JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

不安な気持ちでだんだん思いつめてしまいます。 10数年前に結核になり治療を最後まで終了しました。その後は夜勤もしな

解決済みの質問:

不安な気持ちでだんだん思いつめてしまいます。
10数年前に結核になり治療を最後まで終了しました。その後は夜勤もしながら元気に働いていました。もともと小児喘息もあり大人になってからは風邪などがひどくなると軽い発作が出る程度でした。3〜4年くらいまでは風が長引くと少しは心配になりましたが、気にし過ぎることなく過ごせてました。縁あって結婚した頃から、体調が少しでも悪いと必要以上に結核の再発を気にするようになってしまいました。
2年前に婦人科のホルモン療法がきっかけで、自律神経失調と軽いうつと診断され2〜3ヶ月ほど抗不安薬を抗鬱薬を内服しました。その後子宝に恵まれ、現在育児をしています。
結婚、出産をして自分にとり大切な存 在ができ、最近では少し疲れたり体調が悪いとまた病気になってしまったんではないかと不安でたまりません。不安で息苦しさもあり余計病気の事が頭をよぎります。もしまた病気になったら大切な家族や周りの人に感染して迷惑をかけるのでわはないか。自分のような思いを人にさせるのではないかと思ってしまいます。以前の鬱のような症状も出てきて、辛いです。精神科に受診して抗不安薬を頓服でいただいています。あとは呼吸器症状があるときは内科を受診し、診察していただいていますが精神的なものもあるからと最近は内科の先生にも呆れられているようです。
不安になると人とあうの怖くなり、最近では子供と家にこもっています。まだ6ヶ月ですが、子供の事を考えると今のままではいけないと思っています。
不安な気持ちと上手に付き合い、子供をいっぱい人と合わせて社交性のある子に育てたいと思っています。なにか良い方法がないでしょうか?
よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
心気症
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10450600.html
が前面に出ているようですが、うつ病の症状も軽くは無いように思われます。

①精神科の主治医には診断や治療方針についてどのように説明されていますか?

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.
早速 返答いただきありがとうございます。
①精神科には少し前に受診したときには、鬱になる典型的な考え方だと言われました。薬だけではなく、認知療法をした方が良いと言われて資料を頂きました。自分なりに認知療法をして見ましたが、方法があっているのか、間違っているのか不安の軽減まで出来ませんでした。クスリは以前鬱の時に抗鬱薬を出していただいてとてもよく効いたのですが、眠気が強く出てしまったため、育児に差し支えてはいけないため眠くならない軽い薬を希望しリーゼを出していただいています。現在の症状は午前中は吐き気があり、不安になると息苦しさの症状がでます。リーゼを飲むと落ち着きます。
②11点でした。
ただ、症状がずっとあるわけでなく内科でレントゲンなどをとって頂き安心すると当分気持ちも落ち着き、穏やかに過ごせる時もあります。
先月風邪を引き、喘息の症状が少し残っているため不安が強くなっています。
よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

印象としては、相談者様は心気症とうつ病を合併しているように思われます。

うつ病にかかると心気的になりますし、心気症になると不安が強いために気が塞ぎやすくなりますから、この両疾患は合併しやすいのですが、相談者様もそれに当てはまるケースであろうと思われます。ご返信の内容からすると心気症が主診断ということになりそうです。

心気症の治療としては、後述するように、「身体のことが気になっても病院を受診せずに普通の生活」を心がけることが重要なのですが、うつ病の症状や、不安のために普通の生活が難しくなっているのかもしれません。うつ病には薬物療法が有効であったようですから、まず、うつ病の治療を受けられるのがよろしいかと存じます。

現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)における心気症の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

【診断基準】
1. 頭痛や胃痛といった、ささいな心身の不調を誤って 解釈し、「重い病気にかかるのではないか」または「重い病気にかかっている」と思いこんでいる。 検査などで医学的に違うことが明らかになっても、考えを変えられない。
2. 1の確信は妄想のような頑固さはない。また、醜形恐怖のように、 外見についての心配とは限らない。
3. 1のように確信しているために強い苦痛を感じていたり、社会的、職業的、 そのほか重要な場面で支障がある。
4. この状態が6ヶ月以上、続いている。

いわゆるドクターショッピングのもとになる疾患の一つであり、多くの診療科の医師がこの病気を知っていますし、いわんや心療内科医/精神科医においてをや、です。

この病気に関しては、インターネットの普及とともに、患者数が増えてきたような印象が個人的にはあります。
誰もが、医療情報にアクセスすることができる一方、ネット上の情報の質は玉石混交であり、その選り分けは非専門家には難しいため、患者様がご自分の中で独自の取捨選択を行い、疾病概念を作り上げ、そこに固執してしまうからからかもしれません。

この疾患の治療については標準的なやり方は定まっていませんが、例えば私ならば森田療法的アプローチをとることにしています。すなわち、
①基本姿勢は「不安があっても普通の生活」。つまり、身体の病気に関する不安があっても、学生ならば学校に休まず通って勉強し、会社員なら会社に行って仕事をする。家に引きこもっていると自分の身体に意識が向きやすくなるからです。
②精神科主治医の許可なく病院受診はしない。しかしそれで仮に身体疾患が見落とされた場合でも患者様ご自身の自己責任。他科受診は、身体疾患を有しているかもしれない、という不安を増強する結果になります。
③①や②が守れない場合は治療終結もありうる。
というのが治療方針ということになります。

相談者様の場合、うつ病に対する薬物療法と、心気症に対する心理療法の両方が必要だと思われますので、医師だけではなく臨床心理士がいて、心理療法(必ずしも認知療法である必要はありません)も行っている精神科・心療内科の医療機関をお探しになって、受診・相談されることを強くお勧めいたします。

医療機関の情報は地域の精神保健福祉センターで得ることが出来ます。

【全国の精神保健福祉センター一覧】

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html


以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
お忙しい中ありがとうございました。
先生のアドバイスを参考に受診したいと思います。

精神科 についての関連する質問