JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kerosukeに今すぐ質問する
kerosuke
kerosuke, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 104
経験:  平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
72737102
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
kerosukeがオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。うつ病と診断された義父についての相談です。 私は30歳の女性で、4年前に夫(30歳)と結婚し今年1月に長女をもうけております。 義理の実家は、義父(66歳

解決済みの質問:

よろしくお願いします。うつ病と診断された義父についての相談です。
私は30歳の女性で、4年前に夫(30歳)と結婚し今年1月に長女をもうけております。
義理の実家は、義父(66歳)・義母(60歳)・義姉(32歳)の3人で暮らしています。
義実家はおよそ320㎡の敷地の1/2の部分に一軒屋がありそこに住んでいました。その土地すべてとその一軒屋は義父の父親(夫の祖父)の所有です。祖父はとっくに他界していますが、まだ遺産分与されていなかったようです。
義父は4人兄弟の末っ子で長男・次男・長女・義父という構成です。長女がお金に困窮し、次男に相談したところ、まだ分与されていない父親の土地に目をつけ、売ってお金にしようと言い出しました(遺書がないため、法律的に兄弟4人で等分に分割することになります)。1/2の土地に義父たち家族が住んでいるにも関わらず、弁護士をたてて調停すると言いだし、3年も前からずっと手紙が来ていたようですが、義父はそれを無視し続けていました。ところが去年の夏、しびれをきらした兄弟が裁判所に来るように催促したところ、義父は自殺未遂しました(睡眠薬1シートと酒とタバコを飲んだ)。
大したことはなく入院せずに済みましたが、そのことで私たち夫婦もその遺産相続問題を知ることとなり、一緒に解決しようと乗り出しました。ちなみに義父には再三精神科に行くように通達しましたが、頑として拒否 し、結局精神科の診察は受けませんでした。
遺書がない以上、兄弟たちに義父に対する恩情がない限りこちら側の持ち分は1/4(80㎡)しかありません。義父・義母・義姉には、何千万のローンをくんで新築の家を建てられるわけもなく、私たち夫婦は分譲マンションを購入して住んでいましたが、この際に2世帯住宅を建設して同居する計画をたてました。私たち夫婦は某大手の建設会社の協力を得て、こちらも弁護士をたてて一応先方と争うことになりました。というのも、2世帯住宅を建設するのに80㎡では少し狭いのでなんとか無償で100㎡に拡張させてもらうよう交渉したのです。
義父兄弟はもともと仲が悪く、特に先方のリーダー格(長男はうつ病で入院中)の次男と義父は仲が悪かったようです。ので、義父に対する恩情は一切ありませんでした。義父の言い分としては、『他の兄弟は大学にいったけど、自分は親が病気になったので大学を諦めて高卒で就職した』『自分が大学に行かなかった代わりに土地の半分は自分にくれると何度も父親が言っていた。このことは兄弟全員知っているはず』ということでしたが、それを弁護士に先方に言ってもらいましたが、向こうは『お前(義父)が大学に行かずに就職したのはお前が意志』『土地の約束なんか口約束であってそんなの知らん』と、義父の感情を逆なですることを言ってきて、さらに『うちらはお金がほしいだけ。今建っている家も含めて(土地の半分には旧長男宅もあり)土地全部やるから、売るなりなんなり好きにしろ。だが路線価の1割引きにしてやるから兄弟3人分のお金を用意して一括で払え』と行ってきました。ちなみに3人分のお金は全部合わせると4000万ほどです。義父は(初めからですが)すべてのことを私たち夫婦に任せ、後から文句を言うだけでした。私たちはなんとか残す土地以外の土地を4000万で売ることができ、今現在、これから兄弟にお金を振り込むところです。その手続きもすべて私たち(というか息子である夫)にまかせっきりです。

少し前になりますが、ちょうど古い家から仮住まいに引っ越す作業を していたときです。いよいよ新居を建設するために今まで義実家が住んでいた家を壊すこととなりました。その直前の5月5日に義父は再度自殺を図りました。今度は農薬をのみ有機リン中毒で救急科に入院。誤嚥性肺炎を併発し気管内挿管や気管切開など高度な治療を受け、5月末には退院しました。入院中は自分のしたことを反省したような態度でした。でも、こんな自殺未遂を繰り返すような精神不安定な義父と、生後間もない赤ちゃんをつれて同居するのは無理だと判断し、同居はしないと宣言しました。それについては入院中は義父も納得していたようでした。
家を建設しないという選択肢もありましたが、もう契約も住み、色決めも終わっていたので賠償額も大きくなってしまうため、私たち家族だけで住む目的で家を建設する方向で話を進めました。

