JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

40歳既婚看護師 5歳の子供と夫の三人暮らしです 息子を出産して仕事に復帰して1年で腰痛によって仕事ができなくなり

解決済みの質問:

40歳既婚看護師 5歳の子供と夫の三人暮らしです
息子を出産して仕事に復帰して1年で腰痛によって仕事ができなくなり退職。その後2年間ほどのブランクがあって初めての経験である眼科外来に勤めて約1年9か月経ちました 。
昨年の3月に二人目の妊娠が分かったのですが、経済的な理由と自分の年齢的な負担を感じて中絶しました。その頃から、仕事に行くのが億劫になり、職場の人とうまく話せない感じになりました。
些細なミスを繰り返したり、普通良く考えれば判断できることも人に聞かなければ判断できなかったりして職場の同僚や先輩に「あの人は仕事ができない」と評価されているように感じ、仕事中はずっと緊張しっぱなしになりました。
夜もそのことを考えて不眠、頭痛、胃の痛みや食欲不振になっていました。
自分が失敗するのは集中力が足りないのか、前向きになって頑張らないと家計のためにも自分が仕事を辞めることはできないと必死に仕事に行っている状態が半年続きました。
次第に自分の行動を監視され、少しの間違いも厳しく非難されているように感じ、仕事に行くこと自体が恐怖になり、子供が体調を崩したのをきっかけに仕事を辞める決心をして先方に話をしたばかりです。
職場の人からは「何もできなくてごめんね・・。今は家庭を大事にしてね」と親切に声をかけられたのですが、簡単に辞めることを了承されて「やっぱり私は必要ない人間だったのだ」と痛感しました。
以前、腰痛で辞めた時も仕事と家庭の両立が辛く負担に感じた頃に体調が悪くなっていたように思います。
自分は怠け癖があるのか・・・それとも心を病んでいるのか・・・40歳になる年で妊娠、中絶したことが何らかの影響を及ぼしているのか分からず、婦人科で相談すると漢方薬を処方され、運動をして疲れたら眠れるようになるはずだと言われました。
自分の状況をうまく説明できず、医師がたたみかけるようにその年で中絶などしたから、ショックだったんでしょう・・。と言われ、それ以上何も言えなくなってしまいました。
少なからず知識があるのに、自分がそうであるはずはない・・・でも、そうであった方がこの状況から立ち直れるのか・・・とも思ったり。判断できなくなっています。
心療内科を受診した方が良いのかお答えいただきたく相談しました。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

受診された方がいいと思いますよ、精神科・心療内科。

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

まず、これに関して確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返答ありがとうございました。
18点でした。

 

申し訳ありません、投稿内容に一部訂正があります。

昨年の3月に妊娠、中絶・・・と書きましたが、今年の3月の誤りでした。

すみません。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

ご返信ありがとうございます。

行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける18点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、とにかく早急な治療を 要すると判断される結果です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

もちろん、相談者様を直接に診察できないインターネット相談で確定診断を下せるわけではありませんが、ご記載の相談者様の状態は一読しただけで、うつ病の典型的な経過と症状だと考えました。

うつ病は、なる時は誰でもなります。
犯人(原因)捜しをしたり、その原因(と覆われやすいエピソード)をつつき回してもあまり意味はありません。

私はよく、患者様に「あなたが道端の石につまづいて転んで、脚の骨を折ったとします。その石をどかしたらあなたの折れた脚の骨はくっつきますか? 骨折した時、つまづいた石の色や形や大きさをああだこうだ議論しても仕方がありません。折れた脚にギプスを巻いて、骨が癒合するまで安静を保つのが治療です。たしかに、つまづきそうな石がごろごろしているような土地に住まわれていたらまた同じように転ぶリスクは高いでしょう。しかし石をどけていく作業は骨がくっついてからでもいいのではないですか?」という喩え話をします。

相談者様も、ご自身の状態について、あまり後ろ向きに考えられるべきではありません。
うつ病は、脳の遺伝的脆弱性が「原因」で、環境因子・ストレスが「誘因」となって発症する脳の病気です。
もちろん、心の病気としての側面も軽視すべきではありませんが、少なくとも今の状態で誘因についてあれこれ考えを巡らせるのは得策ではありません。

早い時期に精神科・心療内科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございました。


 


夫を始め、母親にも相談しましたが・・・自分の気の持ちようだ、子供もいるのにしっかりしなさい、婦人科の先生の言うとおり運動したりして気持ちを切り替えなさい。と言われます。


 


そうできない自分の状況が辛く、私自身が病気になりたがっているのかな・・・前向きになれない自分が悪いのか・・・きっと、時期が来たらまた仕事をしたいと思えるようになるはずだ・・・と頭の中で堂々巡りになっていました。


 


心療内科を受診すること自体が、悪い事のような気がしていました。


今回のご回答で、自分の状況を相談する勇気を持つことができそうです。


ありがとうございました。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

精神科 についての関連する質問