JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 739
経験:  鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
76003100
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

もりの先生、先程質問しました。再質問でよいですから、回答をお願いします。

解決済みの質問:

もりの先生、先程質問しました。再質問でよいですから、回答をお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
セルシンの増量で、問題が起こった質問ては、ないのですか?
私が、回答焦って、セルシンをセパゾンと記載してしまいましたが。
違います?
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
回答流れてないですか?
たまに、他の方でも、あるようなのです。
回答が反映されないことが。
回答流れてない場合は、再度、回答します。
連絡下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.


もりの先生へ、そうですセルシンの増量です。一日目に増量したのは朝2ミリを4ミリに夕方2ミリを4ミリに寝る前に4ミリを飲みました、その日の13時30頃から頬と顎の筋肉がなんとなく動いているようでした。夕方も・寝る前も、翌日の朝も4ミリを飲みました、口の周りが変わっていると思いました、今まで朝、夕しか飲んでいなかった薬でしたが、今回昼に飲んでいなかった、セルシンを飲みました、他の薬は飲んでません、昼に飲んだセルシンで、動きがなぜか止まりました。夕方セルシンを飲んでくつろいでいたら、呼吸が苦しくなり津山の中央病院の救急受付に行って診てもらうと、酸素濃 度。血液・心電図をとられ、問題はないと、答えられ、我慢しなさい、死ぬことはないと、辛い回答でした。今年の初めは、息苦しさがあった時セルシンをのみなさいと言われていました、胸の重さはしんどい時にアタラックスを飲みなさいと、頓服で持っていました。その日は、アトラックスは午前中に飲んでいたので、夕食後だったので、セルシンは飲んだばっかりだったので、セルシン・アタラックスも効かない症状と思い、津山の救急センターから帰って、息も苦しいので、翌日近くの内科医院へ行って、点滴を受け、ようやく落ち着きました。救急センターには、それに対応する薬はないらしいですね。救急センターの支払いは5900円で、回復せずは腹がたちました。そこで心配なのは、もうセルシンでの治療をあきらめなければならないのか、とそんな、息が出来ないときの対処法を教えてください。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
まず、確認させて下さい。
先に相談者様が投稿された、セルシンの問題への私の回答は、回答として、反映されましたか?
最近、時々、回答したのに、反映されないことがあるので。

反映されており、相談者様が回答を読めたのなら、良いのですが、
どうだったでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.


再度回答ください、すいません。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
分かりました。
再回答します。
この質問ページで、回答していいですか?
先の質問投稿ページでは、なく。
質問者: 返答済み 3 年 前.


このページに回答ください

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

まず、相談者様が先に投稿された「セルシン増量時に起こった問題」について回答した内容を掲載します。

 

朝と夕、寝る前セルシン4mgに増やし時は、ジスキネジアが良くなっている感じを受けられたが、
朝、昼、夕、寝る前4mgにするため、昼にセルシン4mgを服用すると、回復の感じがとまり、夕に4mg飲んだ後、息ぐるしくなった。
急患で病院を受診するも、検査で異常なしを理由に、何の処置もなく、帰された。
その病院は、ひどいですね。
呼吸困難で、受診した患者さんに、処置なしですか?
通常、考えられないですね。
いくら検査異常なしとしつも、ひどいですね。
苦しくて、助けを求めて受診しておられるので、何らかの処置をするべきと思うのですが。
で、翌日、別の病院で点滴を受け、呼吸は、回復。

が、体のだるさが、続いているということですね。


今回、相談者様に起こったことですが、

おそらく、相談者様にとって、朝、昼、夕、寝る前のセルシン4mg、1日合計16mgが、強すぎということだと思います。
セルシンには、筋肉の緊張や痙攣を改善させる効果があり、この効果で、始め、朝、夕、寝る前4mg、1日合計12mgの時は、ジスキネジアが回復していく状態が得られていたと思います。
が、昼を追加した途端、回復がとまり、夕方には、呼吸困難になっています。
セルシンの効果持続時間は、8から10時間です。
朝服用した薬の効果が残った状態で、昼服用し、セルシンの血中濃度が、8mg近くまで、上昇したと考えられ、それのため、筋肉弛緩作用が強くなりすぎ、障害の回復がとまり、夕に4mg追加したときは、さらに、セルシンの血中濃度が上昇、呼吸筋 の弛緩まで、おこし、呼吸困難が、起こったものと思います。
点滴により、セルシンの血中濃度が低下し、呼吸筋の弛緩は改善、呼吸が戻ったと思われます。

