JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14344
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

どんなに眠くても、薬(ハルシオン、レンドルミン等)を飲まないと眠れない。 10時ごろに寝ると2時か3時には目が覚め

解決済みの質問:

どんなに眠くても、薬(ハルシオン、レンドルミン等)を飲まないと眠れない。
10時ごろに寝ると2時か3時には目が覚めてしまいます。睡眠薬依存症だと思うのですが根本治療はないのでしょうか。66歳男性。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

たしかに、相談者様は睡眠薬依存症を呈していると考えられます。ほぼすべての睡眠薬が化学的に「ベンゾジアゼピン系化合物」に属することから、ベンゾジアゼピン依存ともいわれています。
これは昨今、一般メディアでも問題となっており、厚生労働省の研究班もその研究結果を発表しています。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

【睡眠薬の適切使用に向けた初の指針】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

ベンゾジアゼピンの長期服用によってさまざまな副作用が新たに起きてくることも考えられますので、現在服用中のハルシオンとレンドルミンは中止すべきですが、5年も服用されていますので、中止は容易なことではありません。

少し補足情報を下さい。

①睡眠薬は何科から処方されているのですか?

②もともと、どのような症状を訴えて病院を受診されて睡眠薬が処方されたのですか?

③「10時ごろに寝ると2時か3時には目が覚めて」しまうというのは、睡眠薬を服用していた場合の睡眠状況ですか?

④ご職業と、日中の活動量、外で太陽の光を浴びる時間について教えて下さい。

⑤睡眠薬依存について、主治医には相談されておられないのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

1) 内科


2)イライラする。仕事のプレッシャー。


3)朝早く目が覚めてしまって。そのまま起きてしまい、普段は寝付けない時間にねてしまった時。睡眠薬は飲んでいません。


4)ソフトウェア会社役員。日中はほとんど社内にいます。そとで日差しを浴びるのは昼休みぐらい。


5)していません。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

睡眠薬依存を根治することは可能です。

ただし、時間はかかります。睡眠薬の服薬期間は5年間ですから、止めるにも5年間かかると考えられた方がよいでしょう(実際にはそこまではかかりませんが、覚悟として)。

2方面からアプローチする必要があります。

1つは、睡眠薬を徐々に減らすことです(粉薬にして、2週間に10分の1ずつ減らすくらいのペースです)。一気に止めてしまうと、反跳性不眠といって強度の不眠を呈するだけではなく、最悪の場合、全身けいれん発作を起こす等の離脱症状に悩まされることになります。また、数年間に渡る遷延性の離脱症状に悩まされる場合もございます。日本では安易に処方されていますが、ベンゾジアゼピンとはそういった恐ろしさを有する薬剤群なのです。
http://www.justanswer.jp/medical/7z9pe-1-2-3.html

もう1つは、睡眠・覚醒リズムを整えるよう、午前中の決まった時間に陽の光を浴びる、一定量の運動をするといった地道な努力です。そもそも睡眠薬の力を借りなくても眠れるような状態に、自らを脳をコントロールしなければなりません。

現在は、眠りの質が悪く、また、睡眠薬が残るので午前中眠く、そのために活動性も低くなって脳の睡眠・覚醒リズムが崩れ、そのために入眠できなくなって睡眠薬を頼る……といった悪循環が生じています。これを、断ち切る必要があるのです。

恐らく、ハルシオンとレンドルミンを処方している内科医は、ベンゾジアゼピンに依存性があることすら知らないでしょう。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

睡眠薬からの離脱には専門の知識と技術が必要ですから、睡眠専門医を受診される必要があります。

下記のサイトから、日本睡眠学会認定の睡眠医療認定医とその勤務先医療機関が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【睡眠医療認定医】


以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問