JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

とても強迫観念が強く、何かをキチンとこなせなかったり、他人に見られる事に怯え、自身がとても愚か者の様で、時折2週間引

解決済みの質問:

とても強迫観念が強く、何かをキチンとこなせなかったり、他人に見られる事に怯え、自身がとても愚か者の様で、時折2週間引き蘢ってしまいます。しかしながら反面とても強い怒り を持った人格があり、この人格は自身だけが正しく、他人を認めません。ネガティブな感情がわいた時に出て来きます。夫さえ認めず更には口論になり正論とまくしたて、遂に夫は出ていってしまいました。幼少期から自分は生きててはイケナイと強く思っていました。が30代で結婚をし其処から自身を愛する事を学び自殺願望はなくなりました。しかしながらこの強い怒りの人格は自身を破滅させようとするので同じ事なのでしょうか?いったいこのような人格に対してどのように対処したら良いのか?私が私で在り続け、これ以上夫に迷惑をかけずにいられるよう...夫は私にどの様に接すれば良いのか?戻って来てくれるのならば...ですが。どうか助けて下さい。宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

「反面とても強い怒り を持った人格があり」とは、比喩的な表現でしょうか?

その人格が現れている間の記憶を、相談者様は有していますか・

それとも、いわゆる「キレた」状態になることを「別人格がある」と表現されているのでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

怯えている事がほとんどなのですが、時折この全てアンチ的な性格に成ってしまいます。記憶はしていますが、暴走してしまうとおさまりようがなくなってしまいまいます。キレた状態と云えばそうのような。しかし全てを小馬鹿にした様な...

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

「記憶はして」いるのであれば、別人格が現れているわけではありません。

強迫性と衝動性は同様の脳病理的基盤を有する精神症状ですので、基本的には、相談主様は強迫性と衝動性を兼ね備えた方なのだと考えます。

この強迫性と衝動性について、医学的な介入、つまり医療機関での治療を受けられたことはないのでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

治療を受けた事はありません。ですが20代の時に精神科に少しだけ通いました。全く眠れなかったので。睡眠薬が欲しくて。確か他の薬も出ていました。今もまた眠れませんが気にしない様にしています。この脅迫性と衝動性は具体的にはどのような治療法があるのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
OCDの治療は、必要十分量のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を用いた薬物療法と、認知行動療法(曝露反応妨害法)の組み合わせが国際的な標準治療です。

SSRIは、具体的な薬剤名としては、ルボックス(デプルメール)、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロのことです。
脳内のセロトニンという物質を増やすことで、強迫観念を消褪させると考えられています(通常の精神安定剤にその作用は期待できません)。また、衝動性に対する効果も有します。
SSRIを十分量投与しても効果が不十分な場合、ある種の抗精神病薬の付加投与が有効であることが確かめられています。

OCDに対して行われる認知行動療法は曝露反応妨害法と呼ばれる技法を軸にしたものです。
http://www.npsybt.jp/OCD9.html

これは、簡単に申し上げれば、強迫観念が生じる状況に自ら身を曝し、しかし強迫行為を我慢することを繰り返すという治療法です。
認知行動療法は、実は非常に患者様の心理的負担が大きい治療方法ですので、まず薬物療法で強迫観念を緩和した上で、認知行動療法で強迫行為にアプローチする方法が主流です。
行動療法はこれは形だけ真似ても効果はありません。無理矢理に強迫行為を禁じるのではなく、みずからその必要があることを理解させ、強迫行為に挑む気持ちを引き出す、前段階の働きかけにこそ真価があるのです。

日本では、SSRIをOCD治療用に適切に使える精神科医は少数派で、行動療法となると、行われている施設すら限られますが、インターネットなどで検索し て、この標準治療を行える医療機関を受診されることをお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介は行っていません)。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

治療せずいると悪化してしまうものなのでしょうか?

 

そしてコノ様な状態の人間にどのように接すればよいのでしょうか?もしも夫が戻ってくれば対処法があれば傷つけづにすみます。

それとも独りで暮らした方が良く成る可能性は高いのですか?

 

ヨーロッパに暮らしていますが、コノ様な医療機関は多々あるのでしょうか?

 

治療すれば、衝動性も抑えられるのしょうか?

 

ボーダーラインではないのですか?

 

お返事を待っている間にどんどん疎外感がましてきてしまい消えてしまいたくなるのですが、コノ様なときはどうしたらいいのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

> 治療せずいると悪化してしまうものなのでしょうか?

悪化します。

前述した行動療法の裏返しです。

強迫行為が浮かんでも、それに左右された行動(強迫行為)を我慢すれば症状は改善しますし、強迫行為に突き動かされるまま何もかもをキチンとこなせなかったことを気にされて、他人の目を気にされ、引き蘢ってしまうことを続けられれば、強迫症状は悪化の一途を辿ります。

 

> そしてコノ様な状態の人間にどのように接すればよいのでしょうか?もしも夫が戻ってくれば対処法があれば傷つけづにすみます。

それとも独りで暮らした方が良く成る可能性は高いのですか?

周囲の方々の接し方よりも、ご本人の覚悟と治療意欲の問題です。

強迫観念に左右された行動と、衝動性に任せた言動を制御することが出来れば、ご主人がそばにいても問題はありません。

順番としては、まず独り暮らしのセッティングでこれらの症状をコントロールできるようになり、次にご主人がそばにいても迷惑を及ぼさずに済むようになることを目指されるべきでしょう。

周囲の方々に何かしてもらうことよりも、ご自身のコントロールをご自身で行えるようになることを治療目標に置かれるべきでしょう。

 

> ヨーロッパに暮らしていますが、コノ様な医療機関は多々あるのでしょうか?

認知行動療法を本格的に行っている医療機関は、日本よりも、欧州のほうが遥かに多いはずです。

 

> 治療すれば、衝動性も抑えられるのしょうか?

その可能性は高いと考えます。

 

> ボーダーラインではないのですか?

ご記載を拝読する限りでは、違うと思います。

 

> お返事を待っている間にどんどん疎外感がましてきてしまい消えてしまいたくなるのですが、コノ様なときはどうしたらいいのでしょうか?

サイトの規定で、自殺を示唆するご質問には回答できません。ご了承下さい。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問