JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

5歳6ケ月の孫のことでお尋ねです。 1ケ月前、怖い変な声で歌っているのが聞こえる。ギーとかガーという声も聞こえる。

解決済みの質問:

5歳6 ケ月の孫のことでお尋ねです。
1ケ月前、怖い変な声で歌っているのが聞こえる。ギーとかガーという声も聞こえる。「なんか変でいやだなぁ」 と怖がりながら訴えた。耳に聞こえるのかと尋ねると「心」のなかで聞こえるという。
以降も度々訴えたが、最近言わなくなったので聞くと聞こえるよという。「じいじには言うけどパパやママには言わないの。怖いテレビの見すぎでしょうと言われちゃうから」とのこと。
いわゆる「幻聴」なのでしょうか。どう対応したらよいでしょうか
性格は一人になるとそうでもないが、2歳下の弟といると少々多動的と思われるくらい騒ぎまくる。
寝るまでに時間がかかる。恐がり屋に思える。ベットが汚れるということでおむつをはずしていない。
両親の育児は、見ているとたたかれることもあり厳しい部類だと思う。どうしても上が叱られることが多く悲しい顔をすることが多い。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

お孫さんのご年齢のお子様で、幻聴を思わせる症状が見られる病態はいくつかありますが、ご記載の「幻聴」の内容はお孫さんにとって不快(侵害的)な内容であることから、統合失調症の可能性も考えられるべきだと思います。

お孫さんのご年齢のお子様で統合失調症が発症することは極めてまれですが可 能性は0ではありませんし、万が一にも統合失調症だった場合は、専門医療機関での治療が必須となります。

病的で治療が必要な幻聴か、そうではないものかを鑑別するためにの児童精神医学の専門医療機関を受診されるべきであると考えますが、このことをお孫さんのご両親に相談されることは可能でしょうか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


統合失調症の可能性は考えられることまでは分かっていました。


詳細情報を求めていますが、どんなことですか。これから先は受診しかないように思います。日常どうチェックしていけば何かがわかるというようなことが知りたかったのですが。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

われわれ専門家の情報リクエストに付随してサイトから自動送信されるメールは定型文ですので、必ずしもわれわれの質問内容とは合致しない場合がございます。

私が情報として知りたかったのは、「このことをお孫さんのご両親に相談されることは可能でしょうか?」という、本当にその部分だけです。

このサイトの医学カテゴリ―では、祖父母に当たる方からお孫さんのことをご相談いただいたり、会社勤めの方から同僚の方のことについてご相談をいただくことがしばしばありますが、少なからぬケースで、回答が解決に結びつきません。
こうした場合の質問者に、患者様に影響を及ばすいかなる法的な義務も権利も無いからです。特に、患者様に当たられる方に病識(自分が病気だという認識)が無く、受診を拒む精神科疾患の場合などではその傾向が顕著です。

患者様に対して法的な権利を有するご親族を飛び越して祖父母や他人が患者様に受診や入院を強いることはできないからです。

お孫さんの場合、「日常どうチェックしていけば何かがわかる」ということは残念ながらありません。
5歳時の統合失調症というのはとても稀少なケースで、児童専門の精神科医や、臨床心理士が、診察や心理検査を重ねて、それでも見解が一致しないことがあるほど診断が難しい事例であって、ご家庭でチェックできるような指標はないのです。

 

ご賢察のように、「これから先は受診しか」ありません。

一刻も早く児童精神科の専門施設を受診することが肝要で、小さなお子様の場合は、ご両親がそれに前向きにならない限りは事が先に進みません。
ご両親にこの問題を説明されて、お孫さんの専門医療機関受診を強く促されるべきでしょう。よって、その理解と協力が得られそうかどうかを確認させていただきました。

「どう対応したらよいでしょうか」というご質問に対する回答は「児童精神医学の専門医療機関を受診されて下さい」であって、それにはご両親の理解と協力が不可欠で、かつそれが唯一の対処方法だからです。

情報リクエストの趣旨を、ご理解いただけたでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.


了解


両親も様子見の状況です。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・ご理解ありがとうございます。

お孫さんに精神医学的な問題があった場合は、これまで繰り返しのべてきました通り、児童精神医学の専門施設を受診する必要があります。普通の精神科や心療内科の病院・クリニックではこの年齢のお子様の問題には対応できないからです。
しかし日本ではこの領域の専門家は少なく、どこの専門施設も予約が一杯で2ヶ月待ち、3ヶ月待ちがざらです。地域によっては、予約待ちが6ヶ月に及ぶこともあります。

何か事があった場合に救急受診ができるような医療機関ではありませんから、今からでも、受診予約だけでもなさっておくことをお勧め致します。

以下のサイトから児童青年精神医学会の専門医がいる医療機関を検索することができます。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】
http://child-adolesc.jp/nintei/ninnteii.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問