つまり、相談者様の場合、セルシンの代謝がゆっくりであり、セルシンの服用間隔が狭くなると、血中濃度の上昇が起こり、筋肉弛緩しすぎて、ジスキネジアの改善をもたらさない。

それどころか、呼吸筋まで、弛緩させてしまうように思われます。
今の体のだるさは、時間経過とともに、セルシンが代謝され、体外に排泄されていきますので、時間が経てば、改善してきますが、セルシンの代謝、排泄を促進させるために、スポーツドリンクを500ml飲まれると良いと思います。
スポーツドリンクは、体内吸収が速く、薬の血中濃度を低下させ、さらに、排泄を促してくれます。
体がだるいまま時間が経過するのを待つのは、しんどいですので、スポーツドリンクを飲んで、早めに薬の血中濃度を低下させ、体のだるさを取るのが、良いと思います。

さて、今後ですが、相談者様の場合は、体質的なものと思いますが、セルシンは、朝と夕でないと、血中濃度の上昇を起こし危険かと思います。

ですので、セルシン服用は、朝と夕のみが、良いと思います。

つまり、セルシン服用し、ある程度、セルシンの血中濃度が低下してから次のセルシンを服用する方法が、相談者様の場合は、適切と思います。
とりあえずは、朝、夕、寝る前4mgで、回復傾向を認めていますので、
このまま、朝、夕、寝る前4mg服用を維持するのが、良いと思います。
朝、夕、寝る前4mgで、障害の完全な回復が出来ない場合は、朝、夕のみの服用のまま、

朝、夕、寝る前のセルシンのmgを6mgに増やす方法があります。
セリシンが、代謝されてから、次のセルシン服用を行うことで、今回のような血中濃度の上昇による呼吸筋肉の弛緩を防ぐのです。

 

また、セパゾンの減量を中止し、セルシンの増量を開始したとありましたが、

セパゾンにも、ある程度の筋肉の緊張をとる作用があります。

ですので、セルシン増量するのと同時に、セパゾンも減量していくほうが、今回のようなことが起こりにくくなりますよ。

 

 

以上が、まず、先の投稿への私の回答でした。

続いて、今回の質問「呼吸が苦しくなったときの対処法」について回答します。

 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

津山の救急センターの対応が、おかしいと思います。

つまり、津山の救急センターは、検査のデーターだけでの状態判断です。

検査上、異常がなかったので、呼吸困難を相談者様が訴えておられるのに対処しなかったのでしょう。

薬がないわけは、ありません。

原因がわからなかったから、対処しなかっただけだと思います。

確かに、検査は受け、診察は受けたのしても、肝心の苦しい状況を改善させる処置がなかったのですから、腹立たしい限りですね。

 

今後の対応の前に、少し、お聞きしても良いですか?

胸が重く苦しい時は、アタラックスを服用と指示が出ているようですが、アタラックスは、通常は、心因性じんましんに使用する薬ですよ。

まあ、安定剤としての効果もありはしますけど。

アタラックスを安定剤代わりに使用する例は、少ないです。

相談者様がセパゾン、セルシン、レキソタンを服用しておられる状態であるから、

安定剤を追加しにくかったので、アタラックスだったのかもしれませんけどね。

普通は、薬の種類ばかり増やしても、依存させるだけなので、すでに処方済みの薬、

相談者様の場合は、セパゾン、レキソタンでの対応を指示すると思うのですが、

ちょっと変わった指示ですね。

私なら、胸が重く、苦しくなったときは、レキソタン服用を指示しますね。

今、相談者様が何mgのレキソタン服用か、どういう服用方法か、分かりませんが、

それを聞いたうえで、指示すると思います。

 

さて、次の、今後、今回のようなセルシン服用により、呼吸困難が発生した場合の対処法ですが、先の回答でも書きましたが、今回の状態の原因は、セルシンの血中濃度の上昇にあると思います。

ですので、対処法は、早急に、セルシンの血中濃度を下げることになります。

今回、受けられたように点滴が一番、早く症状を改善させる処置法ですが、

夜間などで、無理の場合は、スポーツドリンクを服用してください。

スポーツドリンクによって、セルシンの血中濃度を下げます。

 

Dr.morinoをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問