JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-KUMAに今すぐ質問する
Dr-KUMA
Dr-KUMA, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 245
経験:  国立大学病院神経科精神科勤務経験あり   日本医師会認定産業医
75835603
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr-KUMAがオンラインで質問受付中

遅発性ジスキネジアの症状(口舌ジスキネジア)を自分で調べ、まさに自分の症状にぴったり当てはまり、納得しました。こちら

解決済みの質問:

遅発性ジスキネジアの症状(口舌ジスキネジア)を自分で調べ、まさに自分の症状にぴったり当てはまり 、納得しました。こちらのサイトでも、そう判断された先生ばかりです。しかし、これまで実際に受診した3か所の病院では、はっきり遅発性ジスキネジアだと言われたことは一度もありません。最初に(6年前から適応障害で)かかった心療内科では、原因不明。次に(一年前から)国立病院の神経内科では、構音障害。紹介された(一か月前から)市民病院の精神科と神経内科では、気持ちの持ちようからくるもの。これまで飲んでいた抗精神病薬(エビリフ ァイを含む)の副作用である、遅発性ジスキネジアだと考えるのが一番自然で納得できるのですが、私が聞いても、まだはっきり決められないとか、そうとは言えないとか、もう少し様子をみないととか、症状が出て一年半になるのに、まだ病名がつかないままです。遅発性ジスキネジアの診断は、それほどむつかしいものなのでしょうか?私はもう、遅発性ジスキネジアだと思い、治療法はないものとあきらめて、うまく付き合おうと覚悟を決めています。しかし病名がつかないと、病院に対して不信 感がつのり、病気に向き合う勇気もそがれるような気がします。遅発性ジスキネジアだと認めることは、病院にとって何か不利益になるのかと、疑いたくなります。犯人捜し?をしたいわけではなく、本当のことが知りたいのです。病院の事情はわかりませんが、病院に行くこと自体、苦痛になります。なお、症状に対して出ている薬は、ランドセンとユベラNです。症状の改善のきざしはありません。ただ一つ良かったことは、このどさくさで適応障害がほとんど完治したと思えることです。これから、病気に対して、また病院に対して、どのように接すればよいでしょうか?お教えください。よろしくお願いいたします。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Dr-KUMA 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。なかなか信頼できる先生に出会えないのは辛いですね。遅発性ジスキネジアの診断だけが難しいわけではありませんが、精神科の病気は、器質的(その症状が起こる身体的)な異常を除外して初めて診断できるものも多く、すぐには診察できない事が多いです。したがって、診断するのに時間を要することが、他 の科に比べて多いかもしれません。
さて、病気、病院に対して、どのように接すればよいか とのことですが、やはり一番いいのは、何でも質問でき、信頼できる医師のいる病院にかかることだと思います。精神科の場合は、なかなか合う医師が見つからないという患者様も多くいます。今までにも何カ所かの病院を受診されているので、これ以上病院を変わるのは大変だと思いますが、相談者様が信頼できる医師のもとで治療することが一番病気が治る近道にもなると思いますので、主治医に紹介状を作成してもらい、病院を転院されてはいかがでしょうか。
お大事にされて下さい。
Dr-KUMAをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問