JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14344
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

精神科医の先生にお聞きします(ほかの科でもお詳しい方でも) 10年間双極性障害をわずらっています。 2度目(各3

質問者の質問

精神科医の先生にお聞きします(ほかの科でもお詳しい方でも)
10年間双極性障害をわずらっています。
2度目(各3年)の休職後支援プランをこれから受ける予定です。
そこで問題なのですが失敗した場合クビですが、
障害年金をもらえるのでしょうか。
今は共済年金ですが、発症時が国民年金のため2級以上しか無いと労務士の方からいわれました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプト アウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

初診日や年金支払い期間が受給条件を満たしているという前提で回答しますが、双極性障害(そううつ病)という病名で年金を受給することは制度的には可能です。

しかし、申請のテクニック上の難易度が非常に高いことは確かです

双極性障害で2級相当の病状は以下のように定められています。

そううつ病によるものにあっては、気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり、又はひんぱんに繰り返したりするため、日常生活が著しい制限を受けるもの。

多くの患者様がこの条件を満たすように思われますが、身体障害のように明らかな身体部位の欠損や定量化できる機能障害がない精神障害において、審査側に「そううつ病による障害年金2級」を認めてもらうことはしばしば困難です。

このあたりは主治医がいかに障害年金の診断書を書き慣れているかに大きく左右されますので、よく相談されることをお勧め致します。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
拙回答をご一読いただけますと幸いです。

ちなみに、要件としては障害年金が請求できるかどうかは、現在の保険料納付状況ではなく、初診日時点の保険料納付状況がどうであったかによって決まります。

初診日の前々月前までの被保険者期間の3分の2以上納付期間があるか、初診日の前々月前1年間保険料を滞納していなければ納付要件を満たします。

 
「初診日の前日において、初診日の前々月以前の期間の保険料を納めていただく(又は免除の承認を受けている)必要があるため、初診日の後に、後納制度による保険料を納付(注)したとしても、障害基礎年金の受給資格要件を満たすことはありません」(http://www.nenkin.go.jp/n/www/faq/detail.jsp?id=6249 より引用)。

精神科 についての関連する質問