JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在、小学1年生の息子の事でおたずね致します。 幼稚園の年長児から、何かやりたくない事があると、心配しすぎて本

解決済みの質問:

現在、小学1年生の息子の事でお たずね致します。

幼稚園の年長児から、何かやりたくない事があると、心配しすぎて本人のこどば曰く、心臓がドキドキしすぎて気持ち悪くなり、結局やりたくない事をやらずに回避する癖がついてしまいました。

小学校入学時も1〜2週間はドキドキして気持ち悪いから行きたくないと言い出しましたが、なんとか不登校にならず通えました。学校から帰ってくると楽しかったとケロッとしていますが、朝になると気持ち悪いがたびたびあります。

そして、ひどい時には大泣きし、泣くのも手伝い本当にもどしてしまいます。
もどすとケロッとしてもう行けそうというので、どう対処をしてよいのか困惑しています。補足ですが、入学時にはチックかもと思われる咳払いも続いていた時期がありますが、それは自然になおりました。

本人は元来とてもやさしい性格です。行動的には激しいタイプではありませんが、かといっておとなしくもなく、友達にも好かれるタイプの子です。緊張はしやすいタイプだとは思いますが、いざ始まってしまうと大丈夫です。この緊張→嘔吐のくせがひどくなる前に、小児心療内科を早めに受診した方がよいでしょうか。もうすぐ始まる2学期がやや心配です。アドバイス、どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

ご記載を拝読する限り、ご子息は小児でしばしば見られるタイプの不安障害(特にパニック障害)を呈されているように思われます。
http://www.crn.or.jp/LIBRARY/NEWS/2006/0602.HTM

チックの既往とも合わせて考えると、心理的なストレスを身体化しやすい体質なのかもしれません。

恐らく、ご賢察のように、不安・緊張⇒嘔吐もしくは回避⇒次の緊張場面での不安増強……という悪循環が生じてしまっているように思われますので、不安障害の治療とともにこの悪循環を断ち切る、認知行動療法を中心としたアプローチを行う必要があると考えます。
http://cbtcenter.jp/cbt/adpt/?itemid=535&catid=51
http://pscenter.doshisha.ac.jp/journal/PDF/Vol2/p93-.pdf

小児精神科の受診を現実的に検討されるべきだと考えます。
一般の精神科や心療内科の病院・クリニックではこの年齢のお子様の問題には対応できません。
しかし日本ではこの領域の専門家は少なく、どこの専門施設も予約が一杯で2ヶ月待ち、3ヶ月待ちがざらですので、お早目に受診予約をされるべきでしょう。

以下のサイトから検索できる児童青年精神医学会の専門医がいる施設を受診されることをお勧めいたします。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】
http://child-adolesc.jp/nintei/ninnteii.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問