


 


このシステムの操作法 不慣れで ご迷惑をお掛けします。 これで 料金


をお支払いできるように小生は操作していますか? 他に何か操作が必要ですか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

JustAnswerでは、相談者様に満足いただける回答をわれわれ専門家が示すことができ、ご満足頂いた場合にのみ質問料金をいただくシステムを採用しています。
相談者様は既に「デポジット」を支払う手続きを取られていますが、これは前払い金であって、回答に満足いただけなかった場合は、全額が相談者様のお手元に戻る仕組みです。
まだ私は回答の材料を集めるための情報リクエストしかしておりませんので、この後の回答に対して相談者様が下した評価に基づいて私に料金が支払われるかどうかが決まることになります。

さて本題ですが、実のところ、チック症に対してセルシンのような精神安定剤を使用することは適切な治療とは言えません(しかし現実には、多くの精神科医療機関において、チックに対して精神安定剤が使用されているのですが)。

セルシンを含む精神安定剤の大半は化学的にはベンゾジアゼピン化合物に属します。
ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

相談者様は、間に中断を挟みながら、このベンゾジアゼピンを十数年に渡って服用されていますから、ベンゾジアゼピン依存症を呈されている可能性が極めて高いと思われます。
1日に8~16mgというセルシンの量は決して少ないものではありません。
ご親族にアルコール依存症になられた方がおられるとのことですが、依存症としての深刻度としては、ベンゾジアゼピン依存はアルコール依存症と変わらないものがあります。

前述したように、相談者様のように、成人になっても持続し、遺伝負因も強い「脳の病気」としてのチックに対しては抗精神病薬を中心とした薬物療法が必要になります。
http://www.e-heartclinic.com/kokoro/senmon/tic01.html

チック症に対して適切な薬物療法を行える精神科(または神経内科)医療機関は限られていますが、そうした病医院をみつけられて受診し、薬物調整を受けられることをお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。

精神科医療機関の情報は地域の精神保健福祉センターで得ることが出来ます。

【全国の精神保健福祉センター一覧】
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問