JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-KUMAに今すぐ質問する
Dr-KUMA
Dr-KUMA, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 245
経験:  国立大学病院神経科精神科勤務経験あり   日本医師会認定産業医
75835603
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr-KUMAがオンラインで質問受付中

彼女の事で相談させていただきます。彼女は二十六歳で、両親と折り合いがわるくて、一人で生活しています。楽しい時もありま

解決済みの質問:

彼女の事で相談させていただきます。彼女は二十六歳で、両親と折り合いがわるくて、一人で生活しています。楽し い時もありますが、時々交際もしていない彼女の友人に、好意を見せたと言って、目の前で電話して否定しろといいます。出来ないでいると、興奮してきて、そのせいで自分がおかしくなるといいます。酷い時は、僕に暴力を振ったり、自分の靴や鞄を投げたり、最後は急に帰ってしまい、後で首をつるとか、酒を飲むとか、死ぬとか、また胸を切った写真をメールで送ってきます。自分なりに調べてみると、なにか精神的な病気の気がします。どうしたらよいか教えていただけますか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
ご質問ありがとうございます。よろしくお願いします。

ジャストアンサーでは直接診察できませんので、診断はできませんが、相談者様の彼女様は境界性パーソナリティ障害の可能性が高いと思います。
境界性パーソナリティ障害と は、見捨てられることを避けようとする行動、不安定で激しい対人関係、自傷行為、感情の不安定性、慢性的な空虚感、不適切で激しい怒りなどを呈することが多いです。
これは障害と名前がついていますが、精神的な病気というより、極端な性格の偏りという意味合いが強いです。従って、お薬を飲めば治る というたぐいのものではなく、ご本人が治療意欲をもち、現状を改善しようと努力して初めて、治療に導入することができます 。
どうしたらよいか教えていただけますか とのことですが、彼女が自分の性格の偏りを自覚し、治療意欲があるならば精神科を受診するべきだと思います。しかし、薬で性格が治るわけではありません。うあまく社会適応する術を身につけて行くという事が治療の目標になってきます。また、専門的な治療をしなくても、年齢が上がるにつれ自然と上手に社会適応される方も中にはいらっしゃいます。

ご質問の答えになっているでしょうか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

病気じゃなくて性格でも、精神科に相談したほうがよいですか?社会適応する術を身につけていくということが治療できるのですか?

専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
回答が遅くなり申し訳ありません。

狭義の病気ではありませんが、DSM-Ⅳという精神疾患の診断に用いるマニュアルには記載のある精神疾患ではあります。現段階では自傷行為をほのめかしたり、少し傷をつけている状況でも、 実際に命を落とす方もいらっしゃいますので、精神科医の専門医のもとで適切な治療をされる事で、そのような行為をやめることができ、相談者様との関係も安定する可能性がありますので、まずは精神科を受診されて診断してもらうことをおすすめします。本人の治療意欲があれば、治療にのっとって、感情が安定する方もいらっしゃいます。
Dr-KUMAをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問