JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 739
経験:  鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
76003100
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

私は虚言癖です。 仕事、プライベートでも嘘ばかりついています。 明らかに調べれば分かることにも嘘をついてしまいます。

質問者の質問

私は虚言癖です。
仕事、プライベートでも嘘ばかりついています。
明らかに調べれば分かることにも嘘をついてしまいます。
今、こうして書いていることも自分に酔ってしまいかいてるかどうかもわかりません。
そして、嘘がばれ怒られた後も少しの2〜3日は真面目になるんですが、すぐに嘘を
ついてしまいます。
苦しいです。
今、ぼくは本心を言っているんでしょうか?また自分に酔ってしまってるんでしょうか?
助けてください。
本気でなおしたいです。嘘をつきたくないです。助けてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Dr.morino 返答済み 4 年 前.
初めまして。精神科・心療内科クリニック院長のDr.morino と申します。
御相談者様は、自分自身が嘘をついてしまう事で、自分自身を見失っておられま すね。
本当の自分が分からなくなり、混乱しておられるように思えます。
まず、このサイトは、有料です。
ですから、このサイトに助けを求めて来られた相談者様の治したい、という気持ちは、本物と思いますよ。
なぜなら、嘘で、ある意味、冗談で、治したい、と訴えられるなら、ネット上に沢山ある無料の相談サイトを使われると思いますから。
高いお金を払って、嘘や冗談で、助けを求める人なんて、いません。
本気であるから、お金を払ってでも、治したい、と思うのです。
さて、前置きは、これくらいにして、少し質問させていただきたく思います。
嘘をつき始めた、きっかけがあると思うのですが、心辺りは、ありませんか?
質問に答えるにあたり、嘘かも?なんて考える必要は、ありません。
質問され、御相談者様が思ったこと、そのままを教えて下さい。
お願いいたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.
きっかけは正直わかりません。
ただ、自分の記憶のなかで嘘をついた記憶は一番古いもので、小学生ぐらいかもしれません。
あまり関係ないかもしれませんが昔から変な癖があります、それは恥ずかしい話、自分が特殊能力があるかのような錯覚です。
分かりやすく言うと、自分には時間を操れるのではないかと言う錯覚です。
嘘をついて怒られている中でも「なにかあれば時間を戻せばいいや」みたいな考えが頭の中にあります。
後々、馬鹿らしいことだとは気づくのですが、怒られるとすぐにそういう考えになってしまいます。
生きてるのが辛いです。
専門家:  Dr.morino 返答済み 4 年 前.
そうなだったのですね。
小学生頃より、自分は何で?と苦しまれて来られたのですね。
つらかったですね。

今、御相談者様を苦しめている状態を自己防御反応と言います。
ちょっと、難しい言葉ですが、簡単に言うと、自分を守るために、無意識してしまう行動です。

御相談者様、嘘をつこうと思って、嘘をついていないですよね。
気がつくと、また、いつものように、嘘をついた自分がいませんか?

心配さ れなくても、自己防御反応は、誰しもが持つ、人としては、当たり前の反応ですから。
この反応が、備わっているから、人は、生きていけるのですよ。

自分は、苦しめられているのに、意味不明と思ってますよね。
自己防御反応の例をあげると、
辛い思いをしても、時間の経過とともに、徐々に辛さが和らいでいく。
辛い出来事を忘れていく。
これが、自己防御反応です。

つまり、自己防御反応というのは、自分が傷つかないために、無意識に起こる反応なのです。

御相談者様の場合は、怒られることが、大変な苦痛だったのでしょう。
それで、その苦痛から自分を守るために、嘘をつく、という行動が起こってしまったと思います。

もしかして、子供の頃、怒られることが、多かったのでは?

さて、今後、どうしたらいいか?ですが、
御相談者様は、今、自分の事、いくつ誉めることができますか?

専門家:  Dr.morino 返答済み 4 年 前.
怒られることによるショックから、自分を守るために始まった「嘘」。
今、御相談者様が置かれている環境を振り返ってみて下さい。
怒られることが、よくある環境でしょうか?
たとえ、そうであったとしても、今の御相談者様は、子供の頃の御相談者様とは違う。
怒られ、納得いかないのなら、反論する こともできる。
怒られたことを経験として、自分が進歩していくこともできる。
怒られても、そこから、抜け出す力を今の御相談者様は持っているはずです。

自分の事、誉めるようにしてみて下さい。
どんな些細なことでも、自分なりに、頑張った、一生懸命にしたのなら、自分を誉めてあげて下さい。

今まで、御相談者様は、たった一人で、自分の中の自分と戦ってこられた。
よく、頑張りましたね。

こんな具合に、自分を誉めること。
それが、御相談者様を「嘘」から、抜けださせてくれるはずです。

精神科 についての関連する質問