JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

猫山様 以前、質問させていただきましたAIと申します。 精神科のお薬を飲む様になり60キロ体重が増加しと

解決済みの質問:

猫山様

以前、質問させていただきましたAIと申します。

精神科のお薬を飲む様になり60キロ体重が増加しとても悩んでいるという内容でした。

今日、猫山先生にご指摘いただいた向精神病薬の副作用なのではという旨を主治医に相談をしてみた所、体重増加は向精神病薬の副作用によるものではない、症状だと言われました。毎日、食事をする度に後悔し自分を責める生活がまた続くのかと思うと逃げ出したくなります。死にたくなります。お手数ですが、またアドバイスをいただけますでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


お久しぶりです。

日本の精神科医の8割はヤブです。
まずこのことをご理解ください。

相談者様の主治医が「体重増加は向精神病薬の副作用によるものではない、症状だ」という理由は、

①本当にそう思っているから。

②副作用だとわかってはいるが、対処法を知らないから。薬剤調整が面倒くさいから。

のいずれかでしょう。
いずれにしてもこの問題を解決する知識や技術が主治医に無いのですから、何を言っても水掛け論になってしまいます。

前回も申し上げましたが、転院されるご意向は無いのでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

猫山様


 


お久しぶりです。AIです。


 


回答をありがとうございます。


 


転院を考えてみようと思います。


 


お聞きしたいことがありまた投稿させていただきました。


 


向精神病薬を飲むと体重増加が起きるのはなぜでしょうか?メカニズムを教えていただけますでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
> 向精神病薬を飲むと体重増加が起きるのはなぜでしょうか?メカニズムを教えていただけますでしょうか?
非常に専門的な説明を必要とするご質問です。

端的に申し上げれば、抗精神病薬による体重増加の原因は、主に、これらの薬剤がもつヒスタミン1受容体遮断作用と、セロトニン2C受容体遮断作用のために起こると考えられています。
http://www.nextchallengeprogram.jp/mets/antipsychotics/antipsychotics03.html

脳の中には、何十種類もの神経伝達物質があり、神経細胞同士がそのやり取りをすることで情報伝達が行われます。
統合失調症ではこの神経段択物質のうちのドーパミンの伝達が過剰になってしまうために幻覚や妄想といった症状が起こると想定されています。
よって、抗精神病薬は全て、このドーパミンの伝達を妨げるドーパミン2受容体遮断作用を有しています。

しかし、ドーパミンだけを遮断できるお薬は少なく、他の神経伝達物質のやりとりにも、抗精神病薬は影響を及ぼしてしまいます。
セロトニンやヒスタミンは、食欲を抑えたり、新陳代謝が上げる働きがある神経伝達物質ですが、抗精神病薬の中にはこれらの伝達を遮断してしまうものもあるため、そういったお薬の服用によって、食欲が亢進したり、代謝が低下して、体重が増加してしまうのです。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

AIです。


分かりやすい回答をありがとうございます。


最後の質問です。


 


減薬をすることにより体重は減少するのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
わかりやすかったですかね ( ̄ー ̄;

残念ながら、減薬によって体重は減少しません。

抗精神病薬による体重増加は昨今、精神医学界の問題となっており、様々な研究が行われていますが、用量と体重増加の程度は比例しないことが確かめられています。
おそらく、治療量よりも低い用量の抗精神病薬によるヒスタミン1受容体遮断作用とセロトニン2C受容体遮断作用でも、体重増加は起きてしまうということなのだと思われます。

前回「可能ならば体重増加の副作用が少ないエビリファイへの単剤化が図られるべきでしょう」と申し上げたのはそれ故です。
体重増加作用がある抗精神病薬によって体重が増えてしまったら、用量を減らすのではなく、他剤への変更によってしか体重減少は期待できません。
質問者: 返答済み 4 年 前.

何度も質問をさせていただき本当に申し訳ありません。


 


他剤に変更することでしか体重減少は期待できないということですが、今私が飲んでいます薬から具体的に説明していただけますでしょうか?薬の名前を教えていただけると嬉しいです。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ですから、前回「可能ならば体重増加の副作用が少ないエビリファイへの単剤化が図られるべきでしょう」と述べた通りです。

使用したことのないお薬は相性がわかりませんから、現在使用しているエビリファイを増やして、コントミンやリスパダールを減量・中止することが望ましいと思います。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございます。
しかし評価もご返信もいただけていないようです。

お役に立てなかったのであればオプトアウト(回答辞退)して他の専門家に回答権を譲りますが、いかがいたしますか?
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問