JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-KUMAに今すぐ質問する
Dr-KUMA
Dr-KUMA, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 245
経験:  国立大学病院神経科精神科勤務経験あり   日本医師会認定産業医
75835603
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr-KUMAがオンラインで質問受付中

現在52歳の夫のことでご相談いたします。海外大都市に赴任しておりましたが、職務に滞りがでるほど思考力の低下と意思決定

解決済みの質問:

現在52歳の夫のことでご相談いたします。海外大都市に赴任しておりましたが、職務に滞りがでるほど思考力の低下と意思決定ができず、言葉もでなくなったため帰国しました。お金がない、当初、自分の生活も破たんしている。仕事で思いがけないようなことがおこり、会社が破たんするといっていました。子 煩悩でしたのに、受験期の息子や家族には全く関心を示しません。入院しましたが、1週間ほど点滴をしています。昼間は殆どたっているようです。今は先に書いたことは言わなくなりましたが、食事を取れなくなりましたし、声も小さくなってきました。
電気ショック療法も進められています。
海外の支店は戻すことを考えているようですが、このような状態はどのくらい続き、元の性格や意思決定ができる能力は
もどるのでしょうか。また、電気ショック療法は治療期間を短縮出来るくらい効き目があるというお話でしたが、積極的にうけるべきなのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Dr-KUMA 返答済み 4 年 前.

ご主人様の症状はうつ病の典型的な症状だと思います。電気痙攣療法は劇的に改善する場合もありますが、全員に効果が出るわけではありません。やってみなければ分かりません。また、内服治療で治療が困難な場合に、それと合わせて用いられるケースが多いです。しかし、電気痙攣療法の適応は病院によって様々ですので、主治医の先生とよく相談されて治療方針を決定される事が重要です。もし、まだ使っていない薬があれば、そちらを優先して使ってもらう事も可能だと思います。

また、うつ病を発症しても治療がうまくいけば、日常生活が元に戻る可能性は充分にあります。しかし、再発をする可能性もありますので、海外赴任というようなストレスが大きく、また緊急事態にすぐに対応できない場所での勤務は控えた方がいいと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.


このような状態になるのに3か月くらいだったと本人が言っています。


 


今、自分が鬱だということは自覚できていないようです。暴れたり、怒りを感じているようには見られませんが、じっと座っていることができず立っています。


これは激越型うつなのでしょうか。


 


鬱にかかる前の性格や判断能力は、治療によってもとに戻りますか?


また、海外での仕事に復帰できますか?

専門家:  Dr-KUMA 返答済み 4 年 前.
うつ病を発症したほとんどの患者様が自覚ができません。治療効果が出て来てようやく うつだったんだ と自覚される方が多いです。
ご主人様を直接診察できませんので、何型のうつ病かどうかはここでは判断しかねますが、治療によって、元の性格や判断能力が戻る方はたくさんおられます。また、治療の効果が出れば、海外での仕事復帰も可能だと思います。
Dr-KUMAをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問