JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昨年勤めていた会社が40代が増えすぎたため、希望退職を募りそれに応募、定年まで勤められるか不安もあり退職しました。そ

解決済みの質問:

昨年勤めていた会社が40代が増えすぎたため、希望退職を募りそれに応募、定年まで勤められるか不安もあり退職しました。その後、自営業を行っていましたがうまくいかず廃業。現在再就職活動中で、前職と近い仕事内容である1社から内定をいいただき(A社)、もう一社は前職と全く違う職種で選考中ですが、こちらは友人の紹介ということもあり、内定が出ると断りにくい状態。
 再就職活動を開始した9月中旬以降、再就職の難しさを痛感。その 後、2週間程度、不眠、時折苦しくなる、食欲なし、の状態が続き、現在は苦しくなることと食欲はかなり改善されてきましたが、不眠のみ継続しています。寝入りはそれほど悪くないですが、布団に入って必ず2~3時間で目覚めて、その後眠れない状態が続きます。そのせいか昼間も午後になるとだるさが出てかなりつらいです。
 12月からA社かB社に勤めることになると思うのですが、A社(仕事内容が少し前職に関係するがシフト勤務あり)、B社(前職とは全く異なる仕事)のいずれが心身に負担が少ないと予想されるか、医師の立場から助言いただけますでしょうか?
また、中途覚醒を治すために気を付けること棟あればご助言お願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


まず不眠ですが、相談者様がそうであったように、不眠を訴えて医療機関を受診すると、日本ではすぐに睡眠薬が処方されます。
これは、国際的には問題があるとされており、厚生労働省、日本睡眠学会が実態調査を行った上でガイドラインを発布したほどです。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

現在は、他の精神症状、身体症状は無いとのことですから、日中、出来れば午前中に、30分以上日光を浴びることをお勧めいたします。これによって体内時計がリセットされ、睡眠-覚醒リズムが整うことが期待されます。また、健康的な意味で疲労するために、適度な運動を行うことも重要です。

A社かB社か、という選択については、実は、精神科医の立場で物を申せる部分は多くありません。
経験的に申し上げれば、職務内容よりもむしろ職場の雰囲気や人間関係の方が、心理的ストレスの大小に関係するからです。
相談者様が、睡眠覚醒リズムが乱れやすい方である、という点を考慮するならば、私としてはB社を推します。
シフト勤務は精神的にも身体的にも負担が大きいですし、「仕事内容が少し前職に関係する」ことに固執されるのは、転職においてあまり前向きな姿勢だとは言えないからです。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問