JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

交際中の女性が統合失調症ではないかと懸念しています。 私は40代前半、彼女は30代後半。付き合い始めてまだ2ヶ月で

解決済みの質問:

交際中の女性が統合失調症ではないかと 懸念しています。
私は40代前半、彼女は30代後半。付き合い始めてまだ2ヶ月で、週に2・3度のペースで会っておりますが、これまで以下のような言動がありました。

・周囲の人たちに監視されている、彼らはLINEで連絡を取り合い、自分の一日のスケジュールを把握して嫌がらせをしてくる。
・TVの色んな番組で密かに私の悪口を言っている、一般の人は気付いていない。
・ネットでも様々な綽名がつけられ悪口を言われているらしい、友達が教えてくれた。

その他、体を掻き毟るなどの軽い自傷行為も見受けられます。また数年前に鬱病の治療を受けたそうです。現在は上記の言動以外に日常生活に支障をきたすような症状はなさそうです。
早期治療が重要と知り、先日、精神科受診を真剣に勧めてみましたが統合失調症としての病識は無いようで拒否されました。親御さんにそのことを伝えたら笑われたそうで、今後の対応に苦慮しています。
私の立場でできることはどのようなことがあるでしょうか? あるいは私が心配し過ぎでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

ご記載を拝読する限りは、その女性が呈しているのは典型的な被害妄想であり、精神科を受診すれが統合失調症の診断が付く可能性は高いのではないかと考えます。

統合失調症は、生涯の服薬を必要とする慢性進行性の疾患です。
また、遺伝性が確かめられてもいます(イツのルクセンブルガーという研究者が行った有名な研究によれば、統合失調症患者の子供が統合失調症にかかる危険率は16.4%)。

相談者様がいまの立場でその女性のためにしてあがられることはありません。
ご両親に進言することくらいでしょう。

相談者様はその女性とのご結婚を考えられているのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。


 


>相談者様はその女性とのご結婚を考えられているのでしょうか?


はい、結婚を考えて交際しています。ただしまだ交際期間も短いこともあり、お互いに相手を評価しつつ前向きに判断しようと考えている状況です。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

そういうことであるならば、まずは女性側のご両親に相談者様のご懸念を伝えられる必要があるでしょう。
その女性が統合失調症を患われているかどうか、診察もせずに確言はしかねますが、前述の通りその可能性は高いと考えます(例えば「TVの色んな番組で密かに私の悪口を言っている」というのは客観的に見てありえないことでしょう)。
そうしても一笑に付された場合は、差し出がましいことを申し上げるようですが、ご結婚・交際そのものを再考されるべきではないでしょうか。
実はその女性が既に20代に発症していて、治療歴もあるのに、ご両親がそのことを意図的に隠している、という可能性すらあるのです(これは、実例がたくさんあります)。

統合失調症だとすれば、ご本人には病識(自分が病気だという認識)が無い場合がほとんどです。法律的に義務と権利を有するご両親がこの問題に向き合おうとしないのであれば、現在他人である相談者様にできることはありません。

またこのことは、相談者様ご自身のお身内にも明かされるべきことだと考えます。
遺伝性が高い精神疾患を患う女性とのご結婚は、相談者さまのみならずご家族・ご親族の問題でもあるからです。結婚後、その女性が不可思議な言動を見せた場合、病状が悪化した場合(どちらも大いにありうることです)、然るべき援助を得られるようにするためにも、この問題はオープンにされるべきでしょう。

結婚を前提として、その女性の精神科受診と、必要ならば治療を受けることを女性のご両親に進言し、その反応次第で今後のことを決められるべきだと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

的確なアドバイスありがとうございました!
「できることはない」と明言していただいて、すっきりいたしました。
彼女と彼女のご両親にさらに進言した上で、
今後のお付き合いについても冷静に判断するようにいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

精神科 についての関連する質問