しかし、義父は退院してから急に態度が変わりました。
まず、建設会社の担当者に馬鹿にされた!と怒りだし、担当者をクビにしなければ家は建てないと言い出しました。(家の名義もローンも私たちもちなのですが、土地は義父の名義のため、建設するには義父の同意書は必要でした)
さらに、今回調停で自分の言い分が何一つ通らなかったことに怒り狂い、弁護士を無能扱いし、文句を言ってやると言い、さらに最後の調停の時に兄弟に文句を言ってやる、さらには自分の言い分を聞かなければ自殺してやる!と脅迫まがいのことを言いだしました。
そのことに対して旦那がいさめるようなことを言うと、「なんであいつらの味方をするんだ!?俺の見方をしないならすぐに出ていけ!」と聴く耳持たずでした。
そして、今回私たちは家と土地を失うことになる義父たちのために土地を少しでも多く残して新しい家を建てて孫と暮らせるようにしてあげようと頑張ってきました。それに対して義父も賛成していたのです。でも、怒りが治まらない義父は「初めから同居なんかする気はなかった」「(兄弟たちに)家を建てるなんて計画を言ったせいで調停に負けた」などと、私たちの今までの努力を踏みにじることを言いました。
これらを退院見舞いにきた私たちの前で怒鳴り散らしました。生後5か月の赤ちゃんが寝ている前でです。
私も旦那も深く傷ついて、それ以来義父には会っていません。私はもう娘も会わせたくないくらいです。
ちなみに、このような「自分の意見に反対する者に対して出ていけ!という態度」や「自分を馬鹿にした人に対し脅迫するような言動」はその後にも見られました。
また、これだけ言ったにもかかわらず、結局私たちに文句を言うだけ言っただけで、実際に兄弟や弁護士に文句は言っていません。このことも、私たちが義父の怒りのはけ口になっていたようで、義父に対してますます憤りをおぼえました。
義父はこのあとやっと精神科に行き、「うつ病」と診断されて今投薬治療が始まって1か月です。
でも、義母はいつまた義父がキレて暴言を吐いたりするか、自殺を図ろうとするか、毎日ビクビクしながら生活しています。義父の面倒をみるために大好きな孫にも会いに行けず、かわいそうです。(私たちの判断で義父の精神状態が不安定なうちは孫はつれていかないと義母に断言してあります。)

義父は本当にうつ病でしょうか?投薬治療のままでいいのでしょうか。同居している義母がかわいそうです。
義父からは私たちに対して、今回の一連の騒動に関して謝罪や感謝の言葉を一切もらっていません。それであの暴言を受け、私たちも義父にはもう会いたくない、疎遠になりたい気持ちでいっぱいです。
なんとか解決策はないのでしょうか。ご助言いただければ幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.
ご苦労されていることと存じます。

一つお伺いさせてください。
どのあたりがうつ病ではないとお感じなのでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご質問ありがとうございます。


義父は以前からあまり社交的でなく、人付き合いも苦手で、自分と意見の合わない人とは関わらないところがあったようですが、自殺未遂の後から、自分の意見に少しでも賛同しないと烈火のごとく怒りだし、怒鳴り散らすようになったところが典型的なうつ病なのか疑わしいと感じました。また、自殺に関しても、自分が死にたいというよりも脅迫的な意味合いが多分にあるところも、本当にうつ病か?と疑うきっかけとなりました。

専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.
なるほど。

うつ病の典型的経過は、
①頭が回らなくなる
②まわりとうまくいかなくなる。
③でも自分が病気という自覚はない
④うまくいかないのでルールにこだわ る
⑤自分はルール通りやっている。だからまわりが悪いのだと思う。
⑥まわりをがんがん責め始める(前メランコリー状態)
⑥そのうちルール通りにできなくなり、自分も悪いのではないかと気づく
⑦自分も責め始める(自縄他罰)
⑧どんどん緊張が高まる。
⑨最後は固まる。

というわけで お父さんのご様子は⑥に見えなくもありません。
自分は病気だったけど入院もして治った。
だから今うまくいかないのはまわりが悪い。と言う思考構造ですね。

うつ病がちゃんと治っていないんじゃないでしょうか。
主治医はそれに気がついているのでしょうか。
そこが心配です。
質問者: 返答済み 4 年 前.


長文にも関わらず丁寧な回答をいただきありがとうございます。


うつ病の経過の中に「周りを責める」という事項があることには気づきませんでした。なるほどと感じました。


ちょうど昨日、主治医と(患者なしで)お話をする機会を設けてもらえました。


まだ自殺未遂→入院→退院→精神科通院という経過が3か月ちょっとしか経過しておらず、精神科の診察も3回終わったところなので、主治医もまだ探り探りな状態だそうです。私たちの話を聞いて、人格の障害までいかなくとも大きな偏りがあるかもしれないということで、心理テストおよびその結果次第でカウンセリングも、という流れになりました。


まだまだ時間がかかりそうですが、少し「道」が見えたような気がしました。


アドバイスいただいたkerosuke先生にも感謝申し上げます。

専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.

お力になれてよかったです。

kerosukeをